趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

タメオ、126C2 ロングビーチ ロム梅田店6周年記念セール

来月、フェラーリ126C2ロングビーチがいよいよ発売になります。126C2は、バンク角120度のV6ターボ(Compressore)エンジン搭載マシンの2代目と言う意味です。1982年はFOCAとFISAの対立が激化した年でありました。フェラーリはロングビーチでおこなわれた第3戦アメリカ西GPで、リヤウイングが互い違いになったマシンでエントリーしました。リヤウイングの幅は1,100mm以下との規定を拡大解釈したもので枚数や取り付け位置の規定が明確でなかったルールの隙を突いた物でした。合法か問題になった物のレース前の車検に合格し予選は7位で通過、決勝でもがんばって3位に入りました。が、レース後の再車検でやっぱりこのウイングは違反であるとして失格となってしまいました。フェラーリがなぜこのウイングを持ち込んだか? これは当時流行ったDFV勢の水タンクを使用した車重の軽量化(水は途中で捨てて車重を軽くしてもレース後の再車検時には補給できる)に抗議するものでした。 レース結果は失格でしたが、ビルヌーヴファン、フェラーリファン、F1ファン、ミニカーコレクターにはこの1レース限りの出走ということから今も昔も大人気のマシンとなっています。過去1/43の126C2はボシカ、メリ、FDS、ウエーブといろいろ出ていますが、一番最後に出ただけあってタメオの126C2はベストのプロポーションと言っていいと思います。126C2には13インチと15インチのフロントホイールがありますが、ロングビーチの13インチは正確に再現されています。また、エッチングによるシャープな仕上がりのウイングは翼端版のリベットまで正確に再現されています。
10月に発売されるこの126C2をロム梅田店オープン6周年記念スペシャルプライスで提供させていただきます。通常\26,800のところ\22,000で提供させていただきます。さらにご予約いただいた方はプラス10% OFFの\19,800とさせていただきます。数に限りがありますのでご予約はお早めに。
TB020 フェラーリ126C2 アメリカ西(ロングビーチ)GP 1982 ジル・ビルヌーヴ
ミニカー通販-ミニカー販売

タメオから新シリーズ1/64メタルキット発売決定、大人気のコンビニの1/64キットに触発されたのかなんとタメオが超精密な1/64メタルキットのリリースを決定早ければ10月に発売されます。
64T001 マクラーレンMP4/4 ホンダ 日本GP 1988 アイルトン・セナ/アランプロスト


タメオ フェラーリ F60 ベルギーGP Winner キミ・ライコネンを完成品で発売決定、
今季初優勝となったベルギーGP仕様が完成品で発売されます。今まで出ているキットはモナコGPで前期型、様々な部分がアップデートされた後期型が完成品のみで発売されます。
TB024 フェラーリ F60 ベルギーGP 2009 Winner キミ・ライコネン

 イタリアGPはなかなか見応えがありました。ブラウンGPの戦略勝ですね。さすがロス・ブラウンです。KERS勢の裏をかく作戦が見事です。ここ2戦のフォースインディアとフェラーリとの戦いを見ているとわかりますが、KERS勢に前に出られて同じ様なタイミングでピットストップしていてはなかなか抜けないと。イタリアGPのファステストラップはスーティルが記録しているのに結局はライコネンがぬけなかったですから。ワンストップ作戦がKERS非搭載勢のトレンドになるかもしれません。
なかにし

romuhonten in 未分類 on 9月 16 2009 » 0 comments
Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments