趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 1月 2011

むーたろうです。

むーたろう日記、引っ越しました。というか専用ブログ構築しました。時間があれば寄ってみてください。
http://romu-topics.blog.hobidas.com/
「出勤日には必ず更新、休みの日も気が向けば更新、」を目標にやっていきます。

romuhonten in むーたろう日記と… on 1月 30 2011 » 0 comments

タメオ ロータス78 フルディティールキット 発売決定!

タメオからF1に革新を与えた “ロータス78 イタリアGP Winner” が発売されます。
しかも、パーツ数300点以上のフルディティールキットになります。
ロータス25,49,72とF1に数多くの革新をもたらしたロータスの野心作でした。
最大の特徴はサイドポンツーンが翼断面形状になっている事でした。
サイドポンツーンと言う路面に近い位置にウイング形状があるためグランドエフェクトの効率が
上がり、ベンチュリー効果によって強力なダウンフォースを発生する事が可能になりました。
デビュー当初はサイドスカート無しでしたが、アンダーウィングで発生する負圧を逃がさない為に
シーズン途中でサイドスカートが装着されました。
また、サイドポンツーンへスムーズに空気を導く為のフロントは当時としては異例のワイドドレッド
となっていました。
このような構造のため、ロータス78は”ウイングカー”"グランドエフェクトカー”"ベンチュリーカー”
とも呼ばれます。
78はアンドレッティが4勝、ニルソンが1勝を上げますがエンジンブロー等のトラブルが多発した為、
リタイアも多くフェラーリのニキ・ラウダがチャンピオンとなっています。
しかし、ロータス78がもたらしたウイングカーの優位性はロータス79の成功により
確固たるものとなり、やがて全チームがウイングカーを開発するようになりました。
世界一のF1キットメーカーであるタメオが満を持して発売です。
3月発売予定です。楽しみですね!

romuhonten in 未分類 on 1月 29 2011 » 0 comments

SLS GT3 AMG 輝いています。

いつもありがとうございます。
本日はピッカピカの特注ミニカーが入荷しました。
本年のレースシーズンに向け、メルセデス・ベンツはSLS AMGのレースバージョンを発表。
昨年のF1ホッケンハイムカーキットにて発表したLaureusデザインのショーモデルが1/43で登場。
こういったモデルこそミニカーでしか所有できません!
スパーク製になります。クロームメッキ仕様になっていますがこれは実車を再現しています。
SLS AMGが参戦するFIAのGT3クラスはアウディやBMW、ポルシェが壮絶なバトルを繰り広げる
激戦区。
今年も激しいレース争いが期待できますね。

romuhonten in 未分類 on 1月 27 2011 » 0 comments

ロムオリジナル マテル1/18 F10トルコGP カッコいいけどモデラー泣かせ!?

こんばんは。いつもありがとうございます。
先日エッフェさんから1/18のフェラーリF10用フルデカールがはつばいされました。
早速ロムファクトリーにて改造してもらいました。製作したのはもちろん800戦のトルコGP。
なかなかイケてますね。1/18だと迫力が違います。
きになるお値段なんですが、モデラーさんに『ロムお得意の定価据え置きでいこうと思ってるんですけどどんなもんですか?』とたすねたところ、『とんでもない!絶対無理!!』とおしかりをうけました(泣き)
価格は協議の結果24800となりました。ちょっと高い気がしますがでもめちゃめちゃ大変なんです。
くせものは昨年から元々添付されているバーコード模様、これがデカールなのかタンポ印刷なのかよくわからないのですが、とにかく除光液では落ちない。
カッターナイフの刃で本体に傷がつかないように丁寧に削りおとします。
この作業に3時間くらいかかります(びっくり!)
あまり音を上げない方なのですが、これはさすがに大変みたい。。。
そういうわけでこのプライスです。

ちなみにこちらも本日ご予約受付開始しています93Aは簡単なので6800円です。
定価据え置きまではできなかったのですが、デカールの費用を上乗せした程度です。
製作の難易度によってのプライスになっていますのでご理解いただければ幸いです。
本店 徳田

romuhonten in 未分類 on 1月 26 2011 » 0 comments

カーティマ特注ベロフコレクション 最新モデル 本日ご予約受付開始

カーティマからベロフコレクション最新モデルの情報が入りました!
お次はまたまたイエガマイスターです。
なんだか最近イエガーマイスターが多くてなにがなんだか混乱してきましたっ(汗)
さて今回のモデルは1984年DRM(ドイツ国内選手権)ニュルブルクリンクで優勝したモデル。
1984年のベロフは基本的にはワークスの選手でしたので基本はロスマンズで参戦でしたが、
ワークス不出場のレースにはブルンポルシェ(イエガマイスター)で参戦。
1984年の9月2日に行われたスパWECで優勝、続いて16日のイモラのWECも優勝。
そして23日のこのニュルDRMでも優勝、続いて30日の富士WEC優勝、すこし間をおき12月のサンドーンパークでも優勝とポルシェ956で5連勝と絶好調。
あるいみベロフがいちばん輝いていたレースだったのではないでしょうか?
でも9月のこのベロフのスケージュールは殺人的ですよね。すごい。
やっぱ天才は違うなと思いました。

カーティマさんの特注のおかげてベロフについて色々調べる機会が増え、しればしるほどベロフが好きになってきます。
名レースの思い出と共にミニカーを集める、やっぱりミニカーコレクションって素敵な大人の趣味だなァと思う今日この頃です。

romuhonten in 未分類 on 1月 22 2011 » 0 comments

写真集 第2弾『ティレル P34』

いつもありがとうございます。
本日モデルファクトリーヒロさんから出版されているF1写真家ジョーホンダさんの第2弾写真集が
発売されました。
店頭にご来店いただけるお客様には内容を見てご購入いただけますが、
通信販売ではそうはいきません。
普通の書店さんには多分ならばないでしょうから見所を少しご説明したいと思います。
結論からもうしますと、2500円高くはない!ご購入価値ある一冊だと思います
1977のティレルP34はあまり活躍しなかったこともあって、見るべき資料があまり存在しませんでした。
グランプリをおって迫力ある詳細写真満載の資料はこの本が初めてでしょう。
特にエンジン部のアップとカウルを外したときの写真は凄い迫力。
ティレルファンならずともF1ファンの方にはたまらない出来になっています。
第三弾はMP4/4だそうです。こちらも楽しみですね。

romuhonten in 未分類 on 1月 21 2011 » 0 comments

むーたろうです。

久しぶりに一人の時間をもつとどうしていいのやらよくわかりませんね。普段、一人の時間ができたらあれをやって、これをやってって考えているんですけど、いざ一人になるとほとんど無駄な時間を過ごしているのな…。いや、無駄な時間こそ、それを無駄に使う贅沢なんだろうか。でも、せめて、たまった録画番組を見るべきだったか。龍馬伝の最終回を未だに見てないし。この調子だとこのまま年を越すのではなかろうか…。

romuhonten in むーたろう日記と… on 1月 16 2011 » 0 comments

フラットアウト新製品 デカール貼り忘れではありません!?

こんばんは。
先日発売になったタメオキットの新製品 F10のイタリアGP。
こちら早くもフラットアウトの完成品ができあがってまいりました!

イタリアGPなのでバーコードロゴがはいっておりません。
見方によってはシンプルでよいのではないでしょうか?
今の所イタリアGPは各メーカー発売予定等発表されていませんのでフラットアウトだけになります。
フェラーリファンとしてはやはりモンツァでしょう!
しかも2010はフェラーリ久々の地元モンツァでの優勝でした。
2010シーズンは今ひとつぱっとしないアロンソの走りだったのですがこの地元優勝でパワーをもらったのか、あっというまに、チャンピオン争いに返り咲きました。
優勝はおしくも逃してしまったフェラーリ アロンソですが歴代チャンピオの風格をみせつけた印象にのこるレースでした。ぜひともコレクションに加えて頂きたいモデルです。
本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 1月 15 2011 » 0 comments

むーたろうです。

むーたろう日記はどこに書くのが一番なのか、今朝の会議で議題になっちゃいました。本ブログのタイトルとはほど遠い内容なので買取りブログに書いたほうがいいとか、告知したからこのブログだとか、はては新しいブログを立ち上げるとか。
前途多難な出発ですけど、あんまりそんなことは気にせず行こうとかなっと。買取りブログも今日無事に麻野が更新してましたし。
新年が明けても悩みの種は尽きないようで、KATOかTOMIXにするのか今の悩み。理由は話せば長くなるのでここでは割愛させていただきます。が、ことしも一年もんもんと悩む年になりそうな予感…

romuhonten in むーたろう日記と… on 1月 14 2011 » 0 comments

コレクション いろいろ

こんばんは。いつもありがとうございます。
毎日毎日、よくもこれだけ新製品の入荷や発売予定情報が入ってくるこのミニカーの世界、
皆様はどのようにミニカーコレクションを楽しんでいらっしゃるのでしょうか?
コレクションの方法はいくつかあると思います。
F1やルマン、スーパーGTなどのカテゴリーで集めておられるかた、フェラーリやポルシェなどの車種で集めておられるかた、レアものコレクターの方、ドライバーで集めておられる方、
スポンサー(イエガーマイスターやレッドブル、マルティニやロスマンズ)で集めてらっしゃる方、
ご自身の思いでの車や出来事を重ね合わせて集められる方、様々なコレクションの切り口があって楽しいですよね。
1/18と1/43の同車種をセットでコレクションされている方なんかもおられて、こうゆうコレクションの方法もあるんだなと私たちが関心してしまう事が多々あるのですが、私がこの仕事について間もない頃、まだミニカーの世界がよくわからなかったころ、よくお客様にコレクションのきっかけやコレクションジャンルについて訪ねていました。
そのなかで意外にも多かったお答えがふとしたきっかけで買ったミニカーがあって、それと一緒に並べたたいなという欲求がどんどん膨らんでいった結果コレクションが増えていったというものでした。なるほどなと思いました。このミニカーのよこにコレをならべたらというイメージが膨らんでしまうともう欲しくなるのが人情ならぬコレクター心理!?ですよね。
本日もそんなイメージをかきたてる新製品情報がはいってきました。
メルマガでも少し触れましたが本日ご案内の1/43ドイツ特注スパーク BMW CSL No29 1973ニュルウィナー Nラウダ、こちらは特注品の1973ニュルの優勝モデルのイエガマイスターBMWとぜひとも一緒にコレクションしたいモデルですね。

ブラックカラーがかっこいい962C 1986ADAC スーパーカップ Hスタックこちらは同ドライバーの特注モデル ポルシェ962ADACスーパーカップのシェルカラーといっしょに並べてみたいですね。
本日もありがとうございました。
本店 とくだ

romuhonten in 未分類 on 1月 14 2011 » 1 comment

        Older Articles