趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 7月 2010

CMC 突然新製品発表

CMCから突然新製品の発表がございました!
昨日、本日にかけてご案内していますテスタロッサとSSLK。
M-087 SSKL1931 CMC 創立15周年モデル   M-086 250 テスタロッサ ルマン1958(右側)

正直、テスタロッサは入荷の後も普通にお求めいただけると思います。
(予約価格はお買い得ですが、たぶんしばらくはいつでも在庫有るハズ)
しかし、SSKLは危険です!CMCコレクターの方は絶対ご予約してください。
声を大にして言います。15周年の限定品でディスプレイケース付き、
お値段は49800円と高額ですが、写真を見る限りかなりよさそうです。
品質は抜群ですし、台数もある程度余裕を持ってご提供できるので、
私も安心してオススメできるCMCなのですが、今回は数量確保できるか危惧しています。
限定2000台なのですが、CMCの方針として世界各地域に支店のようなものがあって、
アジアセクションで流通する数がとても少ないという情報を得ています。
迷っているヒマはないですよ(ほんとです)
ぜひご予約をオススメしております。
徳田の緊急情報でした。ありがとうございます。

romuhonten in 未分類 on 7月 30 2010 » 1 comment

カーティマ特注 ベロフコレクション 入荷

こんにちは。全国的に真夏日が続いていますね。いかがお過ごしですか?
さてベロフコレクション7番目のモデルが入荷しました。(6番目はまだ入荷していません)
CABEL07 ポルシェ 956 ニュルブルクリンク “Racing” 1984 Winner S.ベロフ No.2 9990

発売当初は予定になかっモデルですが緊急発売されました。
ロスマンズカラーですがノンタバコサーキットのためロスマンズははいりません。
実車もこのモデルの状態で出走していましたのでデカールの添付等はございません。
DRM(ドイツ国内選手権) 1984 ニュルの優勝車です。
当時のベロフはまさしく956で絶好調の時でした。スポーツカー世界戦手練のスパ、イモラで連勝、
そしてこのDRMで優勝、その後富士サンドパークでも優勝し5連勝の記録をうちたてたモデルです。

romuhonten in 未分類 on 7月 24 2010 » 0 comments

ラッキーモデル入荷!

ラッキーモデルが久々に入荷してきました!
個々のモデルの出来にはほんとに驚いてしまいます。
このプライスで脅威の出来映えです。開閉の相具合も非常に良く出来ています。

それもそのはず、ラッキーモデルの母体はガンダムなどキャラクターフィギアの下請け工場です。
かなり大きな工場のようです。どうやら、本業の合間にミニカーを製作してるみたいなのでなかなかまとまった数量が入荷せず、しかも一度在庫がきれてしまうと次の入荷目処がいつになるか判らない状況ですので当店でも力を入れて取り扱いたいのはやまやまなのですが、なかなか大々的にご予約を受けたまわれない状況です。
前回もあっというまに完売してしまいましたのでこの機会をおみのがしなく!
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 7月 17 2010 » 0 comments

CMC 1/18 メルセデス 300SLR ガルウィング

CMC 1/18 メルセデス300SLR ガルウィング!待望の入荷です。
ご予約も沢山頂戴していたモデルですが、現物を御覧になって衝動買いのお客様も多いモデルです。
ウェブショップの方に出来るだけ詳細な写真を掲載していますが、細部の魅力まで伝えられないのが残念!
本当によく出来ています。ミニチャンプスから同モデルが出ていましたが、全然違う・・・・
もちろんお値段も違うのですが、本当にCMCの技術力とこだわりは凄いです。
モデルに対する愛を感じますね。

CMC社とロムとはもう15年あまりのおつきあいになるでしょうか…..
誠実な姿勢でどんどん大きくなっていったCMC社、今ではどのミニカーショップでもスタンダードに取り扱われています。CMCの価格についてよくご質問いただくのですが、色々なルートから入手できるので価格もショップによって様々。かなり値下げをして販売されている所もあるようです…..
でも本当はCMC社がホームページで販売している価格にあわすというメーカーとの約束があります。
ロムの価格はその約束にのっとった正式なものです。

romuhonten in 未分類 on 7月 11 2010 » 0 comments

1/43、1/18 アルファロメオ TZ3 コルサ予約受付中

ルックスマートからは1/43、MRコレクションからは1/18のアルファロメオ TZ3 コルサが発売されます。
 イタリアのカロッツェリア、ザガートがイタリアで開催されたクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」で公開された「アルファロメオ TZ3 コルサ」はアルファロメオ 8C Competizioneをベースに製作されたワンオフモデルです。
ザガートは1919年、イタリア・ミラノに設立。航空機の機体開発から得た軽量設計ノウハウを生かし、1929年にアルファロメオ『6C 1750 GS』、1932年にアルファロメオ『8C 2300』など、数多くの名車を送り出してきた名門。TZ3コルサは、アルファロメオとザガートの90年に渡る協力関係と、アルファロメオの創業100周年を記念して製作されました。1960年代に活躍したアルファロメオTZ1、TZ2のテイストを確かに受け継いでいて、まさにTZシリーズの名に恥じないモデルになっています。
ZAGATTZ3 MRコレクション 1/18 アルファ ロメオ TZ3 コルサ 2010 レッド 45,800
LS380 ルックスマート 1/43 アルファ ロメオ TZ3 コルサ 2010 レッド 16,800
今回は予約に限り10% OFFにさせていただきます。

上記ミニカーのご予約はロムWeb Shopまで

romuhonten in 未分類 on 7月 10 2010 » 0 comments

フラットアウト 1/20 ウイリアムズ FW14B ルノー ナイジェル・マンセル予約受付中

FW14Bは1991年のFW14をベースにアクティブサスペンションを搭載した暫定仕様で、当初はシーズンの途中からFW15をデビューさせる予定だったが、リスクをおかしてFW15を投入せずとも十分いけるとの判断の元、1992年いっぱい使用された。アクティブサスペンションの搭載はFW14製作時には考慮されていなかったため、フロントサスペンションのプッシュロッドとモノコック部分は油圧シリンダーを収めるために形状が変更された。また、アクティブサスペンションの搭載に伴い、マシン重量も増加している。アクティブサスペンション、セミオートマなどのハイテク装置を搭載したFW14Bは開幕5連勝を飾り無敵の早さを見せた。マクラーレンはアクティブサスペンションの効果を疑問視していたのが序盤は前年のチャンピオンマシンMP4/6を継続使用していた。しかし、FW14Bのあまりの早さに慌てて新車MP4/7Aを緊急投入したが劣勢は挽回できなかった。開幕5連勝のあと、第6戦モナコGPはホイールトラブルでセナに勝利を献上してしまう結果となったが、レース終盤のセナとマンセルの激しいバトルはF1史に残る名バトルと呼ばれている。1戦のリタイヤを挟んで再び3連勝。ハンガリーGPでマンセルは悲願のタイトル獲得を決めた。
フジミのFW14Bはタミヤの1/12のFW14Bをスケールダウンしたようなキットなのでなかなかプロポーションも良く,デイティールも正確です。FW14B製作のポイントはやはりそのカラーリング、ロムファクトリーではホワイト、ブルー、キャメルイエローの3色をすべて塗り分けで再現していますので発色のいい美しい完成品になっています。今回はマンセルのフィギュア付もご用意しました。フィギュア有り、無しをお好みでお選びいただけます。

フラットアウト 1/20 FL223 ウイリアムズ FW14B ルノー 1992 ワールドチャンピオン ナイジェル・マンセル 42,000
フラットアウト 1/20 FL224 ウイリアムズ FW14B ルノー 1992 ワールドチャンピオン ナイジェル・マンセル (フィギュア、ヘルメット付) 49,800

上記ミニカーのご予約はロムWeb Shopまで

romuhonten in F1 on 7月 09 2010 » 0 comments

Cartima特注スパーク ベロフコレクションのご予約受付開始!!

caritima特注スパーク “ベロフコレクション” 当初発表になかったモデルが急遽発売になります!
ベロフコレクションの中でも特に人気の予想されるモデル、ニュルブルクリンク優勝のイエガマイスターです。

熱くなりやすい性格からかファステストの記録は沢山残しているのと同時にリタイアも多かったベロフ。しかし1984年は絶好調で、特にポルシェ956と相性がよくスポーツカー世界耐久選手権でなんとこの年は7回も優勝しました。そのうちの1つが今回のモデル、ニュルのイエガマイスターです。
今回も超人気になりそうです。
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 7月 03 2010 » 0 comments

アマルガム1/8 マクラーレン MP4-12Cが発売になります

イギリスのアマルガム社からマクラーレンMP4-12Cが発売になります。
MP4-12CってF1?? いえいえ違います。マクラーレンの最新市販車です。
MP4-12Cの由来は、V型12気筒エンジン並みの性能を備えた、カーボンファイバーを使用した車から来ているそうです。マクラーレンF1GTR以来のエンジンもマクラーレン独自開発のもので、ボディーカラーは伝統のマクラーレンのオレンジを彷彿させるカラーリング。
最近トレンドのスーパーカーながら二酸化炭素排出量を抑える事に成功した “エコ” なスーパーカー。実車は2011年から発売予定だそうです。
写真を見る限りではボディはフェラーリの458に少し似ているような気もしますが、
実際はどうなのかな?実車にはなかなかお目にかかれないでしょうから早く1/8が見てみたいです。

romuhonten in 未分類 on 7月 02 2010 » 0 comments

テクノモデル 1/43 アルファ33コンセプトピニンファリーナ入荷

テクノモデルといえば知る人ぞ知る、老舗のイタリアブランドメーカー。
BBRやMRと同じ位歴史のあるメーカーです。
ただ、BBRやMRがメジャーになってしまったことで、フェラーリやランボルギーニの版権を両社ががっちり押さえているのでリリースするモデルがマイナーになってしまい、あまり話題になることがなかったのですが、今回ちょっと気になる車種をリリースしてきました。
それがこのモデル アルファ33コンセプト

カラーリングはイメージカラーのイエローとそしてホワイト。
レッドに塗装してしまうとピニンファリーナP4/5になってしまうのでレッドはありません。
クオリティは◎!
実はこのテクノモデルは今では、BBRの原型やタメオキットの開発にもかかわっているそう。
自信をもってオススメいたします!
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 7月 01 2010 » 0 comments