趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

12月7日更新 ロムファクトリー 1/12 ウィリアムズ FW14B完成しました。

 
ナイジェル・マンセルマンセルが悲願ワールドチャンピオンを獲得したウィリアムズ FW14Bを1/12 スケールで製作致しました。
 
FW14Bはマンセルに初のチャンピオンをも鱈にしただけでなく、天才デザイナー、エイドリアン・ニューウェイにとっても初のチャンピオンマシンとなりました。
 
ニューウェイの作るマシンはアンダートレーと路面の空間をシビアにコントロールしないと効率的にダウンフォールを発生できませんでした。
 
レイトンハウス時代は常時ベストの状態を維持することが出来ずハマれば目茶苦茶速いが、外すと全然タメと言う状態でした。
 
そのニューウェイの素晴らしい空力マシンをベストの状態になるようにウィリアムズが開発したのがアクティブサスペンションです。
 
マシンが常に最適の状態になるように積極的にサスペンションを動かす。これによってFW14Bは最強のマシンへと生まれ変わりました
 
FW14Bはシーズン序盤だけ使用しすぐにFW15がデビューする予定でしたが、開幕から5連勝すると言う圧倒的な速さを見せたため、あえて冒険してFW15を投入する必要はないと判断し、結局最終戦まで使われました。
 
今回製作したFW14Bはもちろん、タミヤのプラモデルベースの完成品です。。フロントノーズ、ノーズのサスカバー、リヤカウル、インダクションボックス、ホイールが脱着出来るフルディティールモデルです。
 
内部の細かい配線、パイピングなども極力実車に忠実に再現しています。よく見ていただくとわかりますが、配線やパイピングは使用箇所によって太さや材質も細かく買えています。また接続部分のコネクターやジョイントなどもリアルに再現しています。
 
カーボンパーツ部分にはカーボンデカールを丁寧に貼り込んでいます。塗装はブルー、ホワィト、キャメルイエローの3色は塗り分けで再現し、デカールを貼った後はクリアーコートの上徹底的に研ぎ出ししています。

タイヤロゴは吹きつけで再現、ホイールにはエアバルブも追加しています。アクリル製ディスプレイケースが付属します。製作は大野 寿雄氏です。
 
RF12FW14B ロムファクトリー 1/12 ウィリアムズ FW14B ルノー ワールドチャンピオン 1992 ナイジェル・マンセル \350,000
 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in on 12月 07 2017 » 0 comments

Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments