趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

3月15日更新 模型用パーツだけがパーツじゃない

 
 
こんにちは
 
本日は、模型製作についてお話したいと思います。
模型は作らないよって方も是非、読んでみてください。
参考になるとおもいます。

ロムが模型を製作する際に
ちょっとしたディディティールアップによく使う道具があります。
 
それは、
 
 
インセクトピン
 
です。
 
このピン、実は昆虫採集の標本に使うピンです。
よく、蝶々の身体や羽に刺してあるアレです。
 
こらが実に使い勝手がいいんです。
 
イメージとしてはこんな感じのピンです。

使う用途として主にアンテナとカウルのピン打ち・リベット表現です。
 
アンテナに使う場合はスケール問わず使います。
一番小さい D-スタイルで使うとこんな感じ。

 
 
膨らんだ部分を根元にして再現したり、頭にして再現したり、
はたまた膨らんだ部分をさらに大きくなるよう加工して
こんな表現だってできます。

 
切断して曲げて、ピトー管ってのもアリです。
 
 
さらに便利がいいのがリベット表現。
 
通常、一般的に他社メーカーさんから発売されているようなリベットは
軸の部分が短いので接着に結構気を使います。
 
 
しかーーーし、
 
このインセクトピンは、軸が長いので差し込み易い。
差し込んだ後は、裏から接着剤で固定してニッパーで切り落とすだけ
で簡単に表現できます。
 
ボディ本体や、こんな具合にウインドウシールドの表現でつかいます。

 
ここで間違ってはいけないのがキットを一から組むだけに使うわけではなく
出来合いのミニカーにだって使えるということです。
 
マテルのF1ミニカーのアンテナを差し替えるだけで
驚くほど見違えるミニカーになります。
 
実際の作例画像がごよういできないのが残念きわまりないんですが、
お客さまの中にはもっぱら差し替えてるかたも多々おられます。
 
 
簡単な工作でワンラク上のモデルをつくることのできるパーツ、
それがインセクトピンです。
 
ぜひ、皆さんもお手持ちのミニカーグレードアップの際にはご利用ください。
 
本日よりHPのショッピンカートからでもご注文いただけるようになりました。
 
 

romuhonten in 日記 on 3月 15 2012 » 0 comments
Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments