趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 2月 2014

2月26日更新  トゥルースケール1/43 ミニAll4レーシング2011パリダカ モンスター加工品入荷しました。

 

 

いつもありがとうございます。

 

トゥルースケールから2011のパリダカで活躍したミニALL4 レーシングが入荷しました。

 

こちらなぜかアンテナがついておりません。車体もなんか寂しいような…….

 

 

これはもしかして…..と台座の裏側を見てみましたら例のごとく秘密のシールとアンテナセットを発見!

 

ッん? 秘密のデカールってタバコではなくエナジードリンクのモンスターなんですけど??

 

どうして後付けデカールなのかは謎ですが、ルーフのアンテナ部分にちょうど爪痕?ロゴの

 

デカールを貼らないといけないので、アンテナも後付けになっております。

 

 

 

 

近々、待望の1/18ロータス78 アンドレッティのラウンチVerも入荷しそうですので、

 

こちらもご予約おみのがしなく。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 26 2014 » 0 comments

2月23日更新 1/8 マクラーレン MP4/4のデカールを貼り比べてみました。

デアゴスティーニから発売されてた1/8スケールのマクラーレン MP4/4をご購入された方も多いと思います。うまくデカールが貼れましたでしょうか。
 
キットに付いているデカールはいわゆる剥離タイプで貼った後に透明の膜をはがさないといけないのですが、これがなかなか難しくて、うまくやらないと残す部分のデカールも一緒にはがれてしまうと言う話をよく聞きます。しかもデアゴスティーニで別売りしているMarlboroデカールはひと文字ずつ貼っていかないといけないという面倒な物なんだとか・・・・
 
そこでデカール専門メーカーの物が必要になってくるわけです。タブデザインの物はかなり前に絶版になっているので現在の選択肢はミュージアムコレクションかMSMクリエーションのどちらかと言うことになります。
 
お客様にどちらが良いのかよく聞かれますので実際に貼ってみました。貼ってくれたのはロムのデカール貼り職人、マイスター牟田です。
 

ミュージアムコレクション 1/8 マクラーレン MP4/4 ホンダ ボディロゴデカール (デアゴスティーニ対応) 2,310円
フロントノーズとリヤウイングデカールは別売
MSMクリエーション 1/8 マクラーレン MP4/4 ホンダ フルデカール (デアゴスティーニ対応) 2,900円

 
右側がMSMクリエーション製、左側がミュージアムコレクション製です。微妙にロゴのサイズに違いがありますが、貼った画像で見る分にはどちらも特に違和感はないように見えますね、しかし、実際には貼りやすさとか貼った後の見た目とかには違いがあります。そこいらへんをマイスター牟田に解説してもらいましょう。
 
まず各デカールの質ですが、
 
「ミュージアムコレクションは、厚く堅め。貼った後の艶は強い。ニス余白は大きめ。MSMは、薄く非常に柔らかい、貼ったあとの艶は控えめ。ニス余白はほぼ無し」
 
とのことです。マクラーレンの場合、実車はロゴがテカって見えにくくならないようにつや消しになっています。この点で見るとMSMクリエーションが艶は控えめでニスの余白も少ないしいいように思えますね。
 
次に貼りやすさですが、
 
「ミュージアムコレクションのデカールは厚く堅めなので貼りやすく微妙な位置調整も楽です。ただ、ニスの余白が大きくデカールの厚みもあるため貼った後のニス余白が目立ちます。堅めなので軟化剤は必需品になります。それにくらべ、MSMのデカールは非常に薄く柔らかいので貼りにくく、たっぷりの水分がないと微妙な位置調整もままなりません。わずかな調整であっても破れやすいのでピンセットではなく指で行い、デカール全体を動かすようにしないとすぐにやぶれてしまいます。軟化剤の使用は極力控えた方がいいです。貼り上がりの仕上りはニス余白も目立たずきれいなんですけどね。MSMで注意しなくてはならないことは、台紙からデカールを持ち上げないことです。台座から持ち上げたとたんにカール反り返ってしまいくちゃくちゃになってしまいます。」
 
とのことです。悩みますね。結論としては
 
「デカール貼り付けの初心者であれば、ミュージアムコレクションのデカールをオススメします。慣れた方にはMコレでもMSMでもどちらでも大丈夫だと思いますのでロゴの大きさやデカールの質、厚み、ニスの余白などを考慮して選択してもらえればいいと思います。」
 
とのことです。
 
もし自分には出来そうにないという場合はマイスター牟田にデカール貼りを依頼することも出来ます。ちなみに、加工料金はミュージアムコレクションは5,000円、MSMは8,000円 で受け付けています。
 
お問い合わせはロムミニカー買取館 (TEL: 06-6377-2700)までお願いします。
 

romuhonten in 未分類 on 2月 23 2014 » 2 comments

2月21更新 スーパーGTでご活躍中の安田裕信選手がご来店くださいました。

 

本日なんと今シーズンスーパーGTでカルソニックGTRを駆る

 

安田裕信選手がロムにご来店下さいました!

 

突然のご来店だったので、ビックリ!

 

本日のブログのネタは別のものを用意していたのですが、急遽変更です(笑)

 

安田選手といえば、ここ数年はKONDOレーシングでご活躍でしたが、

 

今期は名門チームインパルで参戦されます!

 

『こんなにミニカーが並んでいるのは初めてみた!』と目を丸くされておりました。

 

去年のエブロのミニカーがあればよかったのですが、残念ながら完売のため

 

2012年のモデルにサインを頂いちゃいました!

 

記念撮影も『全然、いいですよ〜!』と気軽に応じてくださいました。

 

 

今年は絶対カルソニックを応援することにします!(単純)

 

 

 

さて本来本日ご紹介しようと思っていたモデルはコチラ ↓

 

VW特注スパーク1/43 ゴルフR ブルー 7990円

 

 

 

7台目ゴルフの最強モデル、ゴルフRがはやくもミニカー化です。

 

カラーリングは、もちろんこのゴルフRだけに許された専用カラーのラピスブルーメタリックです。

 

300馬力の4輪駆動(すごいですね)、日本にもこの春位から納車されるそうですが、

 

各ディラーの割当が少ないらしく早いもの勝ちとか……..

 

ミニカーも事前ご予約けっこう沢山頂戴していましたので早々の完売が予想されますよ〜。

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 21 2014 » 0 comments

2月19日更新 ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター、なんと空母の甲板で発表!

ランボルギーニ創立50周年記念として2013年ジュネーブショーで発表されたヴェネーノにロードスターが登場しました。
 
ヴェネーノロードスター発表の場所として選ばれたのはなんとイタリア海軍の空母、「カブール」の甲板でした。なぜ空母なのか? それはおそらくヴェネーノを戦闘機に見立てているんでしょうね、甲板に置かれたヴェネーノ ロードスターはまさに地上を走る戦闘機です。
 
内外装のデザイン・仕様はほとんどヴェネーノと共通ですが、、ルーフとサイド・ウインドウの上部が切り取られ、コクピット背後のエンジン・フードの形状が変更されています。ヴェネーノのルーフに設けられていたエア・インテークは、航空機の垂直尾翼を思わせる「シャークフィン」に移されています。今回公開されたヴェネーノ ロードスターのレッドは専用のレッドとなっており「ロッソヴェネーノ」と名付けられています。写真を見る限りアヴェンタドール Jに近いワインレッドのようなレッドではないかと思われます、
 
縦置きミドシップ・マウントされるエンジンも、ヴェネーノと共通の6.5リッターV型12気筒。最高出力750psを発生し、5種類のモードに切替可能な「ISR」と呼ばれる2ペダル・トランスミッションを介して4輪を駆動します。モノコックとボディパネルは、軽くて強いカーボンファイバー製。アグレッシブなエクステリア・デザインには全て、空気抵抗低減、ダウンフォース発生、冷却などの機能的な意味があるそうです。ヴェネーノ・ロードスターは2014年中に9台が製造される予定となっています。4億円を超える価格にもかかわらずすでに完売だそうです。一体誰が買うんでしょうか? 1台くらい日本に入ってくるんでしょうか?
 
ランボルギーニの新型車はいつもそうですが、MRコレクションが1/18、ルックスマートが1/43の発売をいち早く発表しています。ヴェネーノ同様ヴェネーノ ロードスターも人気を集めそうです。ご予約受付中です。
 
ルックスマート 1/43 ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター 2013 ヴェネーノレッド/ROSSO VENENOy18,800が今なら¥16,920
LS429A ヴェネーノレッド/ROSSO VENENO、
LS429B メタルグレー/METALLURO、
LS429C マットブラック/NERO OPACO、
LS429D パールレッド/ROSSO MARS、
LS429E パールグリーン/VERDE ITHACA、
LS429F ホワイト/BIANCO MONOCERUS、

 
MRコレクション 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター 2013 ヴェネーノレッド/ROSSO VENENO ディスプレイケース付 \58,000が今なら¥52,200
LAMBO015A ヴェネーノレッド/ROSSO VENENO、
LAMBO015B メタルグレー/METALLURO、
LAMBO015C マットブラック/NERO OPACO、
LAMBO015D パールレッド/ROSSO MARS、
LAMBO015E パールグリーン/VERDE ITHACA、
LAMBO015F ホワイト/BIANCO MONOCERUS、

 


 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 20 2014 » 0 comments

2月17日更新 今度はプラネックス&メイクアップのコラボでベロフコレクションが発売

 

 

少し前から情報は得ていたのですが、今度はプラネックス&メイクアップのコラボで

 

ベロフコレクションを発売するらしいとの事….

 

メイクさんが作るのであれば、それはそれは素晴らしい出来の物になるでしょう。

 

しかも従来のプラネックスシリーズ同様タバコデカールは貼付けて販売されますので、

 

最強完璧なモデルかと思います。

 

 

定評ある塗装は丁寧に塗り分けた後にウレタンクリア塗装でコーティング、

 

その艶やかな仕上がりは正にハイクラスの仕上がりです。

 

956の特徴ある顔貌を表現するために、ヘッドライトはクロームメッキを施した

 

エッチングパーツに透明樹脂を嵌め込んでリアルかつ繊細に再現されているとの事。

 

テールランプ類には開発の手間とコストを惜しまずにインジェクションパーツを奢り、

 

正確な形状と質感、色合いにも拘って再現してるそうです。

 

パッケージもなかなかかっこ良く仕上がっていますね。

 

パッケージ背面にはモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳氏と

 

プラネックスさんがされている、例のビール注文で夫婦に間違われ事件発生現場である

(詳しくはコチラです。http://romuhonten.shumilog.com/2013/09/18/9月18日更新%E3%80%80%E3%80%80東京ホビーショー2013に行ってきまし/)

 

恵比寿のレーサーズカフェのプロデューサーの富永氏(熱狂的ベロフファンとの事)の

 

熱いコメントが掲載されているそうです。

 

どんなコメントなんでしょう。気になりますね!

 

非常に楽しみなモデルではあるのですが、カーティマさんが見たらどう思うかなぁ….

 

と考えると複雑な気持ちになってしまうのは私だけ…..!?.

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 17 2014 » 0 comments

2月16日 香港特注フジミ(TSM) フェラーリF12ベルリネッタ入荷しました。

 

この週末はラッシュをすでにご覧になったお客樣が多く、映画の話題で大いに盛り上がりました。

 

そうそう、われらがオグたん事、小倉茂徳氏もまたまたご来店くださりラッシュの事を話されておりました。

 

3月9日には大阪でトークショーをされるそうなので、その時にまたお立寄いただけるとか。楽しみです。

 

私もラッシュはようやく見る事ができたのですが、主役のハントとラウダ以外の出演人物も皆、

 

実物と微妙に似ていてビックリ!

 

3/1からは『伝説のF1レーサーたち その生と死』というドキュメンタリーも公開されるそうです。

 

http://eiga.com/movie/79927/gallery/

 

こちらも必見ですね。

 

さて今日ご紹介するのは香港特注フジミ(TSM) 1/43 フェラーリ F12 ベルリネッタです。

 

 

おなじみの香港特注豪華ケース付きです。ミニカーのクオリティも中々のもので、

 

マテルよりは格段にレベルが上です!少量入荷なのでおみのがしなく。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 16 2014 » 0 comments

2月13日更新 カーティマ特注ベロフコレクション新作は1/18です!

いつもありがとうございます。

 

先週のトイフェアでカーティマさんにも久々に会いました。カーティマさんは私よりも若くナイスなガイなのですが、

なかなかやり手のビジネスマンで会うたびになんだか貫禄が出てきています。お店も大きくなるようで今春から広く新しい場所に

 

移転するとか。色々と積もる話もあったのですが、まず気になるのはカーティマ特注スパークの色々なシリーズの今後の予定です。

 

しばらく新製品がなかったのですが、ようやくベロフコレクションの次のモデルが決まりました!

 

ベロフの未発売のCカーって何かまだあったかなぁ〜と思いきや、次の新製品は1/18でした。

 

そうきたか〜と言う感じです(笑)

 

1/18第一弾モデルはポルシェ 956 ニュル1000K1983 コースレコードモデルです。

 

カーティマさん曰くおそらく予約完売しそうということです。ヨーロッパのマーケットでは日本と違い1/18コレクターの方が多いのだとか。

 

お見逃し無きようご注意ください。

 

romuhonten in 未分類 on 2月 13 2014 » 0 comments

2/11更新 『RUSH』効果じわじわと…….

 

いつもありがとうございます。

 

明日は火曜日ですが祝日の為営業しております!

 

皆様、映画『RUSH』ご覧になりましたでしょうか?

 

私はまだ見れていません….

 

実は出張の際の飛行機の中で上映しているのではないかと密かな期待を寄せていたのですが、

 

トルコ航空とチャイナエアー(帰りは北京経由でした)では上映どころか日本語吹き替えの映画すらなく……

 

まあ、かなり迫力ある映像だそうですのでちゃんと映画館で見る事にします。

 

ただ今『この方は確実にラッシュを見られたな』と思われるご注文をされる方が急増中です(笑)

 

特に注目はこのモデル ↓

 

フラットアウト 1/20 マクラーレン M23 日本GP 1976 J.ハント レインタイヤ仕様 45000円

 

 

マルボロレッドは塗り分けにて再現、デカールはタブデザインのフルスポンサーデカールを使用しています。

この完成品の一番のみどころはもちろんレインタイヤです。

キットには付属されていませんのでロムファクトリーにてレジンで抜きました。

タミヤプラモデースです。

日本で初めて開催されたF1GPは大雨のレースとなり、ポイントリーダーのラウダはそうそうに棄権しました。

その後トップを快走していたハントでしたが、路面状況の変化により、ピットインをよぎなくされ順位をおとしてしまいます。

しかし、鬼神の走りで3位フィニッシュ。

わずか1ポイント差でラウダを逆転、ワールドチャンピオンに輝いたレースとなりました!

 

受注生産になります。大好評ご予約受付中です!

 

 

 

romuhonten in F1 on 2月 10 2014 » 0 comments

2月9日更新 ニュールンベルグトイフェアレポートアップしました。

 
ニユールンベルグ トイフェアレポートを掲載しました。 以下のリンクからアクセスしてください。
 
ニュールンベルグ トイフェアレポートはこちら

 
画像もたくさん掲載していますので見てみてください。
 
タミヤのブースで笑い話のようなやりとりがありました。展示品を撮影しているとタミヤの方が来られて
タミヤ「展示品の撮影は止めてください。」
 
ロム 「何故でしょうか。」
 
タミヤ「そのように決まっております。」
 
ロム 「今までそんなことを言われたことがありませんが?」
 
タミヤ「以前からです。入り口のところに書いてあります。」
 
ロム 「我々はタミヤの製品を紹介するために撮影しているのですが。」
 
タミヤ「撮影は禁止です。」
 
の一点張りで理由を言おうとしないんですよ。ちょっとキレ気味に
 
ロム 「納得できないと俊作さんに言っといてくださいよ!」
 
と言うと、タミヤ会長の田宮 俊作氏の名前が出たのが効いたのか急に態度が変わって
 
タミヤ「日本の方ですか?」
 
とさっきから日本語で会話をしているのにボケたことを言うんですよ。
 
ロム 「大阪のモデルガレージ ロムです。」
 
タミヤ「申し訳ありませんでした。中国の方かと思いまして・・・・・・、どうぞ撮影してください」
 
と180度態度が変わりました。どうも中国人に間違われたようです。中国のメーカーにコピー品を出されるのを恐れての対応だったようですね。
 
エグゾトもそうですが、かつていろいろなメーカーにコピーされまくった苦い経験があるし、最近の中国勢の躍進を見て神経質になっているんでしょうね。
 
でもすでに発売されている物や既発表の物ばかりなのでそんな心配はいらないと思いますがねぇ。それより模型メーカーで最大の面積のブースを構えながら目新しい新製品がないってことの方が問題じゃないんでしょうか。
 
フォード カプリ Gr.5の実車を持ち込んで模型と並べて展示していましたが、去年も同じカプリのカラーリング違いだったし・・・・・
 
大丈夫か、タミヤ。
 

romuhonten in 未分類 on 2月 10 2014 » 0 comments

2月7日更新 ニュルンベルクトイフェアから帰ってきました。

 

こんにちは。

 

なんだか久しぶりに日本に帰ってきたようなきがします。

(実際は5日ほどしかたっていませんが…)

 

今年は戻ってきた大阪のほうが寒くてビックリしました。

 

トイフェアレポートはただいま製作編集中ですのでしばらくお待ち下さいね。

 

実は今年は旅の初っぱなからアクシデントがありました。

 

中西チーフとは別の飛行機で出発したのですが、私は関空から2/1日深夜発、

 

イスタンブール経由の便でニュルンベルクを目指しました。

 

私は弊社の社長と一緒の出発でした。

 

このブログでも何度か書いたかもしれませんが、うちの社長はデジカメコレクターです。

 

なので、現地の写真撮影用のカメラ関係のチョイスは社長任せにしておりました。

 

今年は動画も撮影できたら面白いのではないかということで、

 

動画用カメラと通常の撮影用カメラ、そしてメモがわりにお手軽に使える軽量タイプのデジカメ、

 

3種類を持ち込みましてやる気は十分でした….

 

動画の撮影も『プロ級の腕前をみせてやる!』と豪語しておりました。

 

人の事は言えませんが、正直腕前関しては私は全然期待していなかったのですが

(去年、動画に挑戦したのですが見れたものでは無かったので…….)

 

腕前を見せる以前の問題が発生!

 

イスタンブールで降りて30分ほどして、ニュルンベルク行きの飛行機を待っていた時、

 

『カメラの入ったカバン忘れた!』と言い出したので、もうびっくり!

 

それからイスタンブールの空港をかけずり回る事1時間程。

 

初めての空港で要領もわからず、現地の係員さんにたずねても素っ気ない返事ばかり……

 

結局タイムアウトでカメラは見つからずニュルンベルクを目指したのでした…..

 

まあ中西チーフもカメラは持参していたので、すごく困った事にはならなかったのですが

 

ホント海外旅行の際は気を引き締めなければいけませんね。

 

ずっと見つからなかったのですが、今日になってようやく航空会社から連絡がありカメラは無事でした。

 

ホント、ほっとしました。

 

と言う訳で動画はまた来年のおたのしみに。

 

今回はパリのレトロモビルにも足をのばしましたが、

 

プジョーのブースでちょっと気になる特注品を発見したのでご紹介したいと思います。

 

1/43 プジョー特注ノレブ  プジョーONYX   7800円

 

パリモーターショーで発表されたスーパーコンセプトカー。

 

ONYXの文字に一瞬あのONYXが復活したのかと思いましたが、出来をみて違う事が判明しました(笑)

 

 

少量入荷です。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 2月 07 2014 » 0 comments

        Older Articles