趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

4月21日更新 2018年F1モデルがスパークから発売されます!本日よりご予約受付開始です。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日スパークモデルから2018年度F1モデルの発売が発表されました。

 

先だってミニチャンプスからも発売案内がありましたが、

 

価格がスパークの約倍ですからねぇ…

 

スパークの発売案内をおまちになられていた方も多いと思います。

 

発売チームはメルセデス、ザウバー、ルノー、レッドブル、トロロッソ、マクラーレン。

 

他のチームは版権の都合で無理ということでしょう。

 

一押しはもちろんトロロッソのガズリー。

 

4位入賞のバーレーンGPで発売されます。

 

先週中国で見事なオーバーテイクを見せてくれたレッドブルのリカルド。

 

もちろん優勝の中国GP仕様で発売されます。

 

グランプリが指定されていないマシーンは今後の活躍によって決まってくるかと思います。

 

王者メルセデスがまさかの開幕から3戦いまだ優勝ならず。

 

フェラーリとの戦いにレッドブルも加わって面白くなってきそうです。

 

http://www.romu-romu.com/search/search.php?search_display=3&search_name=180421SP&rd=1

 

 

 

romuhonten in F1 on 4月 21 2018 » 0 comments

4月19日更新 ゴールデンウィーク頃入荷CMC新製品のご案内

 

いつもありがとうございます。

 

しつこいようなのですが今月末29日(日)はGWのため

 

臨時営業いたしますのでよろしくおねがいいたします。

 

遠方よりのお客様はお車でご来店頂く方もいらっしゃるかもしれません。

 

その際は当店の契約駐車場をぜひご利用ください。

 

(ただし立体駐車場になりますので車種制限はございます)

 

近所のヨドバシカメラにも駐車場はあるし、

 

それ以外にも周辺にコインパーキングは沢山あるのですが、

 

最近なかなかのお値段となっています。

 

と申しますのも、ロムがある周辺は毎年、

 

大阪の地価上昇率ベスト3には必ず入っている場所となっております。

 

電車でご来店頂く分には利便性の良い場所かと思うのですが、

 

地価とともに駐車料金も↑。

 

当ビルの駐車場は比較的良心的プライスだと思いますし、

 

5000円以上お買い上げの方は駐車料金1時間無料となっておりますので

 

ぜひぜひご利用ください。

 

 

 

さてGW頃、CMCの新製品が入荷いたしますのでご案内したいと思います。

 

 

CMC 1/18 ランチア D50 1955 ローリングシャーシ (台座付) 1000台限定

 

 

http://www.romu-romu.com/item/66694.html

 

 

 

CMCの凄さは完成形になると見えない箇所まで

 

実車を忠実に再現している所にあります。

 

ですので、D50をお持ちの方はぜひとも一緒にコレクションして頂きたいアイテムです!

 

D50は何車種か発売になっていますが、すでに完売になっているものもございます。

 

このシャーシも限定1000台と少なめになっていますのでお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 19 2018 » 0 comments

4月18日更新 5月末発売予定タメオ新製品キットのご案内

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

タメオから新製品キットの発売案内が来ました。

 

1/43メタルキット フェラーリ 312 B2 オランダGP 1971

 

Winner ジャッキー・イクス/クレイ・レガッツォーニ 17000円

 

 

http://www.romu-romu.com/item/67996.html

 

 

 

フルディテールキットになります。

 

シーズンの第3戦モナコグランプリより、改良型の312B2が登場しました。

 

エンジンはボアストローク比をショートストローク化して出力が向上し、

 

サスペンションにも手が加えられ、ティレルのジャッキースチュワートとの

 

チャンピオン争いが期待されていました。

 

ドライバーはイクスとレガツォーニに加え、マリオ・アンドレッティもサードカーで参戦しました。

 

開幕戦南アフリカグランプリではアンドレッティが見事自身のF1初優勝を達成しました。

 

第4戦オランダグランプリでイクス優勝したまではよかったのですが

 

残り7戦はファイアストンタイヤとのマッチングが悪くシーズンを通じて

 

異常振動に悩まされノーポイントとなってしまいました。

 

最近のタメオキットの発売傾向はあきらかにタメオ自身の好みによってますね(笑)

 

古いマシーンもよいけど今のF1も発売してほしいとお願いしているのですが

 

版権料があまりにも高すぎて無理とのこと。

 

今年もフェラーリモデルは完成品もキットも発売がなさそうです。

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 4月 18 2018 » 0 comments

4月17日更新 京商がエライことになっています、どうなる京商?

 

 ミニカー関係のメーカーが日経新聞の記事になることはあまりないのですが、昨日の朝刊に以下の見出しで記事が出ていました。

 

「RCカーの京商、新生銀系ファンド傘下で再建」

 
もうびっくりでした。あの京商がそんなことになっていたとは・・・・・・
 
記事によると

 新生銀行グループの投資会社、新生企業投資(東京・中央)などが設立した投資ファンドが全株式を取得した。株式などの取得額は10億円程度とみられる。

 

10億とは安いように思いましたが、逆に言うとそれくらいの価値しかなかったって言うことか。悲しいですね

 
 RCカーの分野で世界シェアは2割前後を占めるそうですが、国内市場の縮小や投資戦略の失敗で最盛期に150億円だった年間売上高は30億円に減少し、営業利益も赤字が続いていたらしいです。そういえばここ2〜3年はニュールンベルグのトイフェアにも出ていませんでした。
 
もしファンドの目的がRC事業にあるのならばミニカー事業の先行きが心配ですね。ミニカー事業がリストラされないか心配でなりません。
 
今後考えられるシナリオは4つ
 
1. 新しいファンドの元で今まで通りミニカー事業を継続。
 
2. ミニカー事業からの撤退。
 
3. 京商のブランドが欲しい中国のメーカーあたりにミニカー事業を切り売り。
 
4. Hpiがミニカーから撤退したときのようにミニカー事業のスタッフが新メーカーを立ち上げ独立する。
 
京商自身の製品のことも心配ですが一番心配なのは実はミニチャンプスの扱いでしょう。もし代理店を辞めてしまって今まで発注したミニカーが受注キャンセルになってしまったらと考えるとゾッとします。
 
今はコレクターの皆さんが安心する方向に進んでくれることを願うばかりです。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 17 2018 » 0 comments

4月16日更新 4/29(日)はGWなので臨時営業いたします!

 

 

突然なのですが、4/29(日)はゴールデンウィークの始めの日ということで、

 

臨時営業いたします。

 

昨日のF1中国GP、リカルドがいい仕事しましたね。

 

ピットの判断とリカルド自身のドラビングテクニックの相乗効果。

 

素晴らしかったです。

 

トロロッソホンダは同士討ち。

 

一番やってはいけない事をやってしまいました……

 

個人的にはフェラーリワンツーを願っていたのですが

(特にライコネンに優勝してほしかった)、

 

ベッテルのスタート、あかんやろぉぉぉぉ。

 

ライコネンを牽制しすぎ。同じチームなのに心狭すぎ。

 

でも結局ベッテルはフェルスタッペンに激突され順位をどんどん落とすことに。

 

因果応報だなとちょっと意地悪な見方をしてしまいました。

 

私は例のごとくモータースポーツバーミュルサンヌさんにお邪魔して

 

観戦していたのですが、レース後半部分はレース自体面白くなって来たのと、

 

皆お酒も程良くまわったのとで大盛り上がり。

 

メルセデスは、今迄強すぎたから完全悪者扱いです。

 

野次がすごい。まるで阪神巨人戦を見ているようです……

 

でもスポーツは沢山で観戦するほうが断然楽しい!

 

これからもお邪魔させてもらおうと思います。

 

GWに大阪に来られる予定のある方、

 

天六モータースポーツバーミュルサンヌさんおすすめですよ。

 

ミュルサンヌさんに行かれる前はもちろんロムにも御立ちより下さいね。

 

というわけで4/29から5/5までお休みなしで営業しておりますので、

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 4月 16 2018 » 0 comments

4月14日更新 スパーク 1/43WINNERモデル メルセデスAMGF1W08ベルギーGP2017ハミルトン&レッドブルRB13マレーシアGPM.フェルスタッペン入荷します。

 

 

明日はF1中国GPです。

 

フェラーリのワンツースタートです。

 

中西チーフ曰く、明日ベッテルが優勝すれば

 

2018年のワールドチャンピオンになるハズとの事。

 

過去に開幕から3連勝したドライバーでその年の

 

ワールドチャンピオンにならなかった人はいないそうです。

 

でもまあしかし今年は21戦もありますからねぇ。

 

中国GPでフェラーリワンツーフィニッシュすれば、

 

これはもうロム特注BBRをオーダーするしかないでしょう。

 

おかげさまで昨年のモナコワンツーフィニッシュは

 

世界中から問い合わせをいただきました。

 

BBRに直にロム特注を分けてくれと直訴する方も多かったようで、

 

社長さんからは次回からはもっと特注台数増やすべきだとクレームを言われた位です。

 

トロロッソホンダは今回は下位スタートですが応援はせねば。

 

昼間の時間帯にライブで観戦できるGPは数少ないので

 

明日は絶対生で見ようと思います。

 

フジテレビネクストは契約されていない方でも

 

ネット配信の DAZON(ダゾーン)で観戦するという方法があります。

 

小倉茂徳さんが解説をされていますので、そちらで観戦するのもおすすめです。

 

1ヶ月は無料でお試しできるようですよ。ぜひためして見て下さい。

 

 

 

 

16日はスパークから2017年のウィナーモデルが2種類入荷します。

 

スパーク 1/43 メルセデス AMG F1 W08 ベルギーGP 2017 Winner L.ハミルトン 7560円

http://www.romu-romu.com/item/64112.html

 

 

スパーク 1/43 レッドブル レーシング RB13 マレーシアGP 2017 Winner M.フェルスタッペン 7560円

http://www.romu-romu.com/item/63870.html

 

 

ハミルトンはもちろん今年もワールドチャンピオン候補大本命ですが

 

若きフェルスタッペンのアグレッシブな走りに今年も目をはなせません。

 

スパークから2018年のF1発売の正式案内はまだ来ていませんが、

 

トロロッソホンダの発売は確定しています。

 

GPは不明ですがおそらくバーレーンじゃないかな??

 

GPは確定ではありませんが、気の早いご予約も承っておりますので

 

honten@romu-romu.comまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 4月 14 2018 » 0 comments

4月12日更新 2018年WRC&2017DTMモデルがスパークから発売になります。

 

 

 

 

WRCのミニカーといえば=イクソだったのですが、

 

いつの間にやらスパークモデルにとって変られ、

 

今やスパークの中でも人気シリーズとなっております。

 

今年も開幕したWRCですが初戦のモンテカルロはオジェのフォードフィエスタが優勝し、

 

今年もフォードを軸にトヨタ、シトロエンが挑んでいく構図となりそうですね。

 

Bセグメントの乗用車販売にも影響を与えるだけに熾烈な争いが繰り広げられることでしょう。

 

初戦モンテカルを戦った8車種とメキシコ仕様の1車種がスパークからモデル化決定いたしました。

 

 

http://www.romu-romu.com/search/search.php?rd=1&search_name=180412PSP

 

WRCモデルは発売と同時に完売となる場合が多いのでぜひご予約をおすすめいたします。

 

そして2017年度のDTMモデルもご予約受付開始です。

 

アウディとメルセデスの発売案内はすでに発表がありましたが、

 

今迄版権の都合で発売できなかったBMWも2017年度からモデル化可能となりました。

 

今迄BMWはミニチャンプスを待たなければならなかったのですが、

 

2017年モデルからはスパークでコンプリートできます。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 12 2018 » 0 comments

4月10日更新 リヤウイングの僅かな違いまでも再現したアイドロン MP4/8が入荷

 

昨日のバーレーンGPは見応えのあるレースでした。2ストップ作戦のフェラーリに対してメルセデスがまさかのワンストップ作戦を敢行。

 

フリー走行でミディアムタイヤでロングランを行っていたメルセデスは、ソフトと比べてもあまりタイム落ちなくワンストップで走りきれことを確認していたのでしょう。フェラーリと同じ2ストップでは逆転できないと見てギャンブルに打って出たわけですね。

 

ミディアムの割りにペースが速いのですから。このままでは2ストップを行うタイム差を稼げないのは明らか、そこでフェラーリはも1ストップに変更しますがそうなると、57周のレースの2/3以上の39周をソフトタイヤで走らねばなりません。

 

メルセデス以上のギャンブルに打って出るしかなくなったフェラーリですが、ベッテルはグリップの落ちていくタイヤで神がかり的な走りを見せ、見事優勝しました。

 

ボッタスとの差は僅か0.699秒。ハミルトンがギヤボックキス交換で5グリット降格していなければ乾杯でした。これでフェラーリは開幕2連勝。

 

F1の歴史の中で開幕3連勝以上をしたドライバーはすべてその年のチャンピオンになっていますので次の中国GPでフェラーリが勝てば今年のチャンピオンは早くも決定です。

 

あと、トロロッソ・ホンダも素晴らしい走りでガスリーが見事4位。フリー走行から予選を通じて終始トップ3チームに次ぐ速さを見せていました。4位は去年のサインツの最上位と同じです。

 

決勝でも力強い走りを見せていました。上位のリタイヤはあったとは言え4位、マクラーレン・ホンダでの3年間で果たせなかった4位。新体制になってまだ2戦目、今後に期待が持てます。

 

年に2〜3レースはこういう上位が複数台リタイヤするレースがある物ですが、そのチャンスを生かしたのは素晴らしいことです。中団チームにとって4位は優勝したようなもんでしょう。ゴールした瞬間のトロロッソスタッフの喜び様は優勝したフェラーリ以上でしたね。

 

トロロッソの今後の活躍次第では来年のレッドブル・ホンダも現実になるかもしれませんね。がんばれトロロッソ・ホンダ。

 

さて、本日メイクアップからマクラーレン MP4/8 ハッキネン仕様が入荷しました。分納になっていたセナ仕様も入荷しており2台を並べて気づいたのですが、セナとハッキネンのリヤウイングが違っています。

 

 
ハッキネンの方が上側のフラップが小さく高速型であることがわかります。予選はセナもこのタイプのウイングを装着していました。
 
なぜセナはダウンフォースを増やすセッティングをしたのか。それはおそらく雨だと思います。しかし、決勝当日は朝から快晴で雨が降りそうな気配は全くありませんでした。
 
レースがスタートしても快晴でしたがしばらくすると空が一転にわかにかき曇り雨が落ちてきたのでした。レインタイヤに交換したセナはダウンフォースの大きなリヤウイングを装着したこともあり、見る見るプロストとの差を詰め逆転、トップに出たセナはそのままトップを守りきり鈴鹿での最後のレースで見事優勝しました。
 
セナが雨で速いのは有名ですが、それはセナ自身が雨を呼べるのではないでしょうか。だからダウンフォースを増やした。そうに違いないと私は今でも思っています。

 

FE028B マクラーレン MP4/8 フォード 日本GP 1993 3rd No.7 ミカ・ハッキネン デカール加工品 \30,780
FE028A マクラーレン MP4/8 フォード 日本GP 1993 Winner No.8 アイルトン・セナ デカール加工品 \30,780

 

romuhonten in 未分類 on 4月 10 2018 » 0 comments

4月6日更新 F1史上ダメダメネタ宝庫のアンドレアモーダS921がスパークからモデル化決定

 

 つい先日スパークモデルから大量の新製品発売情報が発表されました
 
昨年のデイトナ優勝車や初モデル化トヨタ87Cなどの注目車種が沢山ある中、ロムではダントツに人気でご予約を沢山頂戴しているのが アンドレア モーダ S921 モナコGP 1992 R.モレノです。
 
皆様、超マニアックですね〜。
 

 
前年に撤退したコローニを引き継ぐ形でイタリアの靴メーカー社長アンドレア・サセッティがチームオーナーとしてスタートしたアンドレアモーダ。
 
開幕戦は保証金未納で出場できず、第2戦はS921が予備予選に間に合わず不参加。あまりにもひどいチーム状況に愛想を尽かしてドライバーのカフィとベルタッジアがチームを離脱。
 
第3戦からはドライバーがモレノとマッカーシーに変更されようやく初レースかと思われましたが、マッカーシーが実績不足としてスーパーライセンスが発給されずモレノのみの出場となりましたが、あえなく予備予選落ち。
 
そして今回スパークから発売されるモナコGPではラルースの片山右京選手が予備予選で自爆したためラッキーにもモレノが予備予選を突破。予選も最下位の26位ながら見事通過し、決勝進出を果たしました。
 
結局、これがアンドレア モーダ唯一の決勝進出となりました。

 
この後もフランスGPではジャッドにエンジン代金を払っていなかったのでエンジンを用意してもらえずブラバムからエンジンを借りて出走しました。
 
ベルギーGPではチームオーナーであるアンドレア・サセッティが通関書類を偽造していたとして逮捕されてしまいます。アンドレア・モーダはF1の信用を失墜させたとして、FIAから追放処分を言い渡されてしまいました
 
それにもかかわらずイタリアGPに現れましたが当然FIAはエントリーを拒否しました。そしてチームはついに消滅・・・・・・・
 
スパークもよくモデル化を決定しましたよね〜と思います、いや、スパークだからこそのモデル化かな。こういう泡沫チームって結構人気あるんですよね。今後ライフとかも発売してほしーな。
 

romuhonten in 未分類 on 4月 06 2018 » 0 comments

4月4日更新 ロム特注スパーク1/43メルセデスベンツ C292 プロトタイプ ご予約受付開始しました。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日はロム特注スパークのご案内です。

 

実戦には登場しなかった幻のグループCカー、

 

メルセデスベンツ C292 プロトタイプの発売が決定しました。

 

実はもうずいぶん以前から特注依頼をしていたのですが、

 

資料不足でお蔵入りとなってしまうのか〜と断念しかけていた所、

 

実車の持ち主の方がみつかり取材が実現。

 

ようやく日の目をみてモデル化される事となりました〜!

 

1991年から始まったNA 3.5リッターエンジンによるSWCですが、

 

初年度は移行期と言うことで旧来のターボマシンも参戦できましたが、

 

92年からは3.5リッターに完全移行することになり、

 

戦闘力のあるマシンを用意できない多くのプライベーター、

 

そしてチャンピオンのジャガーまでもが撤退する事態になりました。

 

プジョー、マツダ、トヨタは参戦を表明していましたが、

 

台数が少なくシリーズとして魅力がなくなるのは明らかでした。

 

メルセデスベンツは衰退するSWCに参戦する意義を感じなくなっていたのでしょう。

 

1991年をもってSWCから撤退を発表しました。

 

1991年は最終戦のオートポリスで優勝するまでになっていただけに残念なことでした。

 

1992年用のマシンとして開発が進められていたC292はカーボン製のモノコック、

 

M291エンジン、サイドラジエーターなど基本構成をC291から引き継いますが、

 

新しくアクティブサスペンション、ABS、トラクションコントロール、

 

セミオートマチックトランスミッションなどのハイテク機器を搭載する

 

野心的なマシンになる予定でした。

 

以前から公開されていた画像では中身のない外観だけの

 

モックアップかと思っていたのですが、

 

今回見つかった画像にはコックピットそしてエンジンを搭載した画像まてありました。

 

走れる状態にまで作り上げたマシンでレースできなかったのですから

 

当時のチームの人たちは相当無念だったでしょうね。

 

おそらくシューマッハが乗る予定であったであろうマシンが

 

遂にレースを走ることなく終わってしまッたのですから。

 

実車が幻のモデルだけあって過去にミニカー化されたのは

 

YOWモデルというマイナーなメーカーでできも今ひとつという感じでした。

 

資料がないので仕方ないのでしょうが…

 

Cカーファンなら当然見逃すことのできないモデルとなっています。

 

TVの通販番組ではありませんが、5秒に1台ご予約が増えて行ってる感じなのでお見逃しなく〜。

 

 

 

 

http://www.romu-romu.com/item/67635.html

 

 

それともうひとつちょっとお知らせ、同じくロム特注スパーク 1/43

 

ティレル 019 フォード イタリアGP 1990 6th 中嶋悟 400台限定

 

こちら先日発売されましたF1速報開幕戦号に掲載されたためか、

 

こちらもご注文が俄に急増。完売間近となっております。おはやめに〜。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/66173.html

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 04 2018 » 0 comments
        Older Articles