趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Flat Out ブラウンGP 001完売間近

ブラウンGP史上初デビューイヤーでのチャンピオン獲得! ホンダの資産を引き継いだとはいえ去年の成績を考えるとすごい快挙ですね。ホンダの突然の撤退で今シーズンはレース出場そのものが危ぶまれていたんですから。苦労人バトンですが、やはり前半戦の7戦6勝の貯金が大きかったですね、最終戦を残して逃げ切りました。2000年、バトンはウイリアムズからF1にデビューしました。前年はF3でランキング3位、ウイリアムズにしては異例の大抜擢でした。まだ早いという声もありましたが、バトンはデビューレースで6位入賞を飾り当時の最年少入賞記録を更新しました。しかし、2001年はモントーヤに押し出される形でベネトンへ移籍、2002年はベネトンを買収したルノーから参戦しましたがマシンの戦闘力が低く思うような成績が上げられませんでとした.そこで2003年はBARへ移籍したものの4位が最上位。そして2004年、世間の注目は再びバトンに集まる。そう、佐藤琢磨とコンビを組んだ年です。BAR006はシーズン前のテストから好調で優勝こそ無かったものの2位と3位に4回づつ入りフェラーリの2人に次いでランキング3位に入りました。そしておおいに期待された2005年、BAR007の出来は期待はずれに終わり再び失意の一年を過ごすことになりました。そして2006年BARはホンダに買収され名実共にホンダのワークスチームになりました。そして迎えたハンガリーGP、雨が降ったりやんだりの難しい天候で大混乱となったレースを制しバトンは念願の初優勝を飾りました。このとき表彰式で君が代が流れて非常に感動したことを今でも覚えています。F1で君が代を聴いたのはこれが最初で今のところ最後ですから。初優勝したとはいえ一年を通してみてみると低調なシーズンでした。そしてそれはその後の2007年、2008年と続いていきます。年間ランキングも下から数えた方が早いという有様でした。そしてホンダの撤退、チーム存続の危機。スポンサーもほとんど無い新チームでの参戦。バトン自身も大幅な年棒カットを承諾したと伝えられています。こうしてみると華々しいデビューの後はマシンに恵まれないことも多くかなりの苦労をしていますが、今年はその苦労が一気に報われたという感じでしょうか。
 さて、バトンのドライブしたマシンで現在入手可能な1/43キットは意外に少なくBAR006、007そしてブラウンBGP001の3台しかありません。初優勝のホンダRA106も1/43ではキット化されていません。ちょっと以外ですね。ロムファクトリーが製作しているFlat Outシリーズ完成品はおかげさまで好評で30台限定で製作していますが、残り僅かになっています。
ミニカー 販売 通販 モデルガレージ ロム

この歴史的快挙を達成したブラウンGPのご購入はこちらです。

romuhonten in F1 on 10月 20 2009 » 0 comments
Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments