趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2012

4月30日更新 超絶! モデルファクトリー ヒロ 1/12 ロータス79 その1

 昨年末発売されたモデルファクトリー ヒロの1/12 ロータス79は同社初の1/12フルディティールキットであること、そしてなにより金属を初めとする素材の質感を生かした超リアルな仕上げが可能になると言うことで発売前から話題になっいていました。1/12の79のフルディティールキットがリリースされるのはこれが初めてではなく以前、イタリアのMGモデルプラスが発売していました。発売当時としては妥当なクオリティを持ったキットだったのですが、モデルファクトリー ヒロから79が発売されたことにより完全に過去の遺物となってしまいました。やはりモノコックがレジンだったのがマイナスですね。いくら金属っぽい塗装をしたところでヒロのメタルのモノコックのリアルな質感にはとうていかないません。ヒロのキットはこのリアルな質感の追求が隅々まで徹底しているのが本当にスゴイ。

 今回、このキットをロムファクトリーで製作することになりましたので数回に分けて詳細画像を掲載したいと思います。ただ、いわゆる製作記とはちょっと違う物になると思います。完成すると見えない部分までキットはしっかり再現され、それをモデラーの柴原が手抜きせず丁寧に作り込んでいることがわかる様な詳細画像を掲載していくつもりです。一般的な製作記はモデルカーズ誌 No.192オートモデリング Vol.26に掲載されていますのでそちらを参考にしてください。とりあえず第一回は「おおざっぱな仮組」です。

軽く全体のバランスをチェック、プロポーションも良好、大きな問題はないようだ。
完成後リヤウイングの脱着がやりやすいように今回ボディとリヤウイングに極小の強力磁石をを埋め込んでみた。ウイングはレジン製で軽量なので磁石の吸着力でも問題はなかった。 完成後ディスプレイケースに固定するためネジ止めの6角ナットを埋め込みハンダ付けした。
キットはモノコックとエンジンブロックはボルト1本で固定するようになっているが強度を考え2点止めにしています。 モノコック、エンジン共にメタルで非常に重量があるため接合部にかかる負担は大きい。地方に発送する場合もあるので強度は重要です。 今度エンジン単体のキットが発売になるだけあって実にリアルなDFVエンジンです。

こちらはフラットアウトシリーズのロータス72Cです。エブロ初のプラモデルをベースにしています。イタリアGP予選中の事故で帰らぬ人となったヨッヘンリント、ライバルのジャッキー・イクスはシーズン最終戦を終了しても合計ポイントでリントを上回ることができず、リントはF1史上唯一死後にチャンピオンを獲得したドライバーとなりました。この年リントは5勝を記録してしていますが、旧型の49Cで勝ったモナコGP以外は72Cで勝っています。しかもオランダ、フランス、イギリス、ドイツGPは4連勝という圧倒的強さでした。この年リントの合計ポイントは45点、優勝すると9点、5勝で45点! つまり車が壊れ図まともに完走すれば絶対勝つという圧倒的強さでした。今回のフラットアウトの72CはイギリスGPで製作しています。
FL249 フラットアウト 1/20 ロータス 72C フォード イギリスGP 1970 Winner ワールドチャンピオン J.リント 20台限定 \39,800

明日はロム全店休業となります。よろしくお願いします。

romuhonten in 未分類 on 4月 30 2012 » 0 comments

4月29日更新 GW 始まりましたね〜。カレンダーどうり営業しております。

 

世間がすっかりGWモード。

 

通勤途中の風景、皆さんの表情がウキウキしているのがわかります。

 

ロムは GWも普通に営業しております(泣)

 

でも、遠方からのお客様がいらっしゃったりなんかして、

嬉しい出会いもあるから、いいんですけど。

 

皆様なかなかシャイな方が多いのか名乗ってくださらないのですが、

例えば、お支払いの際のクレジットカードのお名前で、

ピーンとくることが多いので隠しても無駄ですよ(笑)

 

お気軽に話しかけていただければと思います。

 

何か良い事あるかもしれませんよ!?

 

ちなみに5月1日(火曜日)は定休日になりますのでお間違えなく!

 

 

さて、明日から本店ブログで連載が始まります!

 

題して 『1/12 ファクトリーヒロ ロータス79 』

 

当店モデラー 柴原安樹氏による、フルディティールの超絶キットの製作日記を連載形式でご紹介します。

 

 

ご期待ください!!

 

romuhonten in 未分類 on 4月 29 2012 » 0 comments

4月27日更新 フラットアウト & F1モデリングコラボモデル、フェラーリ 150゜イタリア イギリスGP予約受付中。

 F1モデリングが創刊されたのが1999年でした。F1製作の資料になる雑誌という前例のないコンセプトでしたが、モデラーからは非常に好意を持って迎えられました。と言うのも発行していた山海堂は古くはオートテクニックというレース雑誌を発行し、鈴鹿でF1が初開催され、中嶋悟が日本人に初のフル参戦ドライバーとなった1987年、日本初のF1速報紙「GPX」を発刊したモータースポーツに造詣が深い出版社だったからだ。インターネットがまだなかった時代レース後その週に発行される速報誌はF1ブームを大いに牽引したものです。山海堂は最新のマシンのみならず過去のマシンについても豊富な資料を持っていたのてモデラーが知りたい部分がしっかり掲載されていて非常に重宝した。しかし、2007年12月、35号の発行を目前にして山海堂は倒産してしまいました。F1モデリングもこれまでかと思われたのですが、復刊を求める声は多く、その声に押される形で元のスタッフが結集し、出版社を現在の東邦出版に変え半年後に見事復刊され今月遂に50号という節目を迎えることになりました。今後も末永く続いていって欲しいものです。
 今回の50号発行を記念していくつかのショップが限定モデルを企画していますが、当店はF1モデリング編集の方と話し合った結果フェラーリ 150゜イタリア イギリスGP Winnerを10台限定(シリアルナンバー入り)で製作することにいたしました。2011年フェラーリが挙げた唯一の勝利です。フラットアウトは通常30台製作いたしますが今回は10台のみの製作とさせていただきます。

romuhonten in 未分類 on 4月 27 2012 » 0 comments

4月26日更新 宮沢模型特注スパーク1/43 ティレル020C 片山右京 キャビン加工品ご予約受付中!

 

こんにちは。

 

本日宮沢模型さん特注のスパーク ティレル020C 片山右京の南アフリカGP  が入荷しました。

 

いつも大人気な宮沢模特注モデル。

 

日本のコレクターの皆様のツボをついたモデルばかり発売されるのですが、

おそらく担当の方、相当なマニアなのでは!?とにらんでおります。 

 

ただ今回、非常に残念なのが、通常スパークなら添付されるであろう秘密のシールがついていません!!

 

『なぜだ〜??日本のみの発売ですし、あらかじめキャビンが付いていてもよさそうなものなのに…..。」

 

せっかく、良いアイテムなのにこのままではあきらめきれません。

 

今後市販メーカーでデカールが発売される可能性もあるでしょうが、それまでまってられない!

と、いうことでどうにか致します!(日本語 変?)

 

とりあえずサンプルのみできあがりましたので、本日よりご予約受け付け開始です。

 

価格は9800円となりますが、断然キャビンが付いた方がカッコいいですよね!

 

よろしくおねがいいたしま〜す!!

 

romuhonten in F1 on 4月 26 2012 » 0 comments

4月25日更新 レースランド特注スパークモデル入荷しました

 

こんにちは。

 

本日は特注スパークのご案内です。

 

ドイツのショップなのですが(カーティマさんではありません)

レースランドというドイツの老舗ショップです。

 

弊社とは十数年まえからお付き合いがあるショップさんなのですが、

今年のトイフェアで初めて顔をあわせました。

 

その時に紹介してもらったのが今回の特注モデルです。

 

1/43 ポルシェCK5 クレマーレーシングKrafft Walzen DRM ノリスリンク1983 限定300台 8500円

 

 

レースランドゴールドエディションと名付けられたこのシリーズ。

 

今後は人気のイエガマイスターもラインナップに控えております。

(ポルシェではありませんが初モデル化アイテムです!後日発表いたしますのでおたのしみに…..)

 

romuhonten in 未分類 on 4月 25 2012 » 0 comments

4月23日更新 タメオ フェラーリ 150゜イタリア モナコGP入荷。

 バーレーンGPは予想通りの激戦になりましたね、今回のレースを盛り上げてくれたのがマクラーレンではなく、ライコネンの激しい追い上げ追い上げだったのは予想外でした。もしも予選11位に沈んでいなかったらな〜と思ったのは私だけではないでしょう。2009年イタリアGP以来の表彰台です。これでかつての速さは全く衰えていないことが証明されました。これまで4戦終わってすべて違う優勝者が誕生しています、5人目の優勝者になるのはライコネンかもしれませんね。
 中国GPではメルセデスエンジンが表彰台独占、しかし、今回はルノーエンジンが表彰台独占、今期のシャーシに差がないけどコースレイアウトによるエンジン特性による差がけっこう目立つシーズンになるのかもしれません。
 今期表彰台はまだないのにランキング3位につけているドライバーがいます。ウエーバー! なんと、4戦連続4位、周りで熾烈なバトルがあろうと雨が降ろうと晴れようと常に4位をキープしているというのはけっこうスゴイことかも・・・・。
 今日、タメオの新製品フェラーリ 150゜イタリア モナコGPが入荷いたしました。優勝はなりませんでしたが、レース終盤ベッテルを猛追し2位になったレースでした。以前のタメオのメーカー完成品は中国生産のレジン製でしたが、現在はホワイトメタル製で生産もイタリアで行っています。持った時に適度な重量感があるのが良いですね。タメオか以前イタリア生産していた時にはデカールの上にクリアーコートしていなかっのですが、現在はすべてクリアーコーとされています。僅か233台限定の限定ですのでお見逃しなく。

PS. 明日は梅田本店、レンタルケース店は定休日ですが、日本橋店は営業しております。

romuhonten in 未分類 on 4月 23 2012 » 0 comments

4月22日更新 トロン 1/18 レジン完成品フェラーリ 512 BB ルマン 1978 N.A.R.T.入荷

いや〜見応えありましたね予選。今年はタイム差が縮小しているのでワンミスが命取りになります。今回シューマッハは残念でした。1回目のタイムでQ1は通過できるとチームは判断したんでしょうが完全に見誤りましたね。タイヤ温存のための作戦なのでしょうがまさかQ1落ちは予想外でした。今季のシューマッハはレース展開に恵まれていませんが、平均予選順位は全ドライバー中トップだったんですから。でもタイムを見てみるとなんとトップのペレスから18位のシューマツハまでわずか1秒の間にひしめいています。ボーダーラインの見極めが去年以上に難しくなっており非常に緊張感を持って放送を見ることが出来ます。今回はマクラーレンの判断が良かったです。15位と16位でタイヤを温存しつつQ1通過です。このタイヤ温存が最後のQ3で効いてきます。フリー走行でセッティングに苦しんでいたわりには結局予選2位、4位に付けることができましたからね。最後のQ3もまた激戦でした。ポールのベッテルから7位のグロジャンまで0.5秒の差しかありません。決勝も激戦必至です。今季は3戦して優勝者が3人、4人目の優勝者が誕生するのか2勝目を挙げる者が出るのか決勝も楽しめそうです。
トロンから1/18の魅力的な新製品が入荷しました。北米でフェラーリディーラーを営み自らもレーサーとしてN.A.R.T.(ノースアメリカンレーシングチーム)を運営するルイジ・キネッティが1978年のルマンで走らせた512BBです。1/18ではおそらく初のモデル化だと思います。ノーズを延長してロングノーズ化してオーバーフェンダーが張り出したボディプロポーションも文句なくカツコイイのですが、このマシンで注目して欲しいのはリヤウイングです。何処か見たことがある形状だと思いませんか。 そう、F1のフェラーリ312T3のフロントウイングをそのまま装着しているんです。ある意味フェラーリ純正品といえるだけに全く違和感なくしかもカッコよく見事に512BBのボディにマッチしています。

PS. う〜ん得意のコースでもダメでしたね、マッサ (;_;)。

romuhonten in 未分類 on 4月 22 2012 » 0 comments

4月21日更新 フェラーリ 150゜イタリア シンガポールGP入荷

 開催が危ぶまれていたバーレーンGPも無事開催かと思われていましたが、フォースインディアのクルーが火炎瓶が飛び交うデモ隊と警官隊の衝突現場に遭遇しと言う怖い話も入ってきています。無事決勝レースが迎えられるんでしょうか・・・・・・
 フリー走行1日目、初優勝で一皮むけたロズベルグがトップですね。遅咲きでもマンセルのように初優勝を果たした後急に勝ちまくると言うことがあるので要注目です。ちなみに父のケケ・ロズベルグは1982年初優勝した年にチャンピオンとなっています。歴史は繰り返すと言うこともあるので今年のニコからは目が離せません。
 マレーシアで奇跡の今季初優勝を果たしたとはいえフェラーリは相変わらず調子はあがらないみたいですねぇ。今回のバーレーンGP、フェラーリの目玉はズバリ、マッサです。「何をアホなことを」と言われるかもしれませんが、思い出してください。マッサは2007年、2008年と2連勝していて得意にしているコースなんです。ここぐらいはアロンソと同程度の速さを見せないと本当にシーズン中の解雇もあり得ます。がんばれ〜!
 さて、BBRの新製品フェラーリF150゜イタリア シンガポールGPが入荷しています。唯一の市街地レースという事もあって、BBRは毎年ディスプレイケースにシンガポールの街並をプリントしているのですが、今年はちょっと凝っています。バックをブラックにしてナイトレースである事をうまく表現しています。今回は通常版の他、レザー台座のプレミアムシリーズも数台入荷しています。お見逃しなく。

romuhonten in 未分類 on 4月 21 2012 » 0 comments

4月20日更新 ドイツのみで完売した 1/43 ボクスターE 少しだけ入荷しました

 

こんにちは。

 

3日ぶりの更新で少し間があいてしまいました。

 

上のほうから本店のサイトだけブログ更新されてないけど〜と

かる〜くイヤミを言われてしまいましたので今日こそ更新せねば(笑)

 

文章を書くのは嫌いではないのですが、私こう見えても結構ナイーブなんです(!?)

 

ブログって結構自分が思ってる以上に色々な方に見て頂いてるようで、

 

なんか色々考えだすと、なにも書けなくなってしまうことが時々あります。

 

まぁお酒でも飲んで寝れば大抵の事は忘れてしまうんですけど…….

 

 

さて 本日のご案内は ドイツ国内だけで完売してしまったミニチャンプスのディーラーモデル、

 

1/43 ボクスターE 限定2000台 シリアル付きモデル 9800円

 

ボクスターEとはボクスターのEV仕様と言う意味で、

プロトタイプとして実車は3台しか製作されていないモデルだそうです。

 

昨年のトイフェア開催中、カーティマさんに合うためにポルシェのお膝元シュツットガルトに赴いた際

偶然目撃いたしました。

 

実車は現行のポルシェより一回り小さいような気がしたのですが、

しかしスゴい存在感があってカッコ良かったです。

 

マルコさん(カーティマの社長さんです)も一緒にその場に居合わせたので、

『これ、スゴくカッコいいから特注モデルを作ってもらえないかなぁ?』

 

と言いましたところ『多分、ポルシェ自身がミニカー化するから無理。』

とあっさり言われてしまったのですが、それが今になって発売されたわけです………

 

 

ミニカー的には 先日おすすめいたしました918RSRの22号車と一緒に並べて頂ければ素敵かと思うのですが……….

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 20 2012 » 0 comments

4月16日更新 F40 クロームブルー!?

 

こんにちは。

 

昨日のF1ですが、 う〜ん 残念でした。

 

可夢偉選手を応援していたのはもちろんなのですが、

個人的には実はそれ以上にシューマッハの活躍を期待していたのですが……

 

毎回予選ではいいポジションまで行くのに、運がないといいますか…..

 

でも、レース展開としては昨年のレッドブルの一人勝ちみたいな感じではないので

面白いですけれども。

 

さて今日は、ロムファクトリーから1点もののご案内。

 

1/43 F40 クロームブルー ! 

 

綺麗な色ですけどこんな色のF40存在するの?ですって?

 

はい、存在するんです。

 

 

 

この動画の F40を忠実に再現したわけではありませんが、

モチーフにしてロムファクトリーが製作しました。

 

BBRのキットベースですが、あちらこちらと改造しており、

いろんなキットをばらしてパーツどりしてしまったので、

1台しか作れないのです……..     しかしすごい存在感あるモデル。

 

奇抜なカラーも上品にカッコ良く見えるのはさすがF40です。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 16 2012 » 0 comments

        Older Articles