趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Daily Archive for 11月 05 2012

11月4日更新 エレール 1/24 シトロエン DS3 2012プラモデル入荷

波乱の展開となったアブダビGP、ハミルトンは完璧なレースを展開していただけに残念な結果でした。シンガポールでもトップを走りながらマシントラブルでリタイヤしていますし、もしこれがなかったら間違いなくチャンピオン争いの中心になっていたはずなので非常に残念です。
荒れたレース展開の中で表彰台の3人が見せたレースはチャンピオン経験者らしく見応えがありました。2009年のベルギーGP以来3年ぶりの優勝となったライコネン、ハミルトンのリタイヤがあったとは言え、終盤に築き上げたリードをペースカーランで失ってアロンソの猛攻を受けることになりましたが、冷静な走りで見事逃げ切りました。さすがアイスマン。

アロンソも予選6位の不利な順位からいつもながらのしぶとい追い上げで2位まで順位を上げたのはすごいです。アロンソならではの走りですね。絶対的な速さが足りないマシンでこれほどの結果を出せるんですから後は予選のパフォーマンスが上がれはベッテルを逆転することも可能なんですが、そんなに簡単にマシンの開発は進まないですよね・・・・・・・
ピットスタートから怒濤の追い上げで3位に入ったベッテル、やっぱり今一番速いのはこの人ですね、フロントウイングのトラブルがあったにもかかわらず3位ですから。確かにレッドブルのマシンは速いんですが、同じマシンに乗るウェーバーがベッテルほどのパフォーマンスを見せていないことを考えるとやっぱりベッテルの速さを認めざるを得ませんね。
いよいよ残り2戦となりましたが、次のアメリカは初開催のサーキットなのでここの結果が勝負の分かれ目になるかもしれません。
小林可夢偉も15位から荒れたレースを乗り切って6位、ここ2レース不本意なレースが続いたのでほっとしました。残留に向けての良いアピールになったでしょう。これでペレスとは8ポイント差になりました。残り2戦で十分逆転は可能です。来期マクラーレンに行くペレスをポイントで上回われば誰も可夢偉の残留に文句は言わないでしょう。メキシコのメインスポンサーであっても。
 
エレールから今年のモンテカルロラリーに優勝したシトロエン DS3が入荷しました。DS3がプラモデルで出るのはもちろんこれが初めてです。日本車がWRCに出なくなったからか国内のプラモデルメーカーは近年のWRCマシンを発売していないのでラリーファンにはうれしいリリースです。
ドライバーのセバスチャン・ローブは今年もチャンピオンを取り、なんとWRC9連覇というちょっと考えられない、そして今後も破られることがないであろう偉業を達成しました。その ローブは来期はフルエントリーはしないと言うことで今年が最後のチャンピオンとなるかもしれません。ファンなら是非押さえておきたいキットです。今回入荷したのはロムの海外ネットワークにより入手した並行輸入品になります。国内代理店の分も日本語の説明書が付いているわけではないので物は同じです。国内代理店からのリリースは12月とアナウンスされていますのでかなり早くDS3をお楽しみいただけます。数に限りがありますのでお早めに。
80757 エレール 1/24 プラモデル 1/24 シトロエン DS3 WRC モンテカルロ 2012 Winner “Red Bull” S. ローブ/D. エレナ 3,570円が今なら3,000円

romuhonten in 未分類 on 11月 05 2012 » 0 comments