趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 6月 2012

6月29日更新 特注スパーク入荷&特注ミニチャンプスご予約受付開始

 いつもありがとうございます。本日、急遽特注スパークのポルシェ 911GT3R マットブラックが入荷してきました!

 

 

 そういえばひと昔まえ、マットブラックのミニカーがブームになり、なんでもマットブラックにしてしまえ的な事ありましたよねぇ。

某メーカーさん特注のミウラのマットブラックとか本来あり得ないのですが(笑)

今回、久しぶりに1/43でマットブラックのミニカーを見た気がするのですが、やっぱりカッコいいですよね…..

このGT3Rには似合っていると思います。300台限定の特注品なのですが、今回けっこう若いシリアルが入荷していまして

一桁台も数台入荷していますよ!(ご注文の順番で出荷いたします)

 

もう一台ご案内したいのは、これまた特注ポルシェで、ミニチャンプス製になります。ポルシェ911(997 II)ターボ S ホワイト

こちらはドイツのショップ特注品になります。

 

 
ただの色替えだと触手は動きませんが、このモデルは後期型です。前期型の3.6リッターツインターボで480馬力から3,8リッターツインターボで500馬力になった後期型です。 ターボSのロゴとブラックホイール、なかなかセンスよく仕上がっていて思わず欲しくなるモデルです。

そうそう、先日のブログでもご紹介したアウディ特注TT-RSかなりご反響いただいています。ご予約必至です!

本日もありがとうございました。

romuhonten in 未分類 on 6月 29 2012 » 0 comments

6月27日更新 アウデイ TT RS GT3のカッコ良さにクラクラ

 今日はドイツからいいネタが入ってます。市販車ベースのアウディのレーシングカーと言えばまず思い浮かぶのがR8 LMSですが、TT RSにもめちゃくちゃカッコイイレース専用車があるんです。TT RS GT3、大きく張り出したオーバーフェンダー、後方に長く伸びたリヤウイング、R8 LMSよりもカッコイインではないでしょうか。スーパーGTのGT300クラスにも出てくれませんかね〜。このTT RS GT3がアウディ特注でモデル化されます。プレス仕様とレース仕様の2種類があります。ただいま予約受付中です。
 

5011100313 アウディ特注 1/43 アウディ TT RS 「Audi sports customer racing」 \7,800
5021100323 アウディ特注 1/43 アウディ TT RS ニュルブルクリンク 2011 No.125 Ammemuller/Biela/Klingmann/Tomczyk \7,800
 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 27 2012 » 0 comments

6月25日更新 ルックスマートからロータス エキシージ Sが発売

8人目の優勝者は残念ながら出ませんでしたねぇ。今期初の2勝目を挙げたのはアロンソ、レースのほとんどを支配していたベッテルのトラブルはあったとはいえ予選11位からの追い上げは見事でした。予選11位に沈んだとは言え今年のF1は上位のタイム差が非常に少ないので決勝のペースが速ければ十分上位にもいけると言うことですね。タイトル争いのライバル、ベッテルとハミルトンはリタイヤに終わったのが痛いですね。アロンソは20戦連続ポイント獲得と言う超安定したドライバーですから。トラブルを起こさない走り、クラッシュに巻き込まれない走りというのができるんでしょうね。それに引き替え残念なのが可夢偉、スタート直後にアロンソの遙か先の4位にまであがって大いに期待したのですが、ピットのドタバタがあったとは言え2度の接触でリタイヤ。しかも次戦5グリッド後退のペナルティ。これでは来期のシートも危ういかも・・・・
 アロンソの優勝と同じくらい話題になっているのがシューマッハの3位、カムバック後初の表彰台、遅すぎたくらいですが、本当に久しぶりに見る表彰台に立つシューマッハ、とてもうれしそうでした。やっぱりこの人には表彰台がよく似合います。アロンソ、ライコネン、シューマッハ、何とも豪華な表彰台でしたが、今度は是非その真ん中に立ってもらいたいものですね。

 

 本日ルックスマートの新製品が入荷しました。ロータス エキシージ Sです。同社初のロータスですが、今後は色々とモデル化していくと言うことなので楽しみです。

 2011年フランクフルトモーターショーで発表されたエキシージ Sは僅か1,080kgの車体に350psのV6エンジンを積む辛口ライトウェイト・スポーツです。エンジンは上級モデルの「エヴォーラ」と同じトヨタ製3.5リッターV型6気筒「2GR-FE」型を搭載する。ハロップ社製スーパーチャージャー(イートン社のTVSを使ったもの)で過給され、350psの最高出力と40.8kgmの最大トルクを発揮。V6エンジンを積むことによって旧型よりも150kgほど重くなったとはいえ、車両重量は1,080kgに留まる。ということはパワー・ウエイト・レシオを計算すると僅か3.08kg。これはポルシェの「911ターボ」や「911 GT3」より優れた数値なんです。この高性能を発揮するパワー・ユニットとシャシーに合わせて、ボディも特に空力面が見直された。フロントにはスプリッター・タイプのスポイラーが採用され、リア・ウイングも新たにデザインされています。次作はエキシージ S ロードスターが決定しています。ホワイトの方は2011年フランクフルトモーターショーに出展された時の車を再現しています。

 

LSLT01A 1/43 ロータス エキシージ S フランクキフルトモーターショー 2011アイスホワイト (パールホワイト) 59台限定 \15,120
 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 27 2012 » 0 comments

6月23日更新 ベロフコレクション&ボブウォレックコレクション新製品同時入荷!!

 

こんにちは。いつもありがとうございます。

 

待望のベロフコレクションとウォレックコレクションの最新モデルが入荷してまいりました!!

 

まさか同時入荷してくるとは、ベロフコレクションお集めの皆様はほぼ100%で

ウォレックコレクションもお集めなのでお財布には厳しい!?でも共に、久々の新製品です。

 

この2台に関しましては以前のブログにも書きましたので今回あえて言及いたしませんが、

このモデルと共にぜひともお読みいただきたいのが

MS-Models Vol.08 『ポルシェ・ポルシェ・ポルシェ! 歴史に裏打ちされた圧倒的ブランド』

 

そして

 

レーシングオン Vol.459 『ポルシェ 956 後世に語り継ぎたい名レーシングカーPart3』です。

 

車の背景がわかると、コレクションする面白さに深みが増しますね!

 

話は変わりますが本日、スパークの2012年カタログが入荷してまいりました!

 

日本ではなんと初めて発売されます。

 

カタログ自体はずいぶん前から存在したのですが、なぜか国内は販売用としては入荷せず……

 

毎年、色々なルートから入手していたのですが、とても皆様にお分けできる冊数まで

そろえることができませんでした。

 

今年のドイツのトイフェアで運良くスパークの社長さんとお会いできた際に、

日本のコレクターの皆様がカタログの販売を凄く望まれていると伝えました。

 

そうしたら日本でカタログを販売していない事、どうやら知らなかったらしく驚かれていましたが、

 

その事が、伝わったのかな …..? と、言う事にしておこう!(いえいえ、ホントの話です。)

 

そうそう、カタログのみご注文でしたら、メール便なら全国一律送料80円でお届できます!

(除く 代引き決済)

 

宜しくお願いいたしま〜す!

 

romuhonten in 未分類 on 6月 23 2012 » 0 comments

6月22日更新 フラットアウト 1/20 ザウバーC30予約受付中

 ヨーロッパGPが始まりました。8人目の優勝者が出るのかが非常に気になりますね。開幕から7人異なった優勝者が出たのは新記録ですが、異なる優勝者の連続記録となると9人連続という記録が2度あります。まだ年間レース数が少なかった時代の1961年第4戦から62年第4戦までほぼ1年間異なるドライバーの優勝が続きました。そこに名を連ねたドライバーはバゲッティ、トリップス、モス、フィル・ヒル、アイルランド、グラハム・ヒル、マクラーレン、クラーク、ガーニーとそうそうたる面々ばかりでした。そして2度めは1982年第6戦から第14戦でです。パトレーゼ、ワトソン、ピケ、ピローニ、ラウダ、アルヌー、タンベイ、アンジェリス、ロズベルグの9人が優勝しています。この中でパトレーゼ、タンベイ、アンジェリス、ロズベルグの4人は初優勝でした。この年は他にもプロストとアルボレードが優勝しており16戦で11人もの優勝者が出ると言う大混戦のシーズンでした。最多勝が2勝というまれに見る激戦を制したのはケケ・ロズベルグ、今シーズン息子が父に続けるのかも興味があります。
 ヨーロッパGP初日フリー走行はここで2連勝しているトップのベッテルから15位のマッサまでが1秒以内にひしめくという相変わらずの混戦模様となっています。可夢偉は3位につけていますので予選で上位に行ければ表彰台も夢ではありません。もし8人目の優勝者が出るとすればシューマッハ、ライコネン、グロジャンあたりが可能性ありそうですが、可夢偉やペレスの可能性がゼロではない今シーズン、勝負どころはピレリタイヤの使い方しだいとなるんでしょうね、きっと。

 フジミから発売されたザウバーC30をフラットアウトシリーズ完成品出発売いたします。予約受付中です。

 

FL251 1/20 ザウバー C30 日本GP 2011 小林可夢偉 限定20台 39,800円
 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 23 2012 » 0 comments

6月21日更新 ワッツアップ決算増刊号 編集中です…..

 

こんにちは。いつもありがとうございます。

 

6月ももうのこり僅か….1年も早くも半分おわったのですね。早いなぁ。

 

さて6月は弊社決算月なんです。

 

6月設立に特に意味はなく、顧問税理士さんが、たまたま6月決算の会社がなかったから

6月に決めたらしいのですが(マジで!?)

 

なにはともあれ、私たちにとっては年度末、締めの一月でございます。

 

この一年も皆様のおかげで、商いさせていただくことができました。

 

スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

さて、突然ではございますが、この1年間でのロムウェブショップ

 

『人気モデル ベスト5』 

 

を発表したいと思います。

 

第一位 HPI×エブロ マクラーレンF1GTR 1996JGTC デカール加工 60号車 

 

第二位 レーヴ ロータス99T 1987日本GP 中嶋悟  デカール加工

 

第三位 HPI×エブロ マクラーレンF1GTR 1996JGTC 61号車

 

第四位 レーヴ ロータス78 アンドレッティJPS デカール加工

 

第五位 カーティマ特注 スパーク ベロフコレクション ポルシェ956WECジャパン1984優勝

 

いかがでしょうか?  全部お持ちというお客様、かなりのロム通、すばらいしいですね!

 

表彰したいくらいです!!(笑)

 

ちなみに 5位のベロフコレクションは昨日から入荷し始めましたが、

なぜか毎日20個づつ荷物が届くので順番にご案内しております。

 

あと少しだけおまち下さいませ。

 

4位のロータス78はすでに絶版になってしまいましたが、

他のモデルはまだご注文いただけますよ!

 

以前イギリスの結構有名ショプの年度末の1年間のベストテンモデルの発表を見た事があるのですが、

 

なんと10位以内に1/43モデルが1台もありませんでしたよ!

 

ロムではたぶん1位から20位くらいまでしらべても全部1/43のレースカー

な気がしますが……. お国柄 いや ショップ柄ってあるのでしょうかねぇ。

 

さてさて、明日はワッツアップ決算増刊号の発行予定日です。(今日は皆、残業かなぁ……)

 

ちょっと、噂のMR製のあのモデルの案内が…..あるかもしれませんよ。 お楽しみに。

 

本日もありがとうございました。

 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 22 2012 » 0 comments

6月20日更新 1/24 マッドマックス インターセプター再入荷

エンツォフェラーリの後継モデルのスクープ映像がネットを賑わしています。ボディは偽装されているでしょうから実際に発表されるまでは詳細はわかりませんが、ピニンファリーナのチーフデザイナーが代わっているので先代エンツォとは大きく変わると思われます。エンジンはフェラーリも遂にハイブリッド化されるようですね。早ければ9月のパリショー、遅くとも来年3月のジュネーブショーでデビューと噂されています。10年ぶりに登場するスペシャルモデルですから期待を裏切らないスーパーモデルになんでしょうねぇ。きっと。発表が待ち遠しいです。

 

 

さて、ロムファクトリーの1/24人気モデル、マッドマックスに登場したインターセプターを再生産しました。プラモデルはご存じの通りトランクの部分が大きく切り裂かれたマッドマックス2仕様になっています。これをオリジナルマッドマックスのインターセプター仕様に改造しています。さらに今回は初回限定で付いていたメタル製のスーパーチャージャーを使用しています。やはり金属そのものの質感のおかけでかなりリアルに仕上がっています。

 

RF24MMI ロムファクトリー 1/24 マッド マックス インターセプター 49,800円

 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 21 2012 » 0 comments

6月18日更新 HPI マツダ787B 入荷しました

 

こんにちは。いつもありがとうございます。

 

久々のTV中継そしてトヨタ参戦で湧いたルマン、終わっちゃいましたね。

 

やはりアウディは強い!さすがです。

 

もちろんトヨタを応援していたのですが、けっこう早かったんだけどなぁ〜。

 

勝ちパターンの王道を外さないアウディには到底かなわない

と言うようなコメントされている方が多いですね。

 

車として注目していたのは、日産のデルタウィング。

 

奇抜な型ですが、私は凄くカッコいいと思いました。

 

中嶋一貴選手は、わざわざデルタウィングにぶつからなくてもいいだろうにねぇ……

 

まあ、今年のルマンの中で一番、ミニカー化してほしいマシーンですね。

 

おそらくスパークから発売になると思いますが、どちらかと言うとビザールから発売のほうが

しっくりくる気がするのは私だけ!?

 

さてルマン終了のタイムリーな時期に 伝説の車といっても過言でない

「MAZDA787B 91年 ルマン優勝車」がHPIから復活しました。

 

エンジン再現をそのままにディティールアップとリパッケージを実施。

 

初回モデルからの変更点は

「牽引フックのエッチング化」「リアカウル後方の金属パーツのエッチング化」

「リアカウルの一部を塗装からスタンプに変えより薄くシャープに見せる施工」

など細部のディティールUPが施されています。

 

この価格帯でこれ以上の商品はもうでてこないのではないかと思いますよ。

 

1/43 1/18とともに数々のメーカーが発売してきていますが、

結局 市場からなくなってしまうんですよね〜。

 

ラークマクラーレンと並んで、超人気のお化けミニカーといっても過言ではないでしょう!

 

romuhonten in 未分類 on 6月 18 2012 » 0 comments

6月16日更新 28億円のフェラーリ 250 GTOが1/18で発売に!

 いよいよ今夜ルマンの決勝がスタートします。予選はやはりアウディのハイブリッドが速くワンツーですが、トヨタもアンソニー・デビッドソンががんばって約1秒差の3位につけています。一周10数キロのコースで1秒ですから大きな差ではありません。中嶋一貴の乗る7号車も5位と健闘しています。予選6位までアウディとトヨタが独占していますので優勝はこの中から出るのではないかと思われます。久々の生放送、スタートが待ちきれません。

 
 さて先日、フェラーリ 250 GTOが約28億円で落札されたことが大きな話題になりましたが、まさにこのGTOが1/18スケールミニカーで発売されます。
 今回、世界で最も高価な自動車となったS/N 3505 GTの250 GTOは、往年のレーシングドライバー、スターリング・モス氏のために製作された1台。だがモス氏は1962年4月に事故で重傷を負って翌年レーシングドライバーを引退したため、この250GTOでレースに出場することはありませんでした。それでもこのマシンはその後何度か優勝を飾り、すばらしい記録を残していマス。1962年ネグッドウッドい゛おこなわれたツーリストトロフィーではイネス・アイルランドのドライブによって優勝しています。この淡いグリーン(ペールグリーン)とゼッケン15はこのときのものです。70〜80年代はレッドに塗られていましたが、1992年にオリジナルのカラーとゼッケンにレストアされました。また、2000年にはフェラーリのコレクターとして名高い松田芳穂氏の所有(当時はなんと4台の250 GTOを所有していた!!)となりましたが、その後オランダのビジネスマンに850万ドル(約6億7000万円)で売却されました。。そして今回のオークションで競り落としたのが米国のコレクター、クレイグ・マッコー氏。落札価格はなんと3500万ドル(約27億8000万円)だったと言うことです。約10年で10倍になると言う信じられない値上がりぶりですね。
 本モデルはイタリアのショップ、ラ・ミニ・ミニエラがブラーゴに特注したモデルでアクリルケース入りになります。ブラーゴは細部のディティールは京商のGTOには劣るもののプルポーションが非常に良いのが特徴です。

 

MMBU3011TT 海外ショップ特注 1/18 フェラーリ 250 GTO 1962 S/N 3505GT #15 アクリルダィスプレイケース付 ¥9,800
 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 16 2012 » 0 comments

6月14日更新 ロム特注 BBR 1/43 フェラーリ 599XX Evo ビアンコフジ入荷

 いよいよ今週末はルマン24時間レースが行われます。以前にも書きましたが、今年は久々に生放送が復活するので今からワクワクしています。下馬評ではアウディ有利とのことですが、テストデーのタイム差は少ないのでトヨタも速さでは負けていないと思いますし、事ハイブリッドに関してはトヨタも絶対負けられない戦いです。しかし、1999年以来参戦を続け磨かれたアウディのルマンで蓄積したノウハウは脅威です。そして何よりアウディを走らせるチームヨーストの実績を考えると現実は厳しいですねぇ。トヨタTS030を走らせるTMGは1999年が最後のレースで以後はF1に転向し耐久レースは13年ぶりですから。結果はともかく今年は速さでは負けていないと言うことだけを見せてもらえれば十分だと思います。

 今日、BBRに特注していたフェラーリ599XX Evo ビアンコフジが入荷しました。ビアンコフジと言われてもどんな色かわかりにくいかもしれませんが、これはフェラーリの市販車にもある色で日本の富士山をイメージした美しい光沢のパールホワイトです。赤レザーの上にのせられるととても映える色です。今回は20台の限定ですのでお早めに。
 
BBRC76GW ロム特注BBR 1/43 フェラーリ 599XX Evo 2012 ビアンコフジ(パールホワイト) 赤レザーベース 20台限定 \22,800
 

 

ドイツのポルシェ大好きショップ、カーティマさんからボブウォレックコレクション第4弾の案内が届きました。今回は日本のファンにもうれしい1990年JSPC富士500Kmレース仕様です。相棒は当時全日本F2にも参戦していたF1浪人中のジョニー・ハーバートでした。1990年当時はすでにニッサン、トヨタの方がポルシェ962を圧倒するようになっていましたがウォレックの武富士ポルシェは予選7位と健闘した物の決勝はリタイヤに終わっています。
 
CAWOL11カーティマ特注スパーク 1/43 ポルシェ 962 富士500km 1990 No.33 J.ハーバート/B.ウォレック 限定500台 価格は\9,990ですが、予約いただくと\8,990とお得になっていますのでお見逃しなく。
 

 

最後にパーツですが、ロム特注品が入荷しました。以前発売されていて人気の内に完売したモデルファクトリー ヒロの1/20ティレルP34用のレインタイヤを50個限定で再生産してもらいました。ティレルP34用のレインタイヤというと、最近フジミからオプションパーツとして発売されました。同じ1/20だしタミヤのP34にも使えるだろうと思っていたのですが、残念ながら合いません。リヤは良いんですが、フロントがダメなんです。フジミの方がタイヤのハイトが低くタミヤのホイールには内径が大きくブカブカでした。それと溝が浅いのも気になりましたのでモデルファクトリー ヒロさんにタミヤ用を特注いたしました。材質はレジンではなくゴム製です。50セットのみの限定再販ですのでお見逃しなく。
 
MFHEX000 モデルファクトリーヒロ 1/20 ティレルP34 6輪車用レインタイヤセット(タミヤ1/20対応) 50セット限定 \2,300
 

 

romuhonten in 未分類 on 6月 14 2012 » 0 comments

        Older Articles