趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Daily Archive for 11月 15 2009

フラットアウト 1/20 ロータス 98T ルノー JPS アルトン・セナ

フラットアウト 1/20 ロータス 98T ルノー JPS アルトン・セナ 39,800
 ロータス98Tは97Tの改良版で86年からのレギュレーションの変更に合わせて燃料タンク容量が195リッターとなり、ボディーカウルがサイドポンツーン下端までの一体型に変更されている。エンジンは新たに開発されたルノーエンジンを搭載していました。バルブスプリングに代わって空気圧を使用したニューマチックバルブシステムを採用した意欲的な物でした。ロータスと言えばブラックのJPSカラーをイメージされる方は今でも多いのではないでしょうか。1972年以来途中2年ほど中断はありましたが14シーズンにわたってロータスを支援してきたJohn Player Specialタバコのスポンサードも1986をもって終了しました。そう、98TはJPSカラーをまとった最後ロータスなんです。1986年のアイルトン・セナのチームメイトにはスポンサーのJPSの希望で英国人ドライバーのジョニー・ダンフリーズが勤めましたが目立った成績は残していない。98Tは16戦中8回のポールポジションを獲得し、シーズン中盤までチャンピオン争いに加わっていましたが、マクラーレン・TAGやウィリアムズ・ホンダに比べて、新しいニューマチックバルブ関係のトラブルが多かったルノーエンジンは決勝での信頼性が劣り、2回の優勝に留まった。
 本完成品はタミヤの1/20ロータス99Tをベースに製作しています。キャメルカラーの99Tはカラーリングが一新したために別のマシンに見えますが、違うのはアクティブサスペンションの採用とホンダエンジンの搭載で基本的なボディ形状は98Tとほとんど変わりません。そこでタブデザインから発売されているカルトグラフ製の99T→98Tコンバージョンデカールを使用し98Tを製作いたしました。いかがでしょうか。やっぱりロータスはJPSカラーが一番よく似合う思いませんか。タイヤのGoodYearロゴは天部レートで吹き付けています。30台限定です。

上記完成品のご予約はロムWeb Shopまで

このページではインラインフレームを使用しております。 ※Internet Explorer 4.0 以上(Windows・Macintosh)、 Netscape 6.0以上(Windows)のブラウザでご覧ください。

romuhonten in F1 on 11月 15 2009 » 0 comments