趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2011

明日! 日本橋店が本格的にオープン!!

いつもありがとうございます。

 

いよいよ明日日本橋店が本格的にオープンいたします。

 

ゴールデンウィ−ク中はオープニングセール開催いたします!

 

私もここのところほぼ毎日日本橋に足を運んでいるのですが、

 

非常にわかったお客様が多いな〜ということ。

 

これはお買い得、っていうものから売れてゆきますからね〜。

 

明日は本格オープンですので、お買い得品新たに投入しますよ!

 

当然おいしいミニカーからなくなってゆくとおもいますが…….

 

とにもかくにもご来店おまちしておりま〜す!

 

ありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 28 2011 » 0 comments

CMC 1/18 ブガッティアトランティック まもなく入荷します

CMCから本日メールが届きまして新金型新製品のブガッティ57SCアトランテッィク ブルーの出荷案内がきました!

 

5月初旬の発送になるそうです。 ようやくですね〜。

 

首を長くしてお待ちいただいていた方も沢山いらっしゃると思います。

 

このモデルはブルーと限定品の黒の発売予定がありますが、まずはイメージカラーのフレンチブル−から発売になります。

 

当店にはだいぶ前にサンプルが入荷していますが、本当によくできています。

 

まったくの新金型新製品は非常にひさしぶりではないでしょうか?

 

こんなにすばらしいモデルを生み出すCMCのファクトリー、どんな所か見てみたいですよね〜。

 

深圳にほど近いところあるらしいのです。CMCの社長さんに工場見学をお願いしましたが、断られてしまいました。

 

話を聞くと、どんな親しいお友達や、偉い!?人でもなかなか入れないみたいです。

 

それだけ凄い技術が潜んでるってことですよね〜。

 

 

いち早くCMCの技術をご確認されたい方はコチラ ↓ ↓ ↓

http://www.romu-romu.com/item/7000.html

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 27 2011 » 0 comments

ロム専属プロモデラー 柴原氏突撃!?インタビュー

新企画!徳田(以下、徳)のとつげきインタビュー!? 今回はロム専属のプロモデラー 柴原 安樹 氏をお迎えしました。

柴原氏(以下、柴)はジャンルを問わずプロポーションからフルディールのキットまでこなすオールラウンドのモデラーさんです。ロム専属モデラー歴は約20年余で製作台数は2000台を超えているそう。プロモデラーさんって一体どんな人?気になりますよね。では対談スタートです。

 

徳 私も長年ロムに勤めていてこうして改めてお話を聞くの初めてなんですが、柴原さんはもともとはロムがまだキットしか扱っていなかった頃のお客様、それもほぼ毎日ご来店されるハードキットコレクターだったと聞いています。ずっと車の模型がお好きだったのですか?何かきっかけとかあればお聞きしたいのですが。

柴 そうですね、私は昭和27年生まれで、ちょうど小学生位の時がプラモデルの勃興期でマルサンのプラモなんかをお小遣いをためて買うのが楽しみでした。飛行機、車、船などジャンルを問わず好きでしたね。ただ、ひとつも何かを完成させた事はありませんでしたね。

徳 今、完成品を作る事が仕事なのにそれは意外!その趣味が大人になるまでずっと続いたのですか?

柴 いえいえ、中学生の時は鉄道模型にはまり、高校以降は実機の飛行機のほうに興味が移項しました。

徳 では、この業界ではさけて通れないスーパーカーブームには、ハマらなかったのですか?

柴 そうなんです。そのころは飛行機に夢中で車にはぜんぜん興味がありませんでした。このことは、ミニカーのプロモデラーにとってハンデのような気がするでしょうが、そうではないんです。

徳 どういうことですか?

柴 完成品を注文される方というのは、その車に相当な思い入れがあるんです。とくにスーパーカー世代の方はなおさらです。あの昭和の時期の独特の熱気、なんといったらよいかわかりませんがとにかく強烈な記憶として残ってると思うんです。そういった思いの車を製作する場合、作り手の方にも思い入れがあると、意外とお客様に満足してもらえるものが製作できないんですよ。自分の好きに作ってしまうというか…

徳 なるほど〜。自分の好みがでてしまいかえって良くないということですね。。プロならではの意見です。それでしばらく離れていた車の模型に再び興味をもちだしたきっかけは何なんでしょうか?

柴 ふとした事で立ち寄った梅田のキディランドで1/43のレジン製キットを初めて見たんです。たしかプロバンスのVWのキットだったと思います。それを見たとき子供の頃に作っていたプラモとのあまりの違いに衝撃を受けました。こんなにスケール感があって精密なものがあるのか〜と、再び子供の頃の模型熱に火がつきました。それで模型雑誌の広告でロムの事を知ったんです。職場も近い事もあって足しげく通いました。基本的にジャガーが好きでマーク2なんか同じキットを3台買ったりもしましたね〜。基本的に箱車ばかり作っていました。

徳 F1は興味なかったのですか?

柴 実はF1はモデラーをやり始めてから作り出しました。

徳 またまた意外な回答です。それでコレクターからプロモデラーへの華麗なる転身のきっかけをお聞きしたいのですが

柴 生家の家業を手伝っていたのですが、事情により辞めることになりました。この時40才でした。子供もまだまだ小さかったですし次の職を見つけないといけません。職安へいきましたが40才という年齢ではなかなか見つかりませんでした。子供の頃から興味のあった大工さんに挑戦してみようと思い大工見習いになったのですがやはり体力の方がついていかずそんな時、なにか趣味の模型で食べていけないだろうかとふと思ったんです。そして1年くらいご無沙汰していたロムに行ってみようと思い立ちました。久々にくぐる扉の前にはなんとモデラ−募集の張り紙があり運命的なものを感じ、もうすぐに申し込みをしました。
徳 なんでもその募集の張り紙もまさに張り出したばかりだったようで仕事に呼ばれた感じですね。それですぐにOKがでたのですか?試験とかなかたのですか?

柴 試しにMP4/4を製作するように言われました。MP4/4はラジエーター部分がシルバーなのですが、なにせ箱車ばかりだったのでラジエーターは黒だろうと思いそのまま仕上げ笑われました。しかしそれ以外は問題なかったようで合格をいただきました。

徳 え〜!凄いですねぇ、だってF1作った事なかったのでしょう?天性の才能??

柴 いえいえ、そんな事無いと思いますが、なんだか作ってみると意外と出来たというか、なにせ毎日通う勢いのお客でしたからね〜、お店に飾られているハイクラスの完成品をずっと見ていましたからね、自然と目も肥えていたわけです。お店に入り浸ってましたからF1製作モデラーさんから製作のコツみないな話も聞いていたりしたんです。ただ、プロモデラーになってからはF1の事は真剣に勉強しましたね。F1全史やビデオ、雑誌あらゆるものを読みあさりました。

徳 アマチュア時代とプロになってからのモデラーとしての製作意欲や気持ちの上で何か変化はありましたか?

柴 それはもう全然違います。プロっていうのは、それでご飯がいただけるんですから。生活もかかっていますし、何が何でも完成させないといけません。そしてそれを気に入っていただけないと次が続かないわけです。一台一台 さしの真剣勝負です。アマ時代のように完成しなくてもまあいっかなんて言ってられませんから。

徳 そうですよね。製作するときに心がけてる事や気をつけている事があればお聞きしたいのですが。

柴 最近はほとんどF1ばかり製作しているのですが、心がけていることは美しさとスピード感ですかね。

徳 スピード感?ですか?? 早く完成させることを心がけているということですか?

柴 そのスピード感ではないです(笑)F1は時速 300Km超の世界じゃないですか、その中でいかにスピードを出せるかと言う事を競っている訳です。その大前提があって、すこしでも早く走る為にウィングの型を変えるとか、薄くするとか、ボディを軽くするとか本当に些細な部分もストイックに研究してマシンが出来上がるわけです。このマシンのこの部分はどういう理由かあってこういう型になっているかを考えながら模型に投影していくことを心がけています。どうゆう理由があってこの型にということをつきつめると、スピード感ということになるわけです。

徳 なるほど〜!そういう意味のスピード感ですか。それで柴原さんの完成品はすごくリアルなんですね。お話をお聞きしてその訳が分かりました。

柴 それともうひとつプロになったときに決めた事があります。

徳 なに、なに、教えて下さい。

柴 私のところに来た仕事は断らない事です。20年弱モデラーさせてもらってますがたぶんお断りした仕事はないはずです。

徳 たしかに。柴原サンが無理ですっておっしゃる のは聞いた事がないです。最後にハンドメイドモデルの魅力とはなんでしょうか?

柴 そうですね。洋服にたとえるならオートクチュール、既製服ではなく貴方だけの一品ということでしょうか。100%のお客様が求めておられるものを具現化するのは難しいでしょうが、出来る限り近づけたいとおもって製作しています。

徳 本日は色々ありがとうございました。まだまだお聞きしたい事があります。それはまた機会があれば後日ということで。

柴 こちらこそありがとうございました。私はお客様と直接接する機会がないので、こういう機会に身近に感じていただけたらとおもいます。

さてみなさま初めての企画でしたがいかがでしたでしょうか?インタビューなど初めての事なので、読みづらい表現になっていたら申し訳有りません。柴原氏にはもう1つ質問しようと思っていた事がありました。その質問とは『今後挑戦したいジャンルはありますか?』というものだったのですが、インタビューするうちこの質問は必要ないとおもいました。多分答えは 『ない』 とおっしゃるだろうからです。よく俳優さんなんかのインタビューで今後挑戦したい役はという質問を目にするのですが、人気な方ほどことえは『特にない、頂ける役が自分の役』と答えられています。多分柴原氏も同じではないでしょうか。依頼をを受けた仕事をベストを尽くして淡々と取り組むプロ魂はほんとうにカッコいいです。気持ちが引き締まりました。おつきあい感謝いたします。

romuhonten in 未分類 on 4月 24 2011 » 0 comments

はい。以前の日本橋店と同じ場所 大阪市浪速区日本橋4-9-9水上ビル2Fです。

romuhonten in 未分類 on 4月 24 2011 » 0 comments

タメオ完成品 新シリーズ ブラバムBT46/B ファンカー N.ラウダ

タメオから完成品の新シリーズが発売になります!

 

1/43のF1モデルと言えばタメオ!

 

あのミニチャンプスも金型を注文しているらしいですから、F1モデルに関しては世界No.1メーカーと言っても

過言ではないのではないでしょうか。

 

そのタメオからメーカー完成品の新シリーズが発売になります。素材はタメオお得意のホワイトメタル。

 

従来の完成品はレジン製でしたが、メタルを仕様することによってますます重厚かつシャープな仕上がりが期待できるのではないでしょうか?

 

しかも発売第1弾モデル ブラバムBT46/B ニキラウダのファンカー。F1史上名車の10本の指に入るマシーンです。

 

タメオの今までの戦略から行きますと、第1弾モデルはそうそうに完売を狙うハズ!お見逃しなく。

 

余談ですが、ロータスの黄色いマシーンももうまもなくのようです。

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 23 2011 » 0 comments

明日23日 ロム日本橋店 プレオープンいたします。

こんばんは。いつもありがとうございます。

 

さて、明日いよいよ ロム日本橋店が復活!?いたします。

 

日本橋店では中古ミニカーとお買い得ダイキャストミニカーが主な取扱品です。

 

ロムお得意のCMC、デカール類、クリアケースももちろん取り揃えております。

 

コンパクトなお店ではありますが、ギュっと濃縮されたミニカーおたくワールド。

 

ぜひぜひ足をお運びくださいませ。またオープニングセールも開催致します。

 

また日本橋店だけのびっくり企画もございます(大袈裟??)

 

これはブロブにも書けないので行ってみてのお楽しみです!

 

皆様のご来店こころよりお待ちしています。

 

さて私たちスタッフはオープニング準備に大わらわ…… 特に牟田店長と麻野店長は大活躍で

 

昨日はなんと夜中の1時半過ぎまで頑張ってくれました。

 

私は夜道は危険なので!?早々に退散いたしましたが…..

 

頼もしい仲間のおかげでなんとかオープンにこぎ着けました。

 

沢山ご来店下さったら嬉しいなあ……… 復活ロム日本橋店、宜しくお願い致します!

 

romuhonten in 未分類 on 4月 22 2011 » 1 comment

2011ジュネーブショー発表のポルシェが早くもモデル化

こんばんは。今日からブログが新しくなったみたいです。

 

(私も今初めて気がつきました。画面が明るくなって、字は読みやすくなったかな??)

 

2011年のジュネーブショー発表のポルシェが早くもモデル化です。

 

ミニチャンプス製  1/43 パナメーラ S ハイブリッド

 

ポルシェ史上もっとも低燃費の車だそうです。

 

実車のことはさておき、このモデルをミニチャンプスが請け負っていることに注目したいと思います。

 

と言いますのも最近お客様から時々、ミニチャンプスがなくなるかもしれない!?という噂を聞きます。

 

おそらくF1モデルの例年にない発売の遅れや、モデル発売中止の連絡がきたりしているので

 

そのような噂が飛び交うのかもしれません。

 

たしかにドイツの方からも工場に問題があるという話は聞いておりました。

 

しかし今年から新しい工場にラインをシフトしたという話を聞いています。

 

ダイキャスト業界では実績のある工場なので今後はもうすこし安定したリリースが期待できるのではないでしょうか?

 

それに引き換えスパークは元気で本日2011年のF1モデルの発売が発表されました。

 

スパークは個人的に好きなメーカーでもあるのですが、やっぱりミニチャンプスに元気になってもらわないと盛り上がらないですよね〜。

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 20 2011 » 0 comments

1/64 ウィリアムズ F1コレクション

いつもありがとうございます。
本日は1/64のアオシマのウィリアムズF1コレクションのご案内です。
あまりこういった類いの1/64は取り扱いしないのですが、
ウィリアムズのF1なので興味しんしん、仕入れてみました。
このモデル対応のデカールなんかも発売されるのでしょうね。
全12種でシークレットが1種は入っているようです。
ウェブショップではカートン単位の販売になります。
1カートン12個入りですが12種すべて揃うわけではないようです。
シークレットが何かしりたくて1カートンは開封してしまいました……
がしかし入っていませんでした。一応私があけたカートンは12種が1こづつ入っておりました。
一体なんなんだろう?知ってる方がいらっしゃったら教えて下さい。
(ちなみに開封してしまったものは開封品として店頭販売いたします。)

romuhonten in 未分類 on 4月 17 2011 » 0 comments

モトGPのDVD取り扱いはじめました

こんにちは。本日はDVD のご紹介です。
お客様からのご要望でモトGPのDVDを取り扱いを始めました。
さっそく本店の店内でも2010年総集編を放映中です。
モトGPはあまり見る機会がなかったのですが、なかなかの迫力でおもろい!
ちょうど今、私がいつも座っている位置からこのDVDの映像が見えるのですが、
思わず仕事の手が止まってます。他のスタッフもバイク好きなので思わず見入ってますね。
モトGPの映像をみて思ったのですが、ミニチャンプスのフィギュアってよく出来ているんだなと….
ライディング時の選手の手や足の型、臨場感がよく出来ています。
普通は実物を知っていてミニカーを見て凄いなーという感想がでてくるのでしょうが、
ロードカーやレースカーすべてのジャンルにおいて、だいたいミニカーを先にみてから実車を確認することが多いので意外な所で驚いてしまったりすることが多い今日この頃です。
            

romuhonten in 未分類 on 4月 16 2011 » 0 comments

ドイツ特注スパーク入荷

こんばんは。
さて本日はドイツ特注のスパークが入荷してきました!
ポルシェ 962 No1 ADAC スーパーカップ1986優勝車です。

黒のカラーリングにBLAUPUNKTのロゴがなかなか良いですね。
ドイツ特注って何ですか?ってことなんですけど、ようするにドイツのスパークモデルの代理店特注って事です。
日本でいうKBスパークと一緒ですね。
さすがドイツ特注だけあってH.スタックドライブの車をチョイスしてきましたね。
今回のモデル到着でADACに関する何か面白い事無いかなとネットを調べておりましたらちょっと面白いものを発見しました。
ADACとはドイツ版JAF(日本自動車連盟)のことで、レースなんかも主催しております。
このADACのスーパーカップで活躍した人の一人になんとボブウォレックさんを発見!
1989のADACのこのレースでは3度も優勝しているみたいです。
きになる車種は これ ポルシェ962Cしかもスポンサーは BLAUPUNKT

これ、ボブウォレックコレクションで発売されると嬉しいですよね?
今回のこのモデルとぜひ一緒にならべたい!
たぶんカーティマさんのウォレックコレクション発売リストの中には入っているような気がしますが念のためリクエストしておこうと思い立った今日この頃でした。

romuhonten in 未分類 on 4月 13 2011 » 0 comments

        Older Articles