趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Daily Archive for 4月 22 2012

4月22日更新 トロン 1/18 レジン完成品フェラーリ 512 BB ルマン 1978 N.A.R.T.入荷

いや〜見応えありましたね予選。今年はタイム差が縮小しているのでワンミスが命取りになります。今回シューマッハは残念でした。1回目のタイムでQ1は通過できるとチームは判断したんでしょうが完全に見誤りましたね。タイヤ温存のための作戦なのでしょうがまさかQ1落ちは予想外でした。今季のシューマッハはレース展開に恵まれていませんが、平均予選順位は全ドライバー中トップだったんですから。でもタイムを見てみるとなんとトップのペレスから18位のシューマツハまでわずか1秒の間にひしめいています。ボーダーラインの見極めが去年以上に難しくなっており非常に緊張感を持って放送を見ることが出来ます。今回はマクラーレンの判断が良かったです。15位と16位でタイヤを温存しつつQ1通過です。このタイヤ温存が最後のQ3で効いてきます。フリー走行でセッティングに苦しんでいたわりには結局予選2位、4位に付けることができましたからね。最後のQ3もまた激戦でした。ポールのベッテルから7位のグロジャンまで0.5秒の差しかありません。決勝も激戦必至です。今季は3戦して優勝者が3人、4人目の優勝者が誕生するのか2勝目を挙げる者が出るのか決勝も楽しめそうです。
トロンから1/18の魅力的な新製品が入荷しました。北米でフェラーリディーラーを営み自らもレーサーとしてN.A.R.T.(ノースアメリカンレーシングチーム)を運営するルイジ・キネッティが1978年のルマンで走らせた512BBです。1/18ではおそらく初のモデル化だと思います。ノーズを延長してロングノーズ化してオーバーフェンダーが張り出したボディプロポーションも文句なくカツコイイのですが、このマシンで注目して欲しいのはリヤウイングです。何処か見たことがある形状だと思いませんか。 そう、F1のフェラーリ312T3のフロントウイングをそのまま装着しているんです。ある意味フェラーリ純正品といえるだけに全く違和感なくしかもカッコよく見事に512BBのボディにマッチしています。

PS. う〜ん得意のコースでもダメでしたね、マッサ (;_;)。

romuhonten in 未分類 on 4月 22 2012 » 0 comments