趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Daily Archive for 10月 28 2012

10月28日更新 マンソリー アヴェンタドール「Carbonado(カルボナード)」予約受け付け開始

 マンソリー アヴェンタドールLP700-4はドイツのチューニングカーメーカー、マンソリーが今年のジュネーブショーで発表したランボルギーニアヴェンタドールベースのコンプリートかーです。
 
 先日予約受付を開始したばかりのメタリックレッドのジュネーブショーバージョンはあっという間に予約で完売してしまいましたが、今度は正式にリリースされたバージョンが発売になります。正式発表されたモデルの名前は、スペイン語で「Carbonado(カルボナード)」と名付けられました。これは「黒いダイヤモンド」を意味しているとのことです。凄味に効いたそのボディはまさに黒いダイヤモンドですね。買える人が羨ましい・・・・・
 
 ジュネーブショーの時よりもさらにパーツのカーボン化が計られており、もちろんホイールもカーボン製です。エンジンはエンジンマネージメントシステムとエキゾーストシステムの変更によって700psから764psにパワーアップされています。ロントスポイラーが別体となったフロントバンパー、やはりディフューザーが別体となった上、ユニークなエアアウトレットの造形を見せるリアバンパー、フロント50mm、リア40mmほど拡幅されたサイドパネル、リアウイングなどで構成された炭素繊維製ボディキット、21インチの直径の新作アロイホイール、カーボン製インテリアトリム、アルミニウム製ペダル、独自仕立てのレザーシートなど細部にまで手を入れられています。そしてこのアヴェンタドールはチューニングキットではなく完成車の状態で発売されるコンプリートなので登録上はランボルギーニの名前は入りません。ボンネットのエンブレムもよく見るとファイティングブルではなくマンソリーのエンブレムになっていますね。
 
 アイドロンが発売したオークリーデザイン LP760-2も十分にカッコイイのですがマンソリーは前後トレッドが拡大されてフェンダーが大きくふくらんでいるのでより凄味が出ていると思います。文句なしにオススメです。
 
MS08C 1/43 MANSORY (マンソリー) アヴェンタドール LP700-4 "カルボナード"マットブラック 限定60台 26,800円
 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 28 2012 » 0 comments

10月27日更新 エリック・クラプトン特注、フェラーリ SP12 EC予約受付中

レッドブル速し、まさにそんな予選でしたね。そして予選順位に見事に現在の勢力図が反映されています。1列目にレッドブル、2列目にマクラーレン、3列目にフェラーリがきれいに2台づつ並んでいます。ここ数戦の傾向がはっきりグリッドに色分けされています。もはや上位陣にシーズン前半戦のような混戦はありません。予選だけじゃなく3回のフリー走行でもベッテルはいずれもトップタイムを記録しているのでレースでも死角はなさそうです。フェラーリ危うし、ベッテルより上位でゴールすることが求められるアロンソには厳しいレースになりそうです。ベッテルに勝負を挑む前にまずマクラーレンの壁を何とかしないといけませんからスタートが勝負になりますね。

BBRよりエリック・クラプトンがフェラーリに特別注文した、世界に1台のフェラーリ、「SP12 EC」が発売されます。
このワンオフ・モデルは、フェラーリの特別注文製作モデルであることを表す「SP(スペシャル・プロジェクト)」の文字と、クラプトンが愛して止まない12気筒フェラーリに対する敬意を示す「12」という数字に、エリック・クラプトンの頭文字「EC」を組み合わせ、「SP12 EC」と名付けられました。
ボディのデザインは、フェラーリの社内デザイン・センターとピニンファリーナのコラボレーションによって実現したものだとか。クラプトンからの注文は、自身が最も気に入って3台以上を乗り継いだという、水平対向12気筒エンジンを搭載した1970〜80年代のフラッグシップ・モデル「512 BB」からのテイストを持ったモデルを作って欲しいという物だったそうです。ベースになったのは現行モデルの458 イタリアですが、出来上がったモデルはまさに512BBをイメージさせる物になっています。ヘッドライトがリトラクタブルでないのが残念ですが・・・・・
ウエスト・ラインで赤/黒に塗り分けられたツー・トーンのカラーリングをはじめ、フロント・フードのセンターに開けられたエア・インテークとそれを覆うルーバー、シルバーのフロント格子グリル、ルーフ・エンドに装着されたスポイラー、丸型テール・ランプとその間をつなぐブラック・アウトされたテール・エンドなど、SP12 ECには各部に512 BBから引用されたモチーフが見られます。価格は4億円に近いとか言われていますが、世界に1台の限定車を作ってもらえるのならば高くはないのかもしれません。
この魅力的なモデルが来年3月に1/18と1/43の両方発売されます。が今なら予約価格で予約受付中です。

<

BBRC106 1/43 フェラーリ SP12 EC "エリック・クラプトン" 2012 レッド/ブラック 18,900円 (予約価格17,010円)
P1860 1/18 フェラーリ SP12 EC "エリック・クラプトン" 2012 レッド/ブラック 49,800円(予約価格 44,820円)

 

romuhonten in 未分類 on 10月 28 2012 » 0 comments