趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 11月 2012

11月29日更新 ボブウォレックコレクション 最新モデルはマルボロポルシェの2台セットです!

 

いつもありがとうございます。

 

本日カーティマさんから、次のボウォレックコレクションのモデルの案内がきました。

 

多分、皆様いつ発売になるのか気になっておられたと思うマルボロのヨーストポルシェです。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、1983年のヨーストポルシェは、

 

レース中クラウスルードヴィッヒがスリップしカウルを壊してしまい、

 

急遽スペアのカウルを用意しレースに復帰したというモデル。

 

ちなみにクラッシュしながらも結果6位でフィニッシュしています。

 

このモデルが発売されるだろうとは思っていたのですが、

 

どの状態でミニカー化するのかと楽しみにしていたのですが、

 

さすがカーティマさん、2台セットで再現とはお見事です。

 

スタート時のロングテール仕様とレース中にカウルを破損し交換されたショートテールの

 

ゴール時仕様の2台を再現しています。

 

 

リヤカウル以外にフロントのヘッドライトカバーが異なっています。

 

普通ルマンはロングテールなのですが、ヨスートほどのチームがなぜか

 

ロングテールのスペアをもっていなかったのでショートテ−ルのカウルで代用したという、

 

ある意味伝説のモデルです。

 

人気のマルボロカラーですし、今年のミニカー人気ランキングベスト5には入るだろうモデルですので、

 

ご予約必至ですよ〜。

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

romuhonten in GT on 11月 29 2012 » 0 comments

11月26日更新 アロンソ、またしてもタイトル獲得ならず・・・・・

 遂に決着した2012年のタイトル争い。予想通り雨が波乱のレースを演出しました。タイトルがどちらに転ぶのかハラハラしながら見ていました。ベッテルはセナとの接触で最下位にまで落ちたのは想定外だったでしょう。並のドライバーなら焦ってミスを重ねてしまう物ですがよく持ち直したのはさすがです。マシンに大きな破損がなかったのがラッキーでした。過去に3連覇を達成したのは4連覇したファンジオと5連覇したシューマッハの2人だけ。ベッテルは25才にして早くも3連覇達成ですからね。すごいです。速い上にマシンも良い。レッドブルに乗っている限りシューマッハの5連覇を更新するのも不可能ではないでしょう。
 
 日本GPで0周リタイヤに終わり一気に苦境に追い込まれたアロンソですが、そこからの粘りの走りは感動的でした。レッドブルやマクラーレンに比べて戦闘力に劣るマシンで韓国GPからずっと表彰台に立ち続けたのですから。かつてアラン・プロストはそのレース運びの巧みさで「プロフェッサー」と呼ばれましたが、今のアロンソはそれを思い出させます。僅か3点差で敗れたわけですが、悔やまれるのはベルギーGPと日本GPでのもらい事故でのリタイヤですね。どちらかでまともにレースをして入れはタイトルはアロンソの物だったかもしれないので非常に残念です。アロンソが最終戦までタイトルを争いながら敗れたのは2007年、2010年に続いてこれがなんと3度目。アロンソの能力を考えたらちょっと信じられない結果です。来年はこそはぜひタイトルを奪還して欲しいるものです。
 

 タメオからレッドブル RB8が完成品でも発売されることが決まっていますが、来年2月以降になる見込みなので今日は惜しくも敗れたアロンソのF2012を紹介しておきます。発売を予定しているのはタメオとBBR。いずれも来月に発売が予定されています。今なら予約価格でご購入いただけますのでお見逃しなく。
 
TMB008 タメオ 1/43 フェラーリ F2012 マレーシアGP 2012 Winner F.アロンソ 287台限定 25,000円 (予約価格 22,500円)
 
BBRC103 BBR 1/43 フェラーリ F2012 ヨーロッパGP (バレンシア) 2012 Winner F.アロンソ 限定200台 21,000円 (予約価格 18,900)

 

romuhonten in 未分類 on 11月 27 2012 » 0 comments

11月25日更新 いよいよチャンピオン決定、タイトルはどちらの手に?

ブラジルGP決勝のスタートまであと数時間、今年は史上最多の20戦が行われたわりには1年が過ぎるのがすごく早かったような気がします。15点リードしている上に予選でもアロンソより上位につけたベッテルが今のところ有利ですが、アロンソも決してあきらめては以内でしょう。ワクワクしてレースが始まるのが待ちきれません。
 
前戦アメリカGPでアロンソより予選が上位だったマッサに必要のないギヤボックス交換をさせ、5グリッド後退のペナルティを受けさせ、アロンソを結果的に1グリッド上位からスタートさせました。今回もまた決勝直前になってこの作戦を行うのでしょうか。レギュレーションでそれを禁止する項目がないようですから合法なんでしょうが2回もやったら非難を浴びるでしょうね。それともマッサには今回は別のミッションが課せられているのかもしれません。「1コーナーでベッテルを撃墜せよ」とか・・・・・・・
 
 無事にスタートが切られたとしても心配なのは雨ですね。レース中に雨が降り出したらタイヤ交換のタイミングが勝負を分けることになるかもしれません。2008年マッサはレース終盤に降り出した雨のせいでほとんど手中に納めていたタイトルをのがしたのですから・・・・・
 

romuhonten in 未分類 on 11月 25 2012 » 0 comments

11月23日更新 タメオからフェラーリ 126CX発売決定。

遂にザウバーが来期のドライバーを発表。非常に残念な結果ですが、以前から噂されていたとおりメキシコ人のグティエレスの起用が決定してしまいました。我々日本人には納得しがたい結果ですが、スポンサーの意向とあればどうしようもありません。可夢偉に残された選択肢は決して多くありませんが、少しでも戦闘力のあるチームに移籍できることを祈るばかりです。ウイリアムズ、あるいはロータスに移籍なんてサプライズがおこることを期待しましょう。最終戦ではヒュルケンベルグやペレスより上位でゴールして意地を見せてもらいたいもんです。
 
最終戦にまでもつれ込んだチャンピオン争いも遂に決着がつきます。15点リードしているベッテルが有利ですが、何が起こるかわかりません。ベルギーや鈴鹿でアロンソを襲ったようなもらい事故がベッテルに起こらないとは言いきれません。三つ巴のチャンピオン争いとなっタ2010年は一番不利な立場だったベッテルが大逆転でチャンピオンを獲得したのですから。
 
フェラーリは1980年イタリアGPのプラクティスでターボマシン126Cをデビューさせました、しかし、この年はこれ一度きりしか走らせていませんでしたが、シーズンオフの間に開発を続け1981年は開幕戦からターボエンジンでの参戦となりました。ターボがギャレットからKKKに変更されたためかこのマシンは126CKと命名されました。フェラーリは当時ターボの他にスーパーチャージャーによる過給方法のテストも平行して行っていました。ターボのタイムラグを問題視していたためのようです。このスーパーチャージャーはコンプレックススーパーチャージャーと呼ばれる方式だったためこのマシンは126CXと呼ばれます。この126CXはロングビーチで行われたアメリカ西GPに持ち込まれましたが予選を走ったのみで決勝は126CKで走っています。このレアなマシンがタメオから来月キットで発売になります。タメオからはすでに126C、126CK、126C2、126C3、126C4と発売されていますので今回126CXが発売される事によって126Cシリーズはほぼタメオでコンプリートできますね。126C4 M2はメリからタメオ原型で出ていたので後残るは126C2Bを残すのみとなります。おそらくこれも数年の内にはだしてくると思われます。資料の少ない126CXですが、タメオならは決定版になるような物を出してくれると思います。予約受付中
TMK409 タメオ 1/43 メタルキット フェラーリ 126CX U.S. GP ウエスト (ロングビーチ ) 1981 プラクティス ジル・ヴィルヌーヴ\10,800が今なら¥9,720
 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 23 2012 » 0 comments

11月18日更新 ベネトン B186 USA デトロイト ベルガー 近日入荷です & Dスタイル新製品入荷しました!

 

いつもありがとうございます。

 

ミニチャンプスの久々のヒットかも!?

 

ミニカー映えするモデルが近日入荷します!

 

 

ベネトン B186 USA デトロイト 予選 ベルガー

 

前年までトールマンだったチームを、当時のスポンサーだったベネトンが買収し、

 

ベネトンフォーミュラチームとして新たに生まれ変わった初マシーンがこのベネトンB186。

 

メキシコGPは当時、新人だったベルガーが初優勝したことと、

 

ベネトンスポンサーならではのカラフルなマシーンで皆様の記憶に残っていると思います。

 

本来なら、ベルガー初優勝のメキシコGPで再販してもよかったのですが、

(過去にディーラー特注で発売されていました)

 

ミニカー的に面白いUSAのテスト仕様で発売するというのはコレクター心理をくすぐりますよね。

 

という訳で、近頃価格高騰するミニチャンプスですが、皆様におススメしたいモデルなので、

 

ご予約特別でご注文承り中です!

 

さて、2012年のF1もそろそろ終わりに近づいてきましたね。

 

今年は、例年になく面白い1年だったのではないでしょうか?

 

可夢偉選手の活躍ももちろん、ライコネンも復帰し、

 

なかなかの好成績を残したのもよかったですよね。

 

先日アブダビでは遂に優勝を決めました。

 

すごくタイムリーなことに、本日Dスタイルから、待望の新製品 E20が入荷!

 

その他 ロータス101の中嶋と FW11 マンセルも 新たにラインナップしました!

 

Dスタイルはすべてコンプリートしてくださっているお客様も数名いらっしゃて、

 

本当にありがたい事です。

 

なぜか、パソコンの前に飾ってますというお声が多いです……

 

本日はメール配信で、以前より、Dスタイルファンの皆様からご要望いただいていました

 

Dスタイル特集をお送りしますのでお楽しみに。

 

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 11月 18 2012 » 0 comments

11月17日更新 エンツォスパイダー!? いえ、458スパイダーなんです。

 新しい完成品メーカーの登場です。MGモデルと言う名称ですが、以前、イタリアのフィレンツェに在ったMGモデルプラスとは全く関係がない新しいメーカーです。仕上げのクオリティは非常に高くM.S.(Miniture Specials)と同等の仕上がりになっています。アクリルケース付です。その初の製品が入荷しました。
 
 メルセデスやポルシェのチューニングで定評のあるドイツのチューニングメーカー、マンソリー。そんな同社が、フェラーリ「458スパイダーにチューニングナップを施し、「モナコエディション」として発表したのが今回のモデルです。モナコエディションは、フロントのエアインテークデザインが特徴的で、2002年に発表されたフェラーリ「エンツォ」の面影を残しています。また、ボディパネルに軽量のカーボンファイバーを使用することで458スパイダーよりも約59kgの軽量化に成功。結果、最高出力は約598ps、0-100km/h加速は3.2秒で、最高速は時速約330キロに達するということです。
 
インテリアには特注のレザーやアルカンターラを使用し、シートにはトランプを模したデザインを採用するなど、モナコエディションの名にふさわしいインテリアに仕上がっています。このモナコエディションは3台の限定で製作されたとのことです。今後の展開次第ではM.S.のライバルになるかもしれません。
 
MG01A MANSORY(マンソリー) 458 スパイダー 「モナコエディション」 2012 レッド 28,800円が今なら25,920円
MG01B MANSORY(マンソリー) 458 スパイダー 「モナコエディション」 2012 パールホワイト  28,800円が今なら25,920
 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 18 2012 » 0 comments

11月16日更新 ロムファクトリー 1/43 ロータス72Eフルディティール予約受付中

チーム・ロータスに1973年に移籍したピーターソンは才能を一気に開花。ロータス・72Dを駆ってポールポジション9回・優勝4回とエース級の活躍を見せましたが、惜しくもスチュワート、エマーソン・フィッティパルディに次ぐ選手権3位に終わっています。そして翌1974年用のマシンとしてロータスはタイプ76を開発していましたが、これの開発に失敗。すでに旧式化しかかっていた72Eにアップデートを重ねて使用し続けるしかありませんでした。それでもピーターソンは3勝を挙げたのですからスゴイひとドライバーです。今回モデルファクトリーモデルファクトリーヒロがキット化したのは1974年第6戦GPモナコでロニー・ピーターソンが優勝した仕様になります。
 1/12や1/20でハイクオリティキットを製作しているモデルファクトリーヒロは最近では1/43スケールのキットも毎月りリースしています。その第3弾として発売され他ばかりの72Eを製作しました。同社の1/20フルディティールキットをほぼそのまま1/43に縮小していますのでタメオのワールドチャンピオンシリーズと比べても遜色ない仕上がりとなっています。フロントノーズ、コツクピットカウル、イン抱くションボックスは完成後も脱着可能です。ほとんど手を入れる必要がないくらい良くできたキットなのですが、シートベルトはよりリアルな布製の物に交換し、ホイールにはエアバルブを追加しています。メーター周りの配線、エンジン周りの配線、配管を追加しディティールアップしています。言葉で書くよりもとにかく画像をご覧いただければそのクオリティの高さがわかっていただけると思います。
 
RFK339 1/43 ロータス 72E フォード モナコGP 1974 Winner ロニー・ピーターソン 160,000円
 

         

ご覧になりたい画像をクリックしてください。別ウィンドウで拡大表示します

 

romuhonten in 未分類 on 11月 17 2012 » 0 comments

11月14日更新 CMC 1/18 マセラティ 300Sサンプル入荷

今日、CMCの新製品マセラティ300Sのサンプルが届きました。
300Sはマセラティがスポーツカー選手権用に開発したマシンです。エンジンはF1の250Fの2500ccエンジンをベースに3000ccに拡大した物を搭載しています。確かにエンジンの見た目は250Fとほとんど同じですね。
 
 CMCの新製品が入荷すると毎回本物をそのまま縮小していると書いていますが、本当にそれ以上に的確に表現する言葉が見つからないのです。出来上がった物だけを見ているとわかりにくいのですが、ボディカウルの下にはパイプフレームが実車と同じように組まれていてそれにエンジンが載り、サスペンションが取り付けられています。ここが他の多くのミニカーメーカーとの違いです。CMC以外のメーカーは一見良くできたモデルでも見えない部分はかなり省略している物ですが、CMCにはそれが一切ありません。毎回新製品を見るたびにそのことを実感します。
 
 エンジンルームを見ていて気がついたのですが、1/18とは言えキヤブレターは非常に小さいパーツです。しかしそのキャブレターにちゃんとメーカーのWEBER(ウェーバー)文字が刻印されているんですよ。「そうか、当時のマセラティはウエーバーのキャブを使っていたのか」という新しい発見があるのがうれしいですよね。そのキャブにはスロットルリンケージもちゃんと再現されていますし、6気筒でプラグコードが12本あることからツインプラグエンジンであることもわかります。細かく見ていくときりがないのですが、ここまで精密に再現されたエンジンルームはCMC以外ではあり得ません。
 
 コックピットには実にリアルなウッドステアリングがあり、シートには本革が使用されています。ドアヒンジの構造も実車をそのまま再現しています。ホイールのスピンナーは、以前のCMCでは左右のタイヤ共に左回りで外すようになっていましたが、最近のCMCは実車と同じように左右で回す方向が逆になっています。あきれるまでの本物に対するこだわりですね。もはやクオリティ的には十分だと思っている方も多いと思いますが、実はCMC自身はまだまだ満足していないのです。この向上心こそがCMCを孤高の存在たらしめているのではないかと思います。
 ー
CMCの完成品はシャーシの裏側から見ても全く手抜きがなく実車そのままに仕上げられています。パイプフレーム、エンジン、ミッション、デフからブレーキのオイルラインまで実車そのままです。もうどこから見ても見飽きることがない逸品です。例年CMCはクリスマス前後に新製品を発売することが多いまで300Sもその頃になるのではないかと思います。ご予約受付中です。
 
M-105 1/18 マセラティ 300S 1956 レッド 37,600円
 

 

ご覧になりたい画像をクリックしてください。別ウィンドウで拡大表示します

 

romuhonten in 未分類 on 11月 15 2012 » 0 comments

11月12日更新 ホビーフォーラム2012 ありがとうございました!

 

昨日開催されましたホビーフォーラム2012、沢山のお客様にご来店いただきました。

 

心より感謝いたします。

 

皆様にお目にかかれて、とっても嬉しかったです。

 

ありがとうございました!

 

例年通り、開場を今か今かと待っておられるお客さまの列!

 

オープンとともに走って入ってこられます(本当です)

 

 

皆様が目指される先は残念ながらロムではなくHPIさんのブースなんですけどね(笑)

 

開場10分ほどすぎると、場内は人人人で溢れかえります!皆様のミニカーを見る目が超真剣!

 

午前中は独特の雰囲気で、こちらも緊張して過ごします。

 

お昼をすぎると、チャリティオークションやモデラーさんのコンテストなんかが開催され、

 

会場内は一転和やかな雰囲気になります。

 

 

今年はロムのブースのお隣が、東京のフジヤさん!

 

弊社とはかれこれ 20年来のおつきあいです。

 

お客様にお目にかかれるのもちろん楽しみなのですが、お世話になっているショップさんや

 

メーカーさんにお会いできるのも楽しみの一つです。

 

 

ご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、フジヤさんといえば

 

社長さんがルマンに毎年行ってらっしゃる事で有名です。

 

ルマン関係者の方にお知り合いも多いらしく、毎年行かれた際、

 

フランスのご友人の方から現地の貴重なワインをプレゼントされるそうです。

 

そのワインをなんとホビーフォーラムの会場に持ってきておられて、

 

『お祭りだからさぁ、いいよね!』って一杯のみながら店番されてました……

 

フジヤさん、男前です(笑)

 

お客様の波も一段落したころ、お隣から『一杯どう?飲んで、飲んで!』っておすすめいただきました。

 

中西はさすがに、『すいません、僕の飲めないんです』

 

って断っていましたが、

 

もちろん私が断るはずもなく…….仕事中ですが、頂いてしまいました!

 

私は普段ワインは赤派なのですが、びっくりする位おいしい白ワインでした!

 

飲んでいる所をお客様に目撃されてしまい、

 

すかさず『燃料補給ですか!』のかけ声をいただき、ちょっと赤面。

 

『帰りの新幹線で飲み過ぎないようにして下さいね』という暖かいお言葉をいただきました(笑)

 

おかげさまで無事ホビーフォーラムも終了し、そのあとは毎年恒例、

 

中華街でおいしい中華とビールを頂き、横浜を後にしました。

 

もう、いまから来年の開催が楽しみです。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 12 2012 » 0 comments

11月9日更新 ホビーフォーラム会場発売アイテム発表!

いつもありがとうございます。

 

11日はいよいよ横浜ホビーフォーラムです!いまから皆様にお目に書かれる事、ワクワクしております!

 

おかげさまで今年で3回目の出店となりました。ホビーショーを除けば、日本で最大のミニカーに特化したイベントといっても過言ではないかと思います。毎年すごい活気で、朝早くから皆様開場されるのを並んでお待ちになっておられます。

 

10時開場直後は、一斉に皆様、まさしく波のように押し寄せてこられる姿に、毎年びっくりします。会場が地震かと思うくらい揺れるんですよ(笑)

 

先日主催者のキッドボックスさんとお話できる機会があったのですが、ここ数年ミニカーメーカーさんからの出展も増え、ホビーショーのようなイベントになれば….との事。 コレクターの皆様、メーカーさん、私たちショップにとってまさに三方よしのイベント!

きっと今後もますます盛況になるでしょうね。この手のイベントは入場料がかかるものもけっこう多いのですが、ホビーフォーラムは開催当時から無料です。主催者さんの心意気を感じます。

 

 さて、ことしはこのホビーフォーラムにむけて、会場発売品をご用意いたしました!

ロム特注のあのカラー…….といえば……..!?

 

そうです!アルテミスグリーン!! ロム特注ルックスマート1/43 ランボルギーニウルス アルテミスグリーン アルカンタラベース 限定50台

 

 

ウルスに似合うかどうか心配だったのですが、実物を見て安心しました。やっぱり良い色ですね。実に格好良く美しく仕上がっています!ルックスマートのアルテミスのカラーは格別に綺麗。個人的にも大好きなカラーです。

 

アルカンタラベースの特注品は通常19800円ですが、ホビーフォーラム協賛感謝価格として、今回17000円で販売いたします!

先着順になりますので、皆様ロムのブースに向かって走ってきてください(笑)なんて…

 

そしてもうひとつは、まだまだいらっしゃるキットコレクターの皆様にむけて、ロム特注MR アベンタドールJ (イオタ)のキットをご案内。

限定100台です。こちらも通常は6800円ですが、ホビーフォーラム感謝価格5500円で販売いたします。このチャンスをお見逃しなく。

 

 

このほかにも特注ミニカー、お買い得品を多数取り揃えて皆様のご来場心よりおまち申し上げております。

 

ホビーフォーラムには行けないんだけど…… もちろんそんなお客様も沢山いらっしゃると思います。

そこで、今回ホビーフォーラムと同日の11日、これらの2種のモデルを会場価格据え置きでウェブショップで販売いたします!(限定数あり)

メール配信の号外とともに販売開始ですので、PCの前で待機していてくださいね!

本日もありがとうござました。

 

romuhonten in 未分類 on 11月 09 2012 » 0 comments

        Older Articles