趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 8月 2013

8月31日更新 カーティマ特注スパーク ブルンモータースポーツコレクションご予約受付開始

 

 

いつもありがとうございます。

 

8月も本日で最終日です。

 

 

今月はヨーロッパがサマーバケーションなので入荷がすくないかな….

 

と思いきや結構目玉商品が沢山入荷しました!

 

ここ数年はヨーロッパの各メーカーのバケーション日数が減少傾向にありましたが、

 

どうやら今年ははほとんど休んでいない模様。

 

昨日はタメオのRB8ベッテルの完成品も入荷しましたし、

 

ルックスマートはロム特注のヴェネーノのアルテミスグリーンも入荷しました。

(ちなみにご好評につき残り10台くらいです、おはやめに….)

 

BBRだけは8月1日から本日まできっちりお休みを取っていました(笑)

 

さて誠に申し訳ないのですが、ロム本店も9月2日(月)から6日(金)まで

 

遅い夏休みを頂戴いたします。(レンタルケースは通常営業しております)

 

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくおねがい申し上げます。

 

明日9月1日はお休み前の最終営業日につき、店内売りつくしセールはいたしませんが

(スーパーじゃないんだから、笑)

 

しばらく皆様にお目にかかれないので、沢山のお客様のお顔が拝見できたら嬉しいな….

 

さて、カーティマさんから久しぶりのイエガマイスターポルシェの案内がきました。

 

カーティマ特注ブルンモータースポーツコレクション1/43 スパーク

 

ポルシェ962 ADACスーパースプリント ニュル1988 限定500台

 

 

しかし、まだまだ知らないイエガマイスターのポルシェがあるものですね!!

 

好評ご予約受付中です。

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 31 2013 » 0 comments

8月30日更新 タメオ、レッドブル RB8 ブラジルGP入荷

1ヶ月の夏休みが終わり再開したF1ですが、ベッテル & レッドブルの速さは全く変わっていませんでしたね。46点差を残り8レースで逆転するのはアロンソといえどもちょっと難しいでしょう。ベッテルが2レースくらいリタイヤしてくれたら可能性はありますが、今のレットブルの信頼性の高さを考えると望み薄ですね。史上3人目の4連覇を達成する可能戦が一戦一戦高まってくんでしょうか。
 
本日タメオより昨年のチャンピオンマシンレッドブル RB8が入荷いたしました。タメオはRB8を元々バーレーンGP仕様で発売予定だったのですが、最終戦、ブラジルGPでの劇的なチャンピオン決定を受けで急遽ブラジルGPでの発売となったため今月ようやくリリースとなりました。
 
スタート直後に最後尾まで落ちるというアクシデントと不安定な天候にもめげず奇跡的にチャンピオンを獲得したブラジルGPでの発売はベッテルファンならずとも大歓迎ですよね。
 
今回の完成品で注目はタイヤがレインタイヤとなっていることです。今までタメオの完成品でレインタイヤが付いているのはロータス97Tだけでしたから非常にレアな存在です。しかもピレリなので新規にレインタイヤを作っています。要注目です、
 
TMB011 タメオ完成品 1/43 レッドブル RB8 ルノー ブラジルGP 2012 “ワールドチャンピオン” S.ベッテル レインタイヤ仕様 ¥26,000
 
TMB011 タメオ完成品 1/43 レッドブル RB8 ルノー ブラジルGP 2012 “ワールドチャンピオン” S.ベッテル レインタイヤ仕様 ¥26,000
 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 31 2013 » 0 comments

8月28日更新 スパーク1/43 ジャガーXJR14菅生199117号車&18号車ご予約受付開始

 

いつおありがとうございます。

 

スパークから、人気予感の車種の発売発表がありましたのでご紹介したいと思います。

 

1/43 ジャガーXJR14 1991菅生の優勝車17号車と18号車の2台です。

 

 

言わずと知れた名車シルクカットジャガーXJR14,SWCの1991年度の

 

総合優勝がファビ選手のこの17号車だったのですが、

 

SWCシーズン終了後のこの菅生のレースでもやはり強かったのですね!

 

当時ジャガーの日本のスポンサーがサンテックだったので

 

このレースではシルクカットロゴではなくサンテックになっています。

 

ちなみにサンテックのチーム監督は俳優の神田正輝さんだったそうです。ご存知でした?

 

ところでこの17号車、なんかどっかて見た事あるんだけど…….

 

と思いしらべてみましたら2009年に国際貿易特注スパークですでに発売されていたんですね〜。

 

たしかあっとゆう間に完売したと思います。

 

今回品番 SJ014となっていますが、人気だったので再販という事でしょう。

 

ちなみに18号車は初モデルになります。

 

すでにKBスパークでお持ちのお客様は重複ご注文お気をつけください。

 

といっても、自分がこのモデルをもっていたかどうか、コレクションが多過ぎてすでにわからない….

 

という方もけっこういらっしゃるんですよね〜。

 

色んなミニカー屋さんめぐりが趣味で、気に入ったモデルをご購入されるものの

 

結局自分の好きなものって決まっているので、

 

知らずに色んな所で同じモデルを何台も購入していたとか……

 

心あたりのある方も多いのでは。

 

ミニカー病かなり重症ですよ(笑)

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 28 2013 » 0 comments

8月26日更新 ルックスマート ランボルギーニ ヴェネーノ アルテミスグリーン入荷。

ランボルギーニ創立50周年車「ヴェネーノ」と40周年カラー「アルテミスグリーン」の夢のコラボが実現しました。
 
今年創立50周年を迎えたランボルギーニは3月のジュネーヴショーでその記念車を発表しました。それが「ヴェネーノ」です。 ランボルギーニの伝統に従って、伝説的な闘牛の名前に由来しています。1914年、アンダルシアのサンルーカル・デ・バラメダ闘牛場において、著名なマタドールであるホセ・サンチェス・ロドリゲスとの死闘によってその名前が一躍知れ渡ったヴェネーノは、「これまで最も強く、最も攻撃的な牛のうちの一頭であり、また闘牛の歴史上、最も俊敏な牛としても有名」だそうです。ヴェネーノはスペイン語で「毒」という意味だそうでことですが、その過激なスタイリングを見事に言い表しています。
 
エンジンは現行アヴェンタドールの6.5リッターV型12気筒エンジンをベースにしていますが、インテークの拡大や熱管理の最適化、エキゾーストの改良と僅かに高回転化させることで、アヴェンタドールを50psも上回る750psをたたき出しています。まさに史上最速のランボルギーニです。

その50周年記念車に40周年記念カラーとして人気のアルテミスグリーンを特注致しました。40周年と50周年の夢のコラボを実現しました。50周年記念車なので50台の限定です。台座はランボルギーニの実車にも使用されているアルカンタラを使用しています。早期の完売が予想されますのでお見逃しなく。
 
LS409R ロム特注ルックスマート 1/43 ランボルギーニ ヴェネーノジュネーブショー 2013 アルテミスグリーン アルカンタラベース 50台限定 \23,800
 

 
ヴェネーノと共に3月のジュネーブショーの話題をさらったもう一方の主役、ラ・フェラーリもルックスマートから少量入荷しました。入荷数が少ないためご予約順に連絡させていただきます。また引き続きご予約も受け付けております。今回連絡がなかった皆様もうしばらくお待ちください。
 
288 GTOに始まりF40、F50、エンツォと続いたフェラーリ スペチアーレの集大成とも言えるマシンでしょう。英語で言えば「The Ferrari」、これ以上のネーミングはちょっと考えられないのでこのシリーズもこれが最後かもしれませんね。
 
Web Shopに詳細画像を掲載していますので一度見てみてください。

LS421A ルックスマート 1/43 ラ・フェラーリ ジュネーブショー 2013 レッド/ブラックルーフ \18,800が今なら¥16,920
 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 26 2013 » 1 comment

8月25日更新 モデルカーズ209号で取り上げられました!

 

いつもありがとうございます。

 

本日発売のモデルカーズ209号で

 

ロムファクトリーのハンドメイド完成品 RA300イタリアGP

 

が大きくとりあげられています!

 

ベースキットはモデルファクトリーヒロさんのキットを使用しています。

 

ヒロさんといえば1/20超精密キットで定評がありますが、

 

それを1/43にスケールダウンしたものになります。

 

1/20でもすごいのにそれが1/43になると、さらに制作は難関になるわけで….

 

制作者は通称 ”師匠”

 

そのこわもての外見からは信じられない作品を生み出すのベテランモデラーの多田道一氏です。

 

その多田氏ですが今までSRCのホンダオールドF1を沢山制作してきましたが、

 

あのSRCのクオリティを相当なレベルにまで引き上げたのは脱帽ものですが、

 

やはりベースキットの限界はあります。

 

その点このヒロさんのキットは師匠の腕を余す事無く堪能していただけます!

 

当店いち押しの完成品です。

 

 

 

romuhonten in F1 on 8月 25 2013 » 0 comments

8月23日更新 ポルシェ特注 1/43 991 GT3 カップ プレゼンテーションモデル入荷

 

いつもありがとうございます。

 

本日は弊社ミニカー情報紙ワッツアップの発行日でした。

 

今回はゆうメールでお送りしていますので、早ければ明日以降順次お届になると思います。

 

今月号の目玉は……  50周年記念と40周年記念の夢のコラボモデルです!

 

感のいい皆様ならすでにお気づきかと…..

 

 

さてさて本日はドイツより991GT3カップカーのプレゼンテーションモデルが入荷しました。

 

こちらは991型初のレーシングモデルになりますのでポルシェファンは必ず押さえたい所です。

 

エンジンには3.8L水平対向6気筒エンジンを搭載。

 

最高出力は997GT3カップを10ps上回る460ps/7,500rpmで、ポルシェのカップカーとしては

 

初めてステアリングホイールにパドルシフトを採用したモデルだそうです。

 

 

それにしても最近ポルシェはモノトーンカラーがお好きなようですね。

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 23 2013 » 0 comments

8月22日更新 CMCからマニアックな新製品入荷

CMCから3製品一挙に発売になりました。どれも超マニアックなアイテムですよ〜。今回312Pはエンジンだけですが、近々、本体も発売されると思われます。
 
まずは300SLRに搭載されていたエンジンです。F1のW196用の2500CC 直列8気筒エンジンをベースに3000CCに拡大したもので、シリンダーブロックは軽量なアルミ合金製に変更されましたが、これはレーシングエンジンとしては初の採用例だったそうです。そして独創的なのがバルブの作動方法です。一般的なレシプロエンジンで用いられるバルブスプリングを使用していないのです。バルブの開閉を別々のカムで行っていました。つまり1つのバルブにつき2組のカムとロッカーアームを設けてバルブの押下と引上を分担させ、スプリングに頼ることなく強制的にバルブを閉じることで、高回転時におけるバルブタイミングを正確にしようという機構でした。さらに燃料はシリンダー内に直接噴射する直噴システムまでも搭載していました。今でこそ市販車でも直噴ガソリンエンジンはありますが、当時は非常に珍しい方式にトライしていました。当時のメルセデスの技術レベルがいかに高かったかがわかるエンジンです。エンジンだけでも十分に見応えのある完成品に仕上がっています。
 
M-120 CMC 1/18 メルセデス ベンツ 300 SLR 直列8気筒エンジン ディスプレイケース付 ¥15,650が今なら¥14,085
 

 
1969年のスポーツカー選手権用に開発されだ312Pに搭載されている3000cc V型12気筒エンジンです。3000CC V12ですが、250TRや250LMの3000CCエンジンとは無関係です。1966年からF1が3000ccになったのに伴い開発されたF1用のV12をベースにスポーツカー用にモディファイしたのがこのエンジンです。エンジンだけなのですが、やっぱり12気筒は存在感があります。
燃料噴射につながるガソリンチューブ、スロットルリンケージ、電装関係の配線、ウォーターポンプやオイルポンプなどの補機類、オイルや水回りのホース類等見れば見るほどよくできています。エンジンの後ろのミッションからはドライブシャフトが伸びています。ミッションとドライブシャフトの継ぎ目はちゃんとユニバーサルジョイントになっています。
 
M-121 CMC 1/18 フェラーリ 312P V型12気筒エンジン ディスプレイケース付 ¥15,650が今なら¥14,085
 

 
バードケージ(鳥籠)と言われたパイプフレームだけの完成品です。フレームだけのモデルを新たに製作したわけではなく今まで発売されていた完成品に使用されている物と同じなんです。CMCの完成品はこのフレームに実車と同じ行程でエンジンやサスペンションを取り付けています。しかし、完成してしまうとこれだけのフレームが使ってあっても隠れて見えなくなってしまう部分も多いのでその凄さがわかりずらいのですが、これを見ると一目瞭然です。フレームだけでも、CMCが手がけると見応えのある完成品になっています。
 
M-122 CMC 1/18 マセラティ ティーポ 61 バードケージ 1960 スペースフレーム 木製台座付 2000台限定 ¥14,800が今なら¥13,220
 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 23 2013 » 0 comments

8月19日更新 レースランド特注スパーク ポルシェ935/77 vaillantクレマーNo.3 ノリスリンク1978 Bウォレック

 

 

いつもありがとうございます。

 

今日は久々!?特注スパークのご案内です。

 

 

ドイツの老舗ショップ レースランドさん特注のスパーク1/43で

 

ポルシェ935/77 vaillantクレマーNo.3ノリスリンク1978 Bウォレックモデルが近日発売予定!

 

Bウォレックか…..だったらカーティマさんのBウォレックコレクションから発売されても

 

おかしくないと思うのですが、おそらくレースランドさんが先に押さえちゃったのでしょう。

 

vaillantカラーのポルシェは沢山ありますが、ここまで vaillantをいれなくてもねぇ…..

 

でもこのコッテコテ具合がけっこう私は好きですけど。Vaillantとはよく見るスポンサーですが、

 

一体何の会社なのかしらべましたら、冷暖房機器の老舗メーカーだそうです。

 

Vaillantは日本語読みでヴァイヨンと読むようで創業者のお名前らしいです。

 

これだけvaillant のロゴは入ればスポンサー冥利につきるのではないでしょうか。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 19 2013 » 0 comments

8月17日更新 新ブランド F1 SPECIALS始動

今まで思い出に残る名車をロムファクトリーの「フラットアウトメモリアル」シリーズとして製作してきましたが、フラットアウトシリーズが10年の節目を迎えるのを機にリニューアルします。今後フラットアウトメモリアルシリーズは「F1 SPECIALS」言うブランド名で展開していきます。リニューアルにあたりディスプレイケースを変更しました。今まではBBR製のケースを使用していましたが、新たにでホワイトベースのアクリル製のケースを製作しました。見た目にも高級感のある仕上がりになったと思います。

 
MP4/5Bは前年のチャンピオンマシンMP4/5をモディファイしたマシンですが、リヤのディフューザーに大きな特徴がありました。それは他のチームと比較にならないくらい大きくそしてきつく跳ね上げられていました。このディフューザーを見た当時のホンダの総監督、後藤 治氏はこれをバットマンカーのようだとコメントしたことから以後バットマンディフューザーと呼ばれるようになりました。
レースは序盤アレジがブッチ切ったもののセナが追いつきあの抜きつ抜かれつの伝説のバトル末セナがアレジを抜き去り開幕戦を幸先良く優勝で飾っています。当時エンジンのパワーはある物の空力で劣っていると言われたマクラーレンの野心的なトライでした。
 
F1S01 F1 SPECIALS 1/43 マクラーレン MP4/5B ホンダ U.S.A. GP 1990 Winner アイルトン・セナ \39,800
 


 
日本人初F1のフル参戦ドライバー中嶋悟が1991年をもってF1から引退すると発表されたときはオドロキでした。1990年は再びホンダエンジンを手に入れた物の成績は低迷していましたがまさか引退するとは思っていませんでした。<br>020は元々軽量なV8エンジン用に設計された019をホンダエンジン用にモディファイしたマシンなので思いV10エンジン積んだことによってバランスの悪いマシンになってしまいました。そしてピレリのパフォーマンスの低さが原因であったと思われていたので1992年こそはやってくれると思っていたので引退の発表は非常に残念でした。そして迎えた鈴鹿での最後のレースとあって、スタンドは超満員、チケットは入手難でダフ屋でとんでもないプレミアが付いていました。
 
F1S02 F1 SPECIALS 1/43 ティレル 020 ホンダ 日本GP 1991 中嶋 悟 「鈴鹿ラストラン」\39,800
 


 

romuhonten in 未分類 on 8月 18 2013 » 0 comments

8月16日更新 BBRがお得なプロモーションをやってます。

F1も夏休み、メーカーも夏休みでここのところこれといったネタがなくて更新が途切れ途切れになって申し訳ありません。
 
数あるメーカーの中でも毎年夏休みが長いのがBBR、今年は8月8日〜31日までが休みになるんだとか。いやはやうらやましい限りですが、自分だったらこんなに長いと何をして良いのかわからなくなるかもしれません・・・・・・・
 
そんなBBRが今ちょっと耳寄りなプロモーションをやっています。BBRが自社の完成品の良さをより多くの人に知ってもらおうと言うプロモーションなんですが、50台限定だけ製作したフェラーリ 458 GT2をカラーカタログ付で非常にお求めやすい価格で提供してくれています。BBRのプロモーションのための完成品であるためフロントウインドウ上部に「BBRMODELS.COM」とBBRのホームページアドレスが入っています。
 
モデルが50台限定と言うだけでも魅力的なんですが、注目は価格なんです。通常¥22,000の458 GT2がなんと¥14,800で購入できちゃうんです。プロモーションが目的のため利益を度外視したお求めやすい価格となっています。今までBBRを購入したことがないという方はぜひご購入を検討してみてはどうでしょうか。さらに本モデルにはBBRの2013年版オールカラーカタログも付属します。今後発売される新製品の情報も充実しています。残り僅かですのでのでお早めに
 
CAT13PROMO 1/43 フェラーリ 458 GT2 GTE Pro 2011 ロッソコルサ “BBRプロモーションモデル” 限定50台 ¥14,800 (What’s Up会員はさらに10%引きになります。)
 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 16 2013 » 0 comments

        Older Articles