趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2013

4月29日更新 センチュリードラゴン 1/43 レンジローバー イヴォーク おすすめです

 

いつもありがとうございます。

 

GW真っ只中、ご来店いただくお客さまのムードも和やかで皆様休日をお楽しみのご様子、

 

うらやましい〜!

 

でもまあ、仕事が趣味みたいなものですから私の場合毎日が休日か…..と思う事にしよう(笑)

 

明日はロム全店定休日になりますが5月1日は営業(12時から20時まで)しておりますので

宜しくお願い致します。

 

さて、話はかわりまして私の自宅近くにけっこう有名なチューニングカーショップがありまして、

 

フェラーリやランボルギーニやマセラティやらアストンマーチがそれこそミニカーが

 

並んでいるかのように普通に駐車してあるのですが、

 

そんなすんごいスーパーカーの中でひと際目をひく車がありました。

 

それは、今春から日本でも発売になり数々のカー雑誌でも絶賛されている

 

レンジローバーイヴォークだったんです。存在感ありましたね〜。

 

そのイヴォークが早くも1/43でモデル化されました!

 

センチュリードラゴン1/43 レンジローバーイヴォーク 16800円

 

もちろんカラーはコンセプトカー時代からのイメージカラーでであるホワイトです。

 

なにしろ実車のオーダーの70%の方がホワイトをチョイスされているとか…….

 

こちらのモデルめちゃくちゃ良く出来ております。

 

センチュリードラゴンってあまり聞いた事ないんですけど..?

 

と思われるか方も多いと思うのですが、なんとBBRやタメオの完成品(タメオは今はイタリア製です)

 

過去にはアイドロンも作っていた事があるという、クオリティには定評があるメーカーなんです。

 

このモデルは自社ブランド品だけによけい気合いはいっているのか(笑)ホント素晴らしい仕上がりです。

 

 

高級感ある内装で定評のあるランドローバーの良さを伝えるため、

 

ルーフをガラスにした仕様でミニカー化しているのも心にくいですね。

 

センチュリードラゴン、今後のラインナップが楽しみなメーカーです。

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 29 2013 » 0 comments

4月28日更新 1/43 フルディティール ロータス 79完成

1/43 フルディティールのロータス79が完成いたしました。モデラー柴原 安樹、渾身の一作になりました。1/43でここまでバラせる79を作った人はいないのではないかと思います。店頭に展示していますのでゴールデンウイーク中もしお時間があれば一度見に来てください。
 
精密さ定評のあるモデルファクトリー ヒロのキットをベースにさらに徹底的に作り込んでいます。キットのままですとフルディティールとはいえ脱着できるのはコックピット周りのカウルとファンネル周りのエンジンカウルのみですが、リヤウイング、サイドポンツーンを脱着可能に大改造して実車同様にシャーシのみの状態にまでバラせるように改造しています。
 
モノコックと一体になっているアンダーウイングを切り離し実車同様のサイドポンツーンを作ればいいわけではなくて問題はその先です。脱着を前提としていないのでサイドポンツーンの中はラジエータがあるだけで中は空っぽなんです。それを実車同様にラジエータとオイルクーラーのステーとその配管、サイドポンツーン自体のステー、電気配線、消化器、ライフサポートシステムのボンベ等すべて自作しています。リヤウイングを脱着にするのも一苦労です。ひっかける部分がないので上に載せるだけでは後ろに倒れてしまうのです。これを解決するために極小の強力磁石をカウルに埋め込んで固定するようにしています。サイドポンツーン脱着のためにはリヤタイヤが邪魔になるのでリヤタイヤも脱着可能としています。
 
その他ファンネルのメッシュの再現、布製シートベルトに交換、ホワイトメタルを磨きだしてアルミモノコックの質感を再現等定番のディティールアップも随所に施されています。アクリル製ディスプレイケースが付属します。
 
マリオ・アンドレッティ仕様もご注文出来ます。オランダGP又はイタリアGPが製作できます。ご注文欄にアンドレッティとご記入ください
 
RFK352_Ronnie ロムファクトリー 1/43 ロータス 79 オーストラリアGP 1978 Winner ロニー・ピーターソン フルディティール完成品 220,000円
 

 

ご覧になりたい画像をクリックしてください。別ウィンドウで拡大表示します

 

romuhonten in 未分類 on 4月 29 2013 » 0 comments

4月26日更新 明日からゴールデンウィークですね!ご来店おまちしておりますよ〜。

いつもありがとうございます。

 

今日は、ロム梅田本店のすぐ近くにあります、グランフロント大阪がオープンしました。

 

今日の大阪はこの話題で持ち切りです。

 

ご近所のよしみでオープン前の内覧会に行ってきたのですが、広すぎてよくわからなかった….

 

私としては、朝の4時まで営業しているバーや居酒屋さんがあるそうなので、

 

心置きなく!?飲める場所が近くにできて嬉しいです!

 

明日からのGWは凄い人出になりそうですね。と、言う訳で明日からGWです。

 

10連休なんて方もいらっしゃるようでうらやましいかぎり…..

 

ロムの営業日時も少し変則になりまして、30日の火曜日は定休日なのですが、

 

5月1日の水曜日は全店営業します。

 

4月27日から29日と5月3日から5日の営業時間は11時から18時半まで、

 

5月1日2日は12時から20時までになります。

 

5月6日から9日までは誠に勝手ながらロム本店のみ臨時休業になります。

 

レンタルケース店は5月6日,7日がお休みになります。

 

今月はミニカーの新製品の入荷がすくなかったのですが、

 

GWにむけて世界各国、日本全国からおもしろいミニカーを集めました。

 

大阪の新しい観光名所とともにぜひぜひロムにもお立寄りくださませ。

 

本日もありがとうございました。

 

 

ロム 徳田

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 26 2013 » 0 comments

4月24日更新 50周年記念 アヴェンタドールLP720-4予約受付開始

今週から始まった上海モーターショーでヴェネーノに続くランボルギーニ創立50周年記念車第2弾「ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th アニバーサリー」が発表されました。見ての通りアヴェンタドール LP700-4ベースのスペシャルモデルですが、僅か100台のみの限定だそうです。
 
外観はフロントバンパーやリアのディフューザーを専用デザインとして、エアロダイナミクス性能を向上。ランボルギーニによると、LP700-4よりもエアロダイナミクス効率は、50%以上引き上げられているという事です。インテリアはセミアニリンレザーを特別装備するなど、アニバーサリーモデルにふさわしい演出が施されています。
 
コンピューターなどの専用チューニングにより、パワーアップした6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンの最大出力はLP700-4の700psに対して、20psアップの720psになっています。トランスミッションは、シフトチェンジの時間を短縮した「ISR」と呼ばれる7速シングルクラッチ。0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hと、世界屈指のパフォーマンスを発揮します。
 

 
 このLP720-4 50th アニバーサリーのモデル化が早速MRコレクションとルックスマートから発表されました。
 
☆MRコレクション新製品予約受付中
<1/18 メーカー完成品 新製品> 価格は49,800円が今なら44,820円
LAMBO011A 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary イエロー (GIALLO MAGGIO)
LAMBO011B 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary パールオレンジ(ARANCIO ARGOS)
LAMBO011C 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary レッド (ROSSO MARS)
LAMBO011D 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary パールグリーン (VERDE ITHACA)
LAMBO011E 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary ホワイト (CANOPUS WHITE)
LAMBO011F 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary メタリツクライトブルー (MET. LIGHT BLUE)

 
☆ルックスマート新製品予約受付中
<1/43 メーカー完成品 新製品> 価格は18,800円が今なら16,920円
LS411A 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (GIALLO MAGGIO)
LS411B 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (ARANCIO ARGOS)
LS411C 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (ROSSO MARS)
LS411D 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (VERDE ITHACA)
LS411E 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (CANOPUS WHITE)
LS411F 1/43 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary (MET. LIGHT BLUE)

またランボルギーニ ヴェネーノの1/18がMRコレクションから発売される事も発表されました。
 
☆MRコレクション新製品予約受付中
<1/18 メーカー完成品 新製品> 価格は49,800円が今なら44,820円
LAMBO012A 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) ジュネーブショー 2013 METALLURO
LAMBO012B 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 パールグリーン (VERDE ITHACA)
LAMBO012C 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 ホワイト (MONOCERUS WHITE)
LAMBO012D 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 レッド (ROSSO MARS)
LAMBO012E 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 メタリックイエロー (METALLIC YELLOW)
LAMBO012F 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 ブラック (NERO NEMESIS9
LAMBO012G 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (Veneno) 2013 メタリックオレンジ (ARANCIO ARGOS)

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 25 2013 » 0 comments

4月22日更新 ロム特注アイドロン MP4/4前期型 サンマリノGP Winner A. セナ入荷

 優勝ベッテル、2位ライコネン、3位グロージャン、なんと表彰台の3人が2012年と全く同じという珍しい結果になりましたね、バーレーンGP。今回もロータスの2ストップ作戦が見事に決まりました。これで予選順位がもう少し上ならばレッドブルに十分対抗できますね。
 

それにしても今回のフェラーリはとことん運に見放されていました、アロンソはDRSがこわれるし、マッサはタイヤのトレッドが2度も剥がれると言う信じられないトラブルの連続・・・・・・。2台揃って上位入賞が期待されていただけに残念です。次はアロンソの母国GPスペインGP、期待しましょう。

 

せっかくポールを取っても4ストップしてたんじゃあどうしようもありませんよね。メルセデスGPになって4年目、何故タイヤにきびしい特性を改善できないんでしょうね、フシギです。資金はそれなりにあるんだし・・・・・。ロータスからデザイナーを引き抜いてくるしか方法はないのかも。
 
 さて、先日発売しましたロム特注アイドロンのマクラーレン MP4/4前期型ですが、プロスト仕様に続いてセナ仕様も入荷いたしました。
 

セナにとってマクラーレン時代は栄光に満ちた時代でした。 37勝を挙げ3度のワールドチャンピオンを獲得、モナコGP5連覇等々。そのセナとマクラーレンのコンビによる初めての優勝となった記念すべきレース、サンマリノGPをモデル化しました。今までタメオですら発売していなかったMP4/4前期型を初めて発売いたします。シリアルナンバー入り50台限定ですのでお見逃しなく。
 
RMEM009 ロム特注アイドロン 1/43 マクラーレン MP4/4 ホンダ サンマリノGP 1988 Winner A.セナ デカール加工品 50台限定 ¥26,250
 

サンマリノGP
日本GP
日本GP仕様はコックピットサイド、ラジエータの入り口の部分がブラックですが、前期型のサンマリノGPはホワイトになっています。
ラジエータダクトのアウトレットが大きく異なっています。サンマリのGPの方がダクトに付けられたエアの流量を調整するカバーがやや大きいにもかかわらずラジエータコアが良く見えます。それに対して日本GPはカバー自体は少し小さいもののラジエータコアはほとんど見えません。つまり前期型のサンマリノの方がラジエータやアウトレット自体が大きいことがわかります。そのためかShellの文字の位置も異なっています。
外見上一番よくわかる違いがこのターボダクトの有無です。後期型の日本GP仕様はのサイドポンツーン内から吸気するためターボダクトは付きませんでしたが、前期型にはまだターボダクトが付いています。ただダクトをサイドポンツーンに付けただけでなくちゃんとサイドポンツーンの内側すら突き出ているように見える様になっているので非常にリアルです。

真鍮ロストワックス製のサスアームを使用しているためエッチングのように角張った感じが無く、実車の楕円断面のアームを正確に再現しています。

プロスト仕様とセナ仕様ではステアリングの形状やウィンドシールドの形状、シートポジションの違いまでとことんこだわって再現されています。

アンテナも細く基部のパーツまで再現されています。

ジャッキアップポイントまで正確に再現されギヤボックスもリアルな仕上がりです。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 23 2013 » 0 comments

4月20日更新 CMC マセラティ300S エンジン入荷

 中国GPのハミルトンに続いてバーレーンGPではロズベルグがポールポジションを獲得。2戦連続ポールは今のメルセデスGPでは初めてのことです。今年のマシンは速いと開幕前から言われていましたがそれが裏付けられたかっこうです。後はタイヤにキビシイと言われるマシン特性がどこまで改善されるかにかかってます。 今回ピレリは急遽予定を変更し硬めのコンパウンドを持ってきていますのでメルセデスには有利になりますね。ロズベルグの2勝目なるかが注目です。
 
 アロンソ、ベッテルがすぐ後ろに付けているのでそう簡単には勝たしてくれないでしょうがもし勝てば今後のタイトル争いを左右する存在になるかもしれません。
 
 それにしても今シーズンのマクラーレンの不振は目を覆うばかりですね、何に原因があるのかわかりませんが、今シーズンからフェラーリに続いて採用したフロントプルロッドサスペンションにあるのかもしれません。フェラーリも昨年、特に前半戦は非常に苦労しましたが、マクラーレンがまさにその状況に陥っているのではないかと思えてなりません。今回もバトンは苦しいレースになりそうですね。
 
 CMCから1/18のマセラティのエンジンが発売されました。CMCは過去にもアウトウニオンタイプCのエンジンを発売したことがありましたが、300Sのエンジンはそれ以来となります。このエンジン、マセラティがスポーツカー選手権用に開発したマシンですが元々はF1の250Fのエンジンがベースになっていて2500ccだったものを3000ccに拡大した物です。
 
CMCの手にかかるとエンジンだけでもここまで見応えのある完成品に仕上がるのですから本当にスゴイです。300Sの完成品に積まれているものと同じ物ですが、通常はボンネットを開けて上からしか見ることができないので細部の作り込みのすごさがわかりにくいのです。エンジン単体だけだとその再現度が如何にすごいかを改めて知ることができます。
 

1/18サイズの小さいキヤブレターにもちゃんとWEBER(ウェーバー)の刻印が入っていました。スロットルリンケージもちゃんと再現されていますし、6気筒でプラグコードが12本あることからツインプラグエンジンであることもわかります。ラジエータやオイルの配管、ウオーターポンプなどの補機類も完全に再現されていることがわかります。エンジンだけなのに見ていて見飽きることがありません。お手頃な価格でCMCのすごさがわかる文句なくオススメの完成品です。
 
M-110 CMC 1/18 マセラティ 300S 直列6気筒エンジン ディスプレイケース付 \15,650が今なら¥14,085
 

         

ご覧になりたい画像をクリックしてください。別ウィンドウで拡大表示します
romuhonten in 未分類 on 4月 21 2013 » 0 comments

4月18日更新 MR、LookSmart のビッグボス E.Reali氏来日!ロムにご来店下さいました。

 いつもありがとうございます。本日は、ロムにイタリアからマフィア来襲です(笑)

 

ご存知、イタリアの老舗ブランドであるMR、LookSmartのCEO、エジディオ リアリ氏が、ご来店下さいました。

 

今回は、日本とイタリアの架け橋、業界の有名人である野口 祐子(Rosso誌等でライターをされている)さんと一緒にお見えになられました。野口さんのコラムはこちらで読むことが出来ます

 

ハイテンションでイタリア語を喋りまくるリアリ氏、オーラ満載!ご来店頂いていたお客様も「,いったい何者!?」ってな感じでビックリされてましたね….

 

とあるお客様がルックスマートをディスプレイしてあるショーケースを熱心にご覧になっておりましたら、リアリ氏が

「あなたは、ルックスマートのコレクターなのか?それはスバラシイ!あなたがこのモデルを買ってくれたら、私の直筆サインを入れる! あなたはとてもラッキーガイ!!」とイタリア語で捲し立てる…..
 
もうお客様は否とは言えない雰囲気になってしまい、弊社特注のルックスマート1/43ウルスのアルテミスグリーンをお買い上げくださいました……. 実に見事な押し売りですハイ。

 

でも、とっても良いお客様で、有り難いことに、『社長さんにサインもらえるなんて、とっても良いご縁で嬉しいですから、このモデルいただきます。』

 

とおっしゃって下さり、快くお買い物いただいて、私たちも色んな意味でホッとしました。

 

その後、例のごとくリアリ氏の大好物 天婦羅でランチです。(聞けば昨日の夜も京商の社長さんと天婦羅を食べたそうな。おそらく明日は名古屋あたりでまた天麩羅だと思います、いったいどんだけ好きなんだ….)。。

 

私たちは、一時外出。楽しいランチタイムのひと時を過ごしお店に戻りました。

 

その後、リアリ氏と野口さんはお知り合いの、日本有数のフェラーリコレクター(もちろん実車の)の元に向かわれました、今夜だけは天麩羅ではなく神戸ビーフだとか・・・・・

 

明日は鈴鹿サーキットで開催されるフェラーリレーシングデイズ(フェラーリのオーナーさんが全国から集まられるスゴいイベントです。)に参加されるそうです。

 

いつもいつもパワフルなオーラ溢れるリアリ氏に会うとなんだかこちらも元気になります!

 

そうそう、ランチ後お店に戻り他のスタッフから聞いたのですが、サイン入りミニカーをお買い上げいただいたお客様、熱心にショーケースをご覧になっていたモデルは実はアイドロンだったそうな…..(ルックスマートとアイドロンは一緒のショーケースにディスプレイされているんです)

 

お後がよろしいようで……..この事はリアリ氏には絶対言えない…..

 

 そうそう、MRファンの皆様に1台だけですが恒例の直筆サインをロム特注1/43ランボルギーニミウラSV開閉モデルのブラックにいただきました。
 


 
しかもシリアル番号も10/10で希少価値大!ですよ〜。早い者勝ちです。
 
OC01R2_sign ロム特注MRコレクション 1/43 ランボルギーニ ミウラ SV 1971 ブラック/ゴールド フル開閉モデル サイン入 シリアル10/10 \88,000

 

本日もありがとうございました。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 18 2013 » 0 comments

4月17日更新 デビュー戦2位、可夢偉のフェラーリ 458 GT2がBBRから発売決定!!

今年は残念ながらF1参戦叶わなかった小林可夢偉ですが、WECシリーズに出場するフェラーリ 458 イタリア GT2のドライバーとしてフェラーリと契約しました。すべてのカテゴリーを通じてフェラーリと直接したアジア人は可夢偉が初めてだそうです。
 
 そして迎えた開幕戦、シルバーストーン6時間レースは予選でGTE プロクラス6位と最下位に沈んだものの雨が降ったり止んだりという難しい天候の中、徐々に順位を上げデビュー戦で2位表彰台を獲得しました。可夢偉はフォーミュラ一筋でステップアップしてきたはずなので今までGTのレースには出たことがないはずですが、適応力の高さを見せてくれました。チームは昨年のルマンでもクラス優勝した有力チームなので今後も活躍が期待できます。
 
 このデビュー戦2位仕様がBBRから1/43完成品で発売される事になりました。僅か50台の限定になります。早期の完売が予想されます。ご予約はお早めに。それにしても跳ね馬のエンブレムが入ったレーシングスーツがよく似合っています。この姿をF1で見てみたいものです。
 
BBRCKOB01 1/43 フェラーリ 458 GT2 WEC シルバーストーン 6H 2013 2nd 小林 可夢偉/T. バイランダー 50台限定 18,000円が今なら16,200円
 


 

romuhonten in 未分類 on 4月 18 2013 » 0 comments

4月15日更新 プロストファン

 

いつもありがとうございます。

 

昨日の中国GPなかなか面白かったですね。

 

例のごとく皆で観戦しました。

 

F1オタク、中西と宮坂の解説!?を聞きながら観戦するのはなかなか楽しいですよ!

 

皆様と一緒にTV観戦できるイベントなんかできたら面白いのですが……

 

ダメージを負ったマシーンで走りきったライコネン、かっこよかったです。

 

結果は、まだ録画をごらんになっていらっしゃらない方がいるといけないので書きませんが……

 

アロンソ、ベッテル、ハミルトン、ライコネン の4強が競り合っておもしろいシーズンになりそうです。

 

ここに可夢偉がいればもっと盛り上がったのになぁ〜。

 

でも可夢偉はWEC で見事2位入賞!じゃんじゃん活躍してF1にカムバックしてほしいですね。

 

昨日発売になりました、ロム特注アイドロン MP4/4のプロストフランスGPですが、

 

お陰樣でご好評いただいています。

 

25台はすくなかった…..?

 

そもそも私は、特注するならセナモデルだけでいいんじゃないかと思っていたのですが、

(フジTVのセナがヒーローでプロストが悪者に感化されすぎ!?)

 

大のプロストファンの中西が許すわけがなく、

 

タメオでもキット化されていない前期型のMP4/4で、

 

プロスト母国優勝マシーンの待望のモデル化が実現しました。

 

昨日のF1宴会!?でもプロストに対する熱い思いを語っておりましたが、

 

私はワインの飲みすぎでおぼえていません……

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 15 2013 » 0 comments

4月14日更新 ロム特注アイドロン マクラーレン MP4/4 フランスGP Winner A.プロスト 25台限定 発売開始!

今日は中国GP、メルセデスのハミルトンが移籍後初ポールですね。ロズベルグがポールから見事逃げ切った昨年の再現なるかが注目です。でも今年のピレリのソフトタイヤが昨年に輪をかけてヒドイらしいのでタイヤにキビシイと言われるメルセデスが、逃げ切れるかは微妙ですね。怖いのはタイヤの持ちが良いと言われるロータスのライコネン、レース巧者のアロンソですね。
 
メルセデスが何周目に最初のタイヤ交換を行うか見物です。今回バトンはミディアムタイヤでスタートする中では最も上位でスタートするので以外と健闘するかもしれませんが今年のマクラーレンは絶対的なスピードに欠けるので序盤にトップに立っても逃げ切るのは難しいでしょうね。今回も大波乱の匂いがします。スタートが楽しみです。
 
さて、好評発売中のアイドロンのMP4/4ですが、ターボダクト付の前期型をロム特注で発売しました。プロストの母国、フランスGPでポールトゥフィニッシュ、しかもファステストラップも記録するというまさに完全優勝を成し遂げた仕様を再現いたしました。プロストはセナのように先行逃げ切りではなく追い上げ型のレースをすることが多いのですが、母国のフランスGPになると人が変わったようにアグレッシブなレースを見せます。普段はあまり縁石に載せないのにGPフランスでは縁石をいっぱいに使った走りを見せてくれます。1981年に初優勝したのもフランスGPでしたしやっぱり母国のファンの前だと気合いが入るんでしょうね。
 
モデルはこれまでのアイドロン・フォーミュラ製モデルと同様にメインボディがレジンキャスト製になる以外ほとんどのパーツがホワイトメタルやブラスなどの金属製部品を用いたマルチマテリアルモデルとなります。前後のサスペンションアームもこれまでの同ブランド製モデル同様真鍮製ロストワックス部品により再現されています。実車同様のサスペンションアームの形状と強度をもたらした構造となります。
 
ボディはただターボダクトを付けただけではなくラジエータアウトレットの形状が日本GPとは違いますので新規に作り直しています。日本GPよりラジエータが大きくダクトも大きく開いています。Shellのロゴの位地も日本GPとは違っています。また、コックピットサイドは日本GPでは黒でしたが前期型はラジエータ吸気口の前の部分がホワイトになります。もちろんマルボロレッドは今回も塗り分けで再現されています。
 
アイドロンの凄いところはヘッドレストの形状の違いはもちろん、ステアリングの形状やウィンドシールドの形状、シートポジションの違いまでセナとプロスト仕様を作り分けているところです。前回発売した特注のフェラーリ 641/2 スペインGPも好評でしたし今回も早期に完売しそうです。お見逃しなく。
 
RMEM010 ロム特注アイドロン 1/43 マクラーレン MP4/4 ホンダ フランスGP 1988 Winner A.プロスト デカール加工品 25台限定 26,250円
 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 14 2013 » 0 comments

        Older Articles