趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 6月 2010

GMP新製品入荷!25周年記念 感謝価格25%オフ!

おかげさまでこの6月をもちましてロムは創業25周年。
今月は様々な25周年キャンペーンいたしました。たくさんのご支持感謝いたします。
さて月末最後に温存企画投入です!このチャンスをお見逃しなく!
GMP 新製品入荷!25周年記念 感謝価格25%オフ 35800円が26850円!
G1804107 フェラーリ 312PB モンツァ 1000km 1972 Winner No.1

明日はお店は定休日ですが、スタッフ総出で店卸しです(泣)
年に一度の恐怖の店卸!? ミニカーは比較的すぐ店卸できるのですがデカールやパーツ、これが曲者!
そういえば、私がロムで始めてアルバイトとして働いたのがこの店卸作業でした。
タバコデカールを、「このシールみたいなものはなんなんだろう??けっこう高いし・・・」 
なんて思いながら数えた記憶があります。 もう何年前のことでしょう・・
あの頃は、私もまだ若かったのにぃ。 なんて思うと切なくなってきます。
明日、ボランティアで店卸手伝ってくださる方大歓迎!
恐怖のパーツ店卸、体験してみませんか?なんて冗談です。
では本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 28 2010 » 0 comments

メルセデスミュージアム特注 シューマッハ ショーカー 入荷

今度はメルセデスミュージアム特注 シューマッハショーカー入荷しました。

一昨日アップしたシューマッハカムバックモデルは1日でソールドアウトになってしまいました。
ショーカーながらさすがシューマッハ人気は不滅ですね。
シューマッハのフィギアが付いているのもポイントなのかもしれません。
惜しくも買い逃された方はこちらはいかがですか?このモデル、今日入荷してきました。
隠していたわけではないのであしからず。
ただお値段がちょっとアップしてしまいます。限定200台のモデル。
現地ドイツでしか買えないモデルです。
シューマッハづいている今日この頃です。
ありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 25 2010 » 0 comments

やっぱりBBRのフェラーリはかっこいい!430GT3プレス入荷しました

BBR F430 GT3 プレスバージョン 2009が本日入荷しました!
やっぱりBBRのフェラーリはかっこいいです。
最近458や599GTOなど流線系のフェラーリの新製品ばかりだったので、
このモデルは新鮮でした。(個人的好みもありますが)
ご存知かと思いますがF430GT3はF430challengeがベース。
それをスイスのケーゼルレーシングがモディファイしモナコのJMB Racingと共にFIA
GT3で走らせていたモデルの再現です。

1/43で再現した時にかっこよく仕上がることにこだわりをかんじます!
本日のお勧めの逸品でした。
ありがとうございます。

romuhonten in 未分類 on 6月 24 2010 » 0 comments

ロムファクトリー 1/43 TDF PO1ポインター登場!

TDF PO1ポインターはウルトラセブンの劇中に使われた地球防衛軍の警備車輌でクライスラーのインペリアルクラウン1958年をベースに改造された物ですが、オリジナルの面影はほとんどありません。
ロムがまだ大阪の福島にあった頃、キャラクター物のフィギユアなどを扱うガレージ店を併設していました。そのガレージ店のオリジナルキットとしてポインターを発売していました。今回の完成品はそのキットの形状を全面的に見直したパーフェクトバージョンとして製作した物です。予約受付中
RFPO1 1/43 ウルトラセブン 地球防衛軍 TDF PO-1 ポインター 45,000
RFPO1_2 ロムファクトリー 1/43ロムファクトリー 1/43 TDF PO1ポインター登場! ウルトラセブン 地球防衛軍 TDF PO-1 ポインター ウルトラセブン付 49,800

上記ミニカーの通販はロムWeb Shopまで

romuhonten in ロードカー on 6月 21 2010 » 1 comment

TRUE SCALE 先行入荷! ローラT810日産フェアレディZ と呼ばないで!?

いつもありがとうございます。
本日、国内の発売に先駆けて、TRUE SCALE1/43の新製品が入荷しました!

ローラT810 日産フェアレディZ No30 1985WEC ジャパンCANNON/Coca Cola 7140円
ローラT810っていったらなんかピンときませんが、フェアレディZターボCといえばお分かりになられる方も多くいらっしゃると思います。
このモデル、エブロあたりがリリースすれば絶対フェアレディZターボCと掲げて発売するのでしょうが、TRUE SCALE はアメリカの会社。
日本マーケットを意識した車種選定はナイスですが、もうちょっと勉強してほしかったですねぇ…
ってえらそう!?
この車 ドライブしているのは鈴木亜久利選手です!先行入荷になりますが定価据え置きです。
TRUE SCALEのモデルは国内代理店の都合で、日本への供給が安定的ではないのでぜひこの機会を
おみのがしなく!
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 13 2010 » 0 comments

おかげさまで創業25周年 感謝いたします

いつもありがとうございます。本店の徳田です。この6月をもちましてロムは創業25周年。
そしてウェブショップはリニューアル1周年です。
今迄無事商いを続けることができたのは、メーカーさんが様々な魅力的モデルをリリースしてくれたおかげ、芸術作品を生み出してくれたモデラーさんのおかげ、問屋様、諸国のモデルカーショップの方々、沢山の方に助けて頂いたおかげです。
そしてなにより、皆様のような紳士で素敵なコレクターの皆様が支えてくださったおかげです。
本当にありがとうございます。 
私個人もちょうど8年前の6月位からロムの正社員になったと思います。
25年のうち約1/3を関わったわけですが、私が関わった1/3だけでもけっこう色々変化がありました
時代もミニカーとりまく状況も変わったように思いますがロムがモットーとしている「買い手よし、売り手良し、世間よし」という三徳の理念、これを基軸することは変わらず、今後も商いをさせて頂きたいと思っています。
ほんとうに1坪くらいの小さなお店からはじまったロムですが、初心を思いだし創業当初のようなお客様に密着したミニカーショップを目指して行きたいと私は考えております。
といいますのも、実は先日私、急に体調を崩してしまい、救急車で病院に運ばれると、病名は肺炎、急遽入院することになりました。
おかげさまで1週間ばかりで退院できたのですが、人生初体験の入院で多々思う事がありました。
仕事の事、その他諸々個人的な事、何事も初心を忘れているのではないか、感謝がなくなっているのではないか、いろいろ学んだ入院生活でした。
元気な時は不謹慎にも入院でもしてゆっくり読書三昧な日を送りたいワ。なんて思っていましたが、
とんでもない。毎日元気に働らけることこそ幸せだとおもいました。
今後も初心を忘れず、お客様のニーズに答えられるようなショップを目指してまいりますのでどうぞよろしくおねがいいたします。
25周年にちなんだ様々なイベントも随時進行中ですので、メール配信は絶対チェックして下さいね。
ではありがとうございました。
徳田 ゆみ

romuhonten in 未分類 on 6月 12 2010 » 4 comments

フラットアウト 1/20 ロータス 79 アンドレッティ & ピーターソン予約受付中

 1977年にロータスが投入した革新的なウイングカー、タイプ78の完成形として翌年の第6戦ベルギーGPに登場したのがタイプ79です。リヤサスペンションのインボード化、燃料タンクや排気管の配置変更などによりベンチュリー効果を最大限に引き出して圧倒的な速さを発揮。M.アンドレッティがいきなりポール・ツー・フィニッシュを飾り、その後もR.ピーターソンとともに快進撃を続け、M.アンドレッティ5勝、R.ピーターソン1勝を獲得。最終戦を待たずにドライバー、チームの両チャンピオンタイトルを獲得しました。美しいボディデザインとブラックのカラーリングから「ブラック・ビューティー」とも呼ばれたロータス 79。F1グランプリの歴史に残るエポックメイキングな1台です。
タミヤのプラモデルはJPSの付かないイギリス/ドイツGP仕様となっていますが、Flat Outで製作するのはアンドレッティが第13戦オランダGPの優勝車、ピーターソンが第12戦オーストリアGPの優勝車です。いずれも二人にとって最後の優勝となっています。しかもただのゼッケン違いではなく、それぞれのレース仕様を正確に再現しています。まずバックミラーはオーストリアGPまでは砲弾型ミラーでしたが、オランダGP以後はコックピットカウルと一体化した形状になっていてそれを正確に再現しています。また、ノーズのGood Yearロゴの位置が違います。オーストリアGPはゼッケンの下でオランダGPはゼッケンの上になっています。他にもリヤウイングのウイニングマークの違い、ロールバーの違いなど両車の違いはできる限り再現しました。 さらにタミヤのデカールのクリーム色はやや赤っぽい上にオランダ、オーストリアGPに対応していないのでタブデザインのフルデカールを使用しています。
今までFlat Outシリーズは開閉部分を固定のプロポーションモデルとして作ってきましたが、今回はエンジンカウルを脱着できるようにして製作しましたので精密に再現されたDFVエンジン、斬新な上方排気のエキパイを鑑賞いただけます。 タミヤの79を見て驚いたのはそのアンダーウイング、路面に最も近い位置より少し後ろに小さい突起があります。これはボーテックスジェネレーターと呼ばれる物でアンダーウイングに沿って流れる気流が剥離しないように小さな渦を発生させる物なのですが、そこまで正確に再現されていました。完成品はディスプレイケースに固定されていますので簡単に見られないのはちょっと残念かもしれません。各20台限定です。
FL221 ロータス79 フォード 「JPS」 1978 オランダGP Winner ワールドチャンピオン マリオ・アンドレッティ ラストウイン 20台限定 42,000
FL222 ロータス79 フォード 「JPS」 1978 オーストリアGP Winner ロニー・ピーターソン ラストウイン 20台限定 42,000

上記完成品のご予約ははロムWeb Shopまで

romuhonten in 未分類 on 6月 10 2010 » 0 comments

メルセデスミュージアム特注モデル入荷

いつもありがとうございます。
ドイツはシュトゥトガルトにあります、メルセデスベンツミュージアム。
一度は訪れてみたいですねぇ。
実車はもちろんのこと、そのミュージアムでしか買えないレアなミニカーが結構あるそうなんです。
今回は特別ルートにてその現地でしか入手できない貴重なモデルを入手する事が出来ました。
SLS AMG オレンジ 9990円 限定500台  
はてさて これはシュコー製?それともスパーク製?ミニチャンプスではないと思うけど……
台座から外してみるとメーカーの刻印が押されてるにちがいない!と思い見てみましたが、
何もかいていない…..
ちょうどシュコーのSLSとスパークのものがあるのでくらべてみました!
パッと見は判別つきませんが、車高、ミラー そしてなんといってもウィンドウ!
スパークはフィルムウィンドウを採用しています。
          左はスパーク製↓   ↓真ん中がシュコー製(少し車高が低い)

判定の結果、このオレンジモデルはスパークである事が判明!
メルセデス特注モデルはシュコー製でミュージアム特注はスパーク製。
メーカー同士を競わせてよいモデルを作らせようとするメルセデスの作戦??なのでしょうか。
では本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 09 2010 » 0 comments

SLR スターリングモスとSL65 AMG

SLRスターリングモスとSL65 AMGの2台。ディーラー特注1/18ミニチャンプス製になります。
メルセデスのセンスの良さを象徴する2台がタイムリーに一緒に入荷してきました。
2台一緒に並べると、1/18なのでリアルな迫力があります。

SLR スターリングモスは、SLR マクラーレンをベースに、内外装に特別なカスタマイズを施し、
さらに磨きをかけた、世界限定75台のスペシャルモデル。
モチーフはその名のとおり、1950年代のレース界で活躍したレーシングドライバー、スターリング・モスと、その愛機である1955年型 300 SLR レーシングカー
メルセデス古新モデルの良い所取したようなモデル。
それでいてバランス良くし上がっているのはさすがです。
SL65 AMG ブラックシリーズ は SL65 AMGをベースとしたハイパフォーマンスモデルで、
ブラックシリーズとはAMGパフォーマンススタジオが制作を担当するスペシャルパフォーマンスカー
過去に「SLK55 AMG」「CLK63 AMG」をベースに作られたこともある。
DTMマシンやCLK-GTRを思い出させる、大きく張り出したオーバーフェンダーがカッコいいですよね
実車は1億1000万円と4800万円だそう。
ミニカーなら両方所有する事も可能!です。
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 06 2010 » 0 comments

フラットアウトメモリアル 1/43 アロウズ A2 フォード フランスGP 1979 リカルド・パトレーゼ発売。

アロウズA2は究極のウイングカーを目指しロータス78の開発にも関わったトニー・サウスゲートがデザインした野心作でした。アンダーウイングの面積を最大限にするためにエンジンは後方に持ち上げて搭載されていました。また、フロントアッパーアームを覆う翼断面カバーにはフラップが付いていてアンダーウイングへ導入する空気をコントロールできるようにデザインされていました。風洞実験では驚異的なダウンフォースを発生させていたとのことですが、実際のサーキットでは思った程のダウンフォースは発生させられず成績は低迷しましたが、その形状(人間魚雷,回天はもよばれた)から昔から人気のあるマシンでした。 A2のキットはテナリブやプロバンスからも出ていましたが、今回使用しているタメオのキットはそれらとはレベルが数段違う決定版とも言える内容になっています。完璧なプロポーション、精密に再現されたDFVエンジン、メーターパネルなんかも非常にリアルにできています。今回製作したフランスGPはA2のデビュー戦でA2オリジナルの異常に低いリヤウイングが使用されたのはこのレースだけとなっています。15台限定で価格は\45,000です。

上記ミニカーの通販はロムWeb Shopまで

romuhonten in F1 on 6月 04 2010 » 0 comments

        Older Articles