趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 9月 2011

9月30日更新 IAAフランクフルトモーターショー限定ミニチャンプス入荷しました

 

 

先日、2年に1度のIAAモーターショーがドイツ、フランクフルトで開催されました。

 

 

ミニチャンプスから限定モデルがいつも発売されているのはご存知でしょうか?

 

 

今年は運良く入手できました!

 

そのモデルはポルシェ911 (991) カレラ ホワイト 限定991台 シリアル入りモデル ¥9,910

(限定数もお値段も991にちなんでおります。)

 

 

 

 

このモデル、なんと実車がこのモーターショーで発表になった

 

997からモデルチェンジした991のミニカーです。

 

 

実車と同時入荷でしかもポルシェのフルモデルチェンジの新製品。

 

 

そのうえIAA特注品という、ポルシェコレクターには

絶対見逃せないアイテムとなっておりますよ!

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 30 2011 » 0 comments

9月26日更新 ロム特注ルックスマート 1/43 ランボルギーニ アベンタドール LP700 アルテミスグリーン入荷しました。

 

ロム特注ルックスマート ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 アルテミスグリーン 限定50台

17800円が本日入荷してまいりました!

 

 

おなじみのアルテミス。今年のニュルトイフェアでMRのボスに直にお願いしたモデルです。

 

ようやく日の目をみることとなりました。

 

MRおよびルックスマー トのランボの新をアルテミスグリーンで特注依頼することは、

今や世界各国のショップが狙っています(苦笑)

 

 

初めて特注したのはもちろんロムなのですが、先駆者利益!?

でいままでアルテミスをオファーし続けられたのですが、

何分イタリアマフィアのボスの機嫌次第なので注意せねばっっ!

 

 

そしてもうひとつご案内したいのが、ソルベルクショップ特注モデルのラリーカーです。

 

 

早くも2011モデルなので、スパークかと思いきやイクソ製でした。 

イクソからは通常品の2011ラリーモデルの正式な案内がまだでていなかっただけに、

ちょっとビックリです。

 

 

WRCにも参戦してきた勢いが止まらないスパークですが、

ラリーモデルはイクソのダイキャストで発売してほしいとのお声も聞いておりました。

 

 

スパークもよいですが、冷静に考えると(までもなく)価格とクオリティの整合性から考えれば、

イクソのラリーカーのお値段はこのご時世でなかなかがんばっていると思います。

 

 

今回のモデルも特注なので定価よりはアップになっていますが、

パッケージもスペシャルになっていますし、オススしたいモデルです。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

romuhonten in 日記,未分類 on 9月 26 2011 » 0 comments

9月25日更新 フェラーリF2000日本GPデカール貼付け定価据え置きに出来ない理由がございます

 

 

こんにちは。

 

 

台風が通り過ぎてからすっかり秋になりました。

 

 

昨日は一日遅れでミニチャンプスが入荷してきて、てんやわんや。

 

 

ようやく2010年のF1マシーンが入荷してきたというミニチャンプス…….

 

 

入荷時期は毎度、遅すぎですが、レッドブルのベッテルはやはり大人気です。

 

 

今日のシンガポールGPでもP.Pのベッテル。

 

 

ひょっとすると、今日でチャンピオンが決まったりして!? そうなると鈴鹿の楽しみが……
レッドブルファンには申し訳ないですが、今日は決まらないでほしいですね。
さて昨日入荷しました、マテル1/43エリートのフェラーリF2000日本GPですが、

早速デカール加工品が出来上がりました。

 

 

デカール加工定価据え置きと行きたいところなのですが、

こちらちょっと手が込んでまして定価据え置きは無理なんです….

 

と言いますのも一手間加えています。

 

 

まずは今回使用したデカールがコレ


です。

 

ベースとなるモデルがコレ


です。

 

一目見てわかるインダクションポット後ろの白ベタロゴ。

 

デカールを見てもらえるとわかるんですが、白ベタロゴの上からでも

貼り付けが可能なようになってるんです。

 

ところが、このデカールをそのまま使うと問題が…、ボディの色味と合わないのです。

 

コレじゃいかん、ということで、デカールの赤い部分を切り落とします。

 

切り落としたはいいが、じゃ、ボディの白ベタはどうするのか?

 

これは簡単に溶剤で落とせます。

 

気をつけないといけないのは側にあるフューエルマークとフィアットのマークを

一緒に落としてしまわないようにしないといけませんね。

 

ここまでくれば後は貼るだけと思いますよね??

 

確かに後は貼っていくだけなんですけど、ここでまた一手間。

 

インダクションポッドの後ろはそのまま貼るとカッコ悪いので、

横から見た際にできるだけ水平でカッコよく見えるようバランスを取りながら

デカールの高さを調整します。

 

でき上がったモデルがコレ

簡単そうで以外と手間がかかってます。

 

というわけで、ご納得いただけましたでしょうか?

 

本日よりご予約受付開始です。

 

 

ありがとうございました。

romuhonten in F1 on 9月 25 2011 » 0 comments

9月23日更新 タメオ 1/43 メイドinイタリー ホワイトメタル完成品入荷しました

 

 

タメオ初のメタルキットベースの完成品でブラバムBT46Bのファンカーが入荷いたしました!

 

 

 

 

レジンベースの完成品は中国製でしたが、メタルキットベースの新シリーズは

 

 

イタリアのタメオのファクトリーで生産されています。

 

 

やはりメタルモデルは程よい重量感があるのがいいですね〜。

 

 

本日店頭でご購入いただいたお客さまからも『あっ、やっぱりずっしりきていい感じですね〜。』

 

 

とのお声多数頂戴いたしました。

 

 

ファンカーなのでリアサスペンションはシーリングされた内側にあるため全く見えません。

 

 

見所はやはり、リヤの巨大なファンですが、これはアルミの挽きものパーツでリアルに再現されています。

 

 

シーリングのために取り付けられたスカートはサイド、リアそしてシャーシ下面の物まで

すべて正確に再現されています。

 

 

ボディ上面のラジエーターやオイルクーラーはエッチングで再現され、

デカールを貼った上にクリアコートもされています。

 

 

ラジエーターの冷却の為という表向きの理由を付けて、実はシャーシ下面のエアを抜いて

ダウンフォースを得るというゴードンマーレーならではの奇策でしたが、見事でビューウィンを飾っています。

 

 

しかし、あまりにも速かった為、ファンから路面のゴミやホコリを吸い上げて、

後続車に吹き付けてしまいたった1戦のみでファンカーは禁止されてしまいました。

 

 

290台の限定生産品でしかもメーカー完売です。お早めのご注文おまちしております。

 

 

メタルになって価格据え置きなのは円高の今だから実現できるプライスです。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 23 2011 » 0 comments

9月22日更新 グリーンライト 1/18 佐藤琢磨 入荷しました。

 

 

皆様 台風の被害は大丈夫でしたでしょうか? 予想以上の雨風でしたね。

 

 

明日来る予定のミニチャンプスも京商さんからの荷物が届かずやむなく24日になってしまいました。

 

 

ご迷惑おかけしますが1日おまちくださいませ。

 

 

さて、今日は1/18のグリーンライト製 佐藤琢磨2011インディカーが入荷してまいりました。

 

 

 

 

現物を初めてみましたが、正直出来は期待しないで下さい。大味です。

 

 

しかしながら、先日のもてぎの最後のインディジャパン現地でも販売されてたモデルで、

 

 

約1000台くらい売れたとお客様から聞きました。軒並みどこでも完売みたいですね。

 

 

ミニチャンプスのTSコレクションのセカンドハンド品のお値段がミニカーに申し訳ないような

 

価格になっており、琢磨モデルに関しては、悲しい気分になっていたので、

 

インディカーが完売したときき、なんだかホッと旨をなでおろす今日この頃です。

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 22 2011 » 0 comments

9/21 第2回 トップスタジオ 1/20 MP4/4 スーパーディティールアップセット レビュー

以前エンジン部分のみの完成写真を掲載させていただきました。(その時のブログはこちら
 

その後、エンジン組み込み、サスペンション周りなどを組み上げた状態をお持ちいただきましたので詳細画像を撮影させていただきました。
Tさん、ご協力ありがとうございます。撮影するのも結構怖かった〜(汗)
 
その画像をHPへ掲載いたしました。キットの内容もさることながら、そのキットをここまで組み上げてしまう腕前も驚愕してしまいます。
まさに、「すごい」の一言につきます。とにかく、見てください。
 

 
製作者曰く、
「ここまで作るのに何度うちのめされたことか、大事なことは、気負わず、忍耐と根気が必要。」
だとのこと。
 
僕もキット製作者のはしくれとしてよくわかることなんですけど、僕にはなかなかそれができないんですよ(泣)
 
また、Tさんからの製作アドバイスとして、
フロントサスペンションはインスト通りに処理すると跳ね上がるので自分で調整が必要
各種パイピングはインスト通りに組み込んでいかないと組み上げられない
各部の質感をどのように再現するかは個人個人の感性を大事にしたらいいんじゃないか
ということです。
 
ここまできて、ふと素朴な疑問を思い聞いたんです。
カウルはきちんと閉まるんですか?と。
 
擦れるけどぎりぎり閉まる
とのご返事。
 
ということは少しでも組み込みがずれると閉まらないということか〜。
これは繊細な組立が要求されるということですね。
まっ、閉まらないときは、オープン状態で展示してしまえば問題なし?(ここまで作ってそれは無しか。)
 
しかし、それを恐れていては何も作れません。恐れて自分の限界を作ってしまってはダメです。
なんでもやってみることが大事ですよね。
 
作りたいと思ったら自然と作れるんですよ。
掲載画像をみて、作ってみたいと思った方、今が作り時ですよ。
 
 

次回は完成した状態をご紹介できるのではないかと思ってます。お楽しみに。

romuhonten in F1 on 9月 21 2011 » 0 comments

9月20日更新 特注スパーク1/43可夢偉オーストラリアGP22日入荷します。

 

 

こんにちは。

 

 

またまた台風が近づきつつありますね。

 

 

全国的に被害がないことを祈るばかりです。

 

 

さて22日にまたまた可夢偉選手のモデルが入荷いたします。

 

 

2011年のオーストラリア開幕モデル です。

 

 

 

 

ミニチャンプスとスパークからこれでもかと言う位入荷が続いている可夢偉モデル…..

 

(ちなみに23日にはミニチャンプスの2011年ショーカーの入荷もございます)

 

 

もう可夢偉だらけでなにがなんだか判らなくなってまりました…….

 

 

怒濤のごときミニカー達が入荷してきたとたん、

可夢偉選手の成績があまり芳しくなくなり皮肉なものです。

 

 

今年は昨年の鈴鹿同様、ミラクル走行期待するばかりです。

 

 

ちなみに今回のオーストラリア、分納になっております。

 

 

ご予約の方には初回入荷でお届致しますが、

今からご予約の方は2回目の入荷となってしまうかもしれません。

 

 

追伸

明日はワッツアップの発送日です。今月のオススメはアルテミスグリーンと新型ポルシェ991…..

おたのしみに!

 

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 9月 20 2011 » 0 comments

9月18日更新 Dスタイル新製品入荷しました。

いつもありがとうございます。早くも9月半ばがすぎてしまいましたが、まだまだ残暑厳しい日が続いております。
さて本日は人気のDスタイルシリーズから新製品が入荷しました。
 
 


 
 

FW14のマンセルです。原型からデカールまですべてロムファウトリーで製作しております。
 
ノンスケール(チョロQと同等サイズです)でディフォルメを効かしたゆるキャラ!?仕様のDスタイル。
あそび心満載のモデルです。しかしながら作り手のこだわりはしっかり反映されています。
 
実車に忠実なわけではないのですが、そのマシーンが持つ雰囲気をよく表していると思いますよ〜。
 
巧く言葉で表現することができないのですが、ようするにモデル化するマシーンに対する作り手の愛があるわけです。
 
今回のFW14、このスケール(ノンスケールですがほぼちょろQサイズです)での塗装の塗り分けはまさに職人技。
1/43や1/20スケールのフラットアウトのきちっとした精密感と対局のモデルですが、なんとモデラーさんは同じなんですよ〜。
もう何十年とお付き合いしている専属モデラーさんですが、
(名前を出せば知る人ぞ知るモデラーさんですが、本人が望まないのであえてロムファクトリーと申しております。)
突如として模型の神様が降りる瞬間があるらしく、今迄数々の名作が生まれております!
 
模型の神様、週一ペースで光臨してくれへんかなぁ……..『それじゃあ身ががもたん!』とモデラー氏の声が聞こえてきそうですが ……
 
本日もありがとうございました。

romuhonten in F1 on 9月 18 2011 » 0 comments

9月16日更新 マテル 1/43 フェラーリ150°のサンプルが入荷しました。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

本日、マテル 1/43 フェラーリ 150°のサンプルが入荷してきました。

 

 

今年のモデルは、ロムお得意のデカール加工ができないわけなのですが(泣)、

 

 

それでも開幕戦仕様、『かんばれ日本 日の丸』ロゴ仕様を発売するつもりで準備していました。

 

 

で、本日入荷してきたモデルサンプルをみて、ガガーン!

 

 

なんとフロントウィンドステイが再現されていないではないですか!これではデカールを貼るスペースがない!

 

 

 

 

でも、今年のフェラーリはずっとフロントウィンドウステイが付いているはずなんですが…..

 

 

ショーカーって訳ではないですし、F10を使い回した??

 

 

でもシャークフィンはちゃんと再現されているのに!!

 

 

ちょっとショックですね。

 

 

でも他の仕様は発売予定ないし、このモデルで妥協するしかないのでしょうか?

 

 

エリートシリーズの発売もありますが、

 

 

マテルの戦略としてエリートは後々になるでしょうし

 

 

やっぱり今年のモデルは今年中に入手したいですよね……

 

 

ウ〜ん。昨年のF10のクオリティが少しだけアップしたかなと思っていただけにすこし残念です。

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 16 2011 » 1 comment

9月14日更新 ヴィジョン 1/43 ポルシェ956ロスマンズ デカール貼付け定価据え置き

 

 

こんばんは。

 

 

先日発売になりましたメイクアップさんの新ブランド

 

 

ヴィジョン1/43ポルシェ956ロスマンズ貼付け加工品が入荷してまいりました。

 

 

塗装つやも良く、よく出来ていますね〜。

 

 

スパークやHPI、ミニチャンプスから発売していましたが、

それらと比べると紺色がやや明るいですね。

 

 

メイクアップさんに言わせると、写真でみると濃紺に見えますが、

このやや明るい目の色が正しいのだとか。

 

 

 

 

このクオリティで2万を切るとは脅威的。

 

 

ハンドメイドの完成品はクオリティはそのままで価格を押さえたモデルが増えてきた反面、

 

 

ダイキャストの世界はのきなみ値上げ。

 

 

いつのまにか通常品が7千円台に突入してしまいました。

 

 

一体このままいくとどうなるのか??

 

 

ダイキャストモデルの台頭とともに姿を消していった1/43キットの世界が

 

また復活しないかぁなんておもう今日この頃。

 

 

そもそもキットでしか発売されないような車種までミニカー化され、

しかもキットより安価な完成品に皆の心が動いたのは当然のことだったのですが、

ここまで価格が高騰してくると、欲しいモデルをキットから作ってみようかなぁ

なんて思うかたも出て来るのでは?

 

 

プロバンスやスターター、復活してくれないかなぁ。

 

 

ただし当時のクオリティのままでは目の肥えた皆様の心は掴めないでしょうけど……..

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 14 2011 » 0 comments

        Older Articles