趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2014

4月29日更新 「悪魔のZ」に改造してみました。

 イグニッションモデルからS30フェアレディZが発売されました。その中でも異常に予約が多かったのがブルーでした。このZは公にはうたっていませんでしたが、ボディ色、フロントスポイラー、大径シングル出しのマフラー、ワタナベ風ののホイール等を見るとどう見ても楠もちはる原作の漫画「湾岸ミッドナイト」の悪魔のZをイメージしているのがわかりますよね。

「湾岸ミッドナイト」は主人公・朝倉アキオがドライブする「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において公道バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく数多くの挑戦者達の様子を描いテ人気を博しました。アニメにもなりましたし、実写版も公開されています。



 イグニッションモデルのモデルには当然ナンバープレートは付いていないのですが、これに劇中と同じナンバープレート再現たらより「悪魔のZ」らしくなるんじゃないかと思ったで早速やってしまいました。

 湾岸ミッドナイトの「悪魔のZ」のナンバープレートは原作の漫画が「横浜33 て 53-68」でアニメ版が「横浜33 て 53-681」、劇場版が「横浜33 つ 53-68」と少しずつ違います。

 もちろん今回は原作のオリジナル仕様を再現しています。どうでしょうか自分ではかなり気に入っています。

IG0023S イグニッションモデル 1/43 ニッサン フェアレディ Z S30 ブルー "湾岸ミッドナイト" 加工品 \17,800

romuhonten in 未分類 on 4月 29 2014 » 0 comments

4月27日更新 ロム特注アイドロン カレラ RSR ターボ ストリートルック予約受付開始

 
いよいよ今週からゴールデンウィークが始まりますね。29日は火曜日ですが、営業しております。30日は休業しますが、1日〜5日は休まず営業しておりますので大阪に来られましたら是非ご来店ください。
 
ロム特注のアイドロンでは初めてポルシェのモデルを発売することになりました。
 
アイドロンの911カレラRSRターボは途方もなく膨れ上がった圧巻のリアフェンダーと、フラット6エンジンにKKK製シングルターボを組み合わせたことで大改修されたリア廻りの形状、そして巨大なリアウイングなど、911カレラRSRターボの豪快なボディフェルムを忠実に再現しています。
 
このスタイリングで市販車があったらものすごくカッコイイだろうなと言うことで特注したのが今回のモデルです。
 
ルマンで2位に入った22号車はリアクオーターウインドゥがNASAダクトを設けたパネルで塞がれていますが本モデルではここは通常の市販車と同じウインドウにしています。
 
内装は市販車をイメージしているのでロールバーをなくし市販車らしく2座席にしてあります。シートはスポーティーさを出すために赤のバケットシートにしてサベルトのシートベルトを付けています。
 
ボディ後部には露出するターボチャージャーをはじめとしたメカニカル部分が見えますが、ターボという特徴を強調するためあえて露出させています。ホイールの色も市販車らしくシルバーにしています。
 
1994年ルマンで総合2位に入る活躍をしたカレラRSRターボはS3.0クラスに適合させるため、フラット6エンジンの排気量を2,142ccへ落とし、ボッシュ製メカニカルインジェクションとKKK製ターボチャージャー1基を組み合わせ、インタークーラーも装着したエンジンは、圧縮比6.5:1、ブースト圧1.2〜1.5kg/cm2で最高出力510HP/7600rpmを絞り出すモンスターマシンでした。
 
917の足廻りを移植し、極太のホイール&タイヤを収めるために巨大化された前後フェンダーの張り出しには圧倒されるばかりです。この911カレラRSRターボ開発のノウハウは、直後の市販ロードカーである930ターボへ生かされることになります。
 
今回はシリアルナンバー入り30台限定です。5月中旬〜下旬発売予定ごで予約受付中です。お見逃しなく。
 
RMEM011ロム特注アイドロン 1/43 ポルシェ カレラ RSR ターボ 1974 ストリートルック シルバー 30台限定 \26,000
 




 

romuhonten in 未分類 on 4月 27 2014 » 0 comments

4月26日更新 スパークモデルから新製品発売のご案内です。

 

 

いつもありがとうございます。

 

皆様モデルカーズ最新号VOL217はご覧になりましたでしょうか?

 

64ページのスパークトピックスのページでロム特注スパーク第一弾が掲載されています!

 

他のミニカーも沢山掲載されていますが、

 

やっぱりこのジャガーXJR14がダントツにカッコいいと自画自賛しております(笑)

 

5月中頃入荷予定ですので、もうちょっとだけお待ち下さい。

 

 

 

さてスパークから新製品の案内がありました。

 

詳しくはこちら↓

http://www.romu-romu.com/search/search.php?rd=1&search_name=140426SP

 

チームロータス最後のF1参戦となったロータス109 1994ミカサロ日本GPや

 

リアルARC1988USGPチェザリス、ミナルディM189 1989日本GPなど

 

80年代90年代のモデル化されていないマシーンが発売になります。

 

トヨタTS020ルマン1999の2号車も発売!

 

今後発売になるであろう3号車と併せてコレクションしたい所ですね。

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 26 2014 » 0 comments

4月25日更新 ルックスマート新製品入荷

3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたフェラーリとランボルギーニのエントリーモデルがルックスマートから早くも入荷しました。ガヤルドの後継モデル、ウラカンとモデルチェンジされたフェラーリ カリフォルニアです。
 
 いずれも入荷数が少量のため次回入荷のご予約になります。ご了承ください。
 
新型の注目はミッド・フロントに低く搭載された新開発のV型8気筒3855cc直噴ターボエンジンです。最高出力は560馬力/7500rpm、最大トルクは77kgm/4750rpm。0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は11.2秒となっています。従来型の「カリフォルニア」と比べて出力は70馬力向上し、トルクを49%増加しています。
 
LS431A ルックスマート 1/43 フェラーリ カリフォルニア T ジュネーブショー 2014 カリフォルニアレッド/メタルブラック \19,337が今なら¥17,403
 

 
 ウラカンは最高出力448kW(610ps)、最大トルク57.1kgmの5.2リッターV10直噴エンジンを搭載。LP610-4の末尾の数字が示すように4WDで、トランスミッションには7速デュアルクラッチを採用している。0-100km/hは3.2秒、0-200km/hは9.9秒、そして最高速は325km/hとなっている。また、スタートストップシステムを採用しており、スーパーカーでありながら8km/Lという燃費を実現。ステアリングホイールに設けられたスイッチでStrada(ストリート)、Sport(スポーツ)、Corsa(レース)という3種類の走行モードが選択できます。カーボンセラミックブレーキが標準装備されており、マグネティックライドコントロールと可変レシオステアリングもオプションとして用意されています。
 
ウラカンという名称は、並外れた勇ましさと強い攻撃力で有名なスペインの闘牛から付けられています。この牛は1879年8月のアリカンテで行われた試合で不屈の精神と無敵の闘いぶりを披露し、闘牛史にその名を刻んだということです。
 
LS426A ルックスマート 1/43 ランボルギーニ ウラカン LP610-4 2014 マットパールホワイト (Bianco Canopus) \19337が今なら¥17,403
 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 26 2014 » 0 comments

2014年4月20日更新 新宿おもちゃカーニバルに出展いたします!

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日は上海GP決勝ですね。

 

弊社の社長も現地に観戦に行っております。チケットも何も手配しないで…..

 

行き当たりばったりが好きなんですよ〜ホンマ困った人です。

 

いつも巻き込まれる私たちは大変です(笑)

 

無事にチケット買えたのかかなぁと心配していましたら電話がありまして、

 

グランドスタンドの席をとあるルートで安く手に入れたそうです。

 

中国でも無茶すんなぁ…..

 

ちょうどお店の営業が終了した頃に決勝もおわるはずですので、

 

電話で結果言われそうなのが怖い….

 

電話、無視しようかな…

 

そもそも『上海GPに行く』と言い出したのは、

 

例の小倉さんのトークショーが行われた天六のモータースポーツバー、

 

ミュルサンヌの店長さんから上海GPは市内から地下鉄で行けて便利な上、

 

日本ほど混雑もなく見やすいですよ〜と聞いたから。

 

今日の朝9時の飛行機に乗って決勝時間に間に合うんだから、

 

鈴鹿に行くのと変らないかもしれません。

 

と、そんなことはさておき、来る6/2(日)に開催される、

 

東京のミニカーショップケンボックスさん主催の『新宿おもちゃカーニバル』に

 

ロムが初出展いたします!

 

関東方面のお客様のお目にかかれるのはホビーフォーラム位しかなかったので、

 

イベント好きの私としましては、今からとっても楽しみにしています。

 

場所は新宿京王プラザホテル!ゴージャスですね、ドレスコードもあるのかしらん?

 

もちろんございます。なんたって天下の京王プラザですから!

 

念のためホテルと主催者さんに確認したところ、

 

ドレスコードは『おもちゃ好き、ミニカー好きであること』だそうです(笑)

 

皆様、いつものオタクファッションで大丈夫ですよ〜。(冗談です)

 

開催時間は10時から15時まで、オープン前には長蛇の列ができるほどの

 

人気イベントだそうですので、ぜひぜひご来場下さい。

 

皆様にお目にかかれる事、楽しみにしております。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 20 2014 » 0 comments

4月16日更新 CMC 完全新金型新製品 1/18ブガッティコルシカロードスターの出来に賞賛多数頂戴しています!

 

 

いつもありがとうございます。

 

今週末は上海GPですね。

 

ロムではうちの社長が社を代表して見学に行くということで、

 

色々手配におわれている今日この頃です。

 

『みんなの分もちゃんと見学してくるから!』

 

なんて都合のいい事ばかり言っちゃって、

 

あぁ私も一度でいいから海外でF1観戦してみたい!

 

社長だけ行くなんて許せない〜とは思うものの、

 

今月はスーパーGT開幕戦を見に行くお許しを貰ったので、面とむかって文句はいえません。

 

F1といえば昨年のレッドブルがメルセデスにとってかわったような展開で

 

いまいち盛り上がりにかけます。

 

もういいかげん去年からドイツ国家聞き飽きました。

 

確実に鼻歌で歌えると思う多分…..

 

 

さて発売から1週間程経ちました、CMC 完全新金型新製品

 

1/18ブガッティコルシカロードスターですが、ご予約頂いた皆様のお手元に届き、

 

賞賛のコメントを多数頂戴しておりますのでご紹介したいと思います。

 

 

 

今回はレース仕様や趣のある無塗装版も捨て難いですが、

やはりペブルビーチで賞賛を浴びた美しいカラーリングに惹かれました。

CMCの製品は、いつもその圧倒的な作り込みで、車の設計者の思いをも伝えてくれるかのようです。

それは例えるなら、往年の名演奏をハイレゾ音源で聴くかのような新たな感動。

あるいは美術館で名画の前に立った時に感じる「絵が動き出す」感覚。

決して安い買い物ではないが、実車さながらの流麗かつ凛とした佇まいは、

もはや芸術と呼ぶに相応しい。なおトランクのツール類のうち、サービスマニュアルだけは

マグネット式で取り外せるようですが、こわくて止めました(^^; (東京都 O樣)

 

 

まちに待ったコルシカ!入荷連絡いただき速攻来店しました。期待以上の出来映えに120%満足です。

次の新製品の入荷が待ち遠しくすでに禁断症状がでています。(大阪市 Y樣)

 

 

すばらしいです! CMCクオリティを堪能しています。(茨城県 E樣)

 

 

相変わらず見事な出来栄えでどこから見てもほれぼれしますね。

アルファロメオ 8C 2900  1936 も期待しております (東京都 S樣)

 

 

CMCは今迄購入したことがなく、今回は車種に魅力を感じ購入したのですが、

まさかこれほどとは!驚きを禁じ得ません(京都府 M様)

 

 

 

 

 

とううわけで、大好評発売中です。 本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 16 2014 » 0 comments

4月11日更新 ロム特注スパーク第一弾、ジャガーXJR-14 SWC予約受付中

 いつもありがとうございます。本日は長年の夢でありましたロム特注スパーク第一弾の発売のお知らせです!
 

 ちょうど1年前にスパークジャパンが設立され直接取引ができるようになった訳ですが、おつきあいが始まった当初から願っていたのはロム特注スパークの発売でした。

BBRやMRとはそそれこそもう数十年来のお取引ですから、『今年はこれとこれお願いします』『OK』と話は速いどころか逆にBBRでは『ビアンコフジか?』MRでは『ロムのためにアルテミスグリーンは押さえてある、今年ももちろん出すんだろうね、なんだったらフェラーリでアルテミスグリーンはどうか?』なんて脅される位なのですが、

 

1年そこそこのお付き合いで特注モデルを発売してもらおうと言うのも厚かましい話で、信頼関係を気付ける様にそれこそ何度となく直接社長さんにお会いして話を進めてきただけに

 

このロム特注パッケージのスパークを見た時には感慨もひとしおでした。そう、発売するのは人気No.1のGr.Cカー、XJR-14です。

 
 圧倒的速さでSWCの初代チャンピオンに輝いた名車です。スパークからはルマンの予選仕様とスポット参戦したJSPC「Sun Tec」仕様は出ているのですが、本命ののSWC仕様で出ていないのでこれはロムでやらねばとオーダーいたしました。今月末入荷予定でご予約受付を開始しました。

 
ROMU001 1/43 ジャガー XJR-14 SWC 1991チャンピオン モンツァ 2nd T.ファビ/M.ブランドル No.4 250台限定 ¥7,990
ROMU002 1/43 ジャガー XJR-14 SWC 1991 モンツァWinner D.ワーウィック/M.ブランドル No.3 150台限定 ¥7,990
 

 

 今回の発売するXJR-14は今までのルマン仕様やJSPC仕様の流用ではなく新たに考証した結果を反映しています。しかも3号車と4号車の僅かな違いも再現しています。下の画像を見てくださいスパークへの指示書です。リヤタイヤの前のエキパイの位置に注目してください。鈴鹿は路面にかなり近い位置から排気していました。モンツァでは鈴鹿のエキパイの位置より上にもう一つエキパイが出ています。モンツァでは排気の位置が高くなったのです。しかし、急な変更だったのか下側の穴は残ったままになっています。3号車は使っていない元の穴は空いたままなのですが、4号車は使っていない下側の穴はよく見ると塞いであります。今回はその僅かな違いもスパークにお願いして再現してもらってます。この違い知ってました?
 


 

4号車
3号車

 
1991年からグループCカーのレギュレーションがF1と同じ3.5リッター自然吸気エンジンを使用したスプリントレース主体(ルマン以外)となりました。それまで7リッターV12エンジンで戦っていたジャガーを運営するTWR(トム・ウォーキンショー レーシング)が目を付けたのがジャガーの親会社フォードがベネトンに供給していたF1用フォードHBでした。これをジャガーブランドでSWC用にモディファイした訳です。シャーシを設計したのはあのロス・ブラウン。シューマッハが獲得した7度のタイトルはすべてロス・ブラウンの設計によるものでした。アロウズからTWRへ移籍したブラウンが目指したものはスポーツカーではなく「スポーツカーの形をしたフォーミュラマシン」でフロントかカウル内にウイングを組み込むという従来のGr.Cマシンとは一線を画す空力コンセプトを採用していました。
 
開幕戦鈴鹿でデビューしたXJR-14はほとんどテストをできずぶっつけ本番だったにもかかわらず圧倒的な速さをみせました。。予選で3号車が2位のプジョー 905になんと2秒半の差をつけてポールポジションを奪ったのです。決勝は初期トラブルに泣き2台ともリタイヤも終わっていますが、第2戦モンツァはさらにジャガーショックが駆け抜けました。予選では3号車、4号車共に3位のプジョーに4秒以上の大差を付けてワンツ−、レースでは3号車がストップ・アンド・ゴーのペナルティを受けながらも全車周回遅れにしての圧勝。4号車も1回目のピットストップの際にエンジンが再始動せず、3周遅れの13位まで後退するものの驚異的追い上げで2 位。ジャガー XJR-14は1-2フィニッシュを達成しました。

 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 11 2014 » 0 comments

4月10日更新 CMCの凄さがわかる無塗装モデルが予約受付中です。

無塗装モデルは以前にもメルセデスベンツ SSKLで発売されたことがありましたが、早期に完売しています。
 
今度はブガッティ 57SC コルシカ ロードスター 1938で無塗装バージョンが発売されます。CMCの製品は一般的にダイキャストモデルに分類されていますが、素材としてのダイキャスト伸しよう頻度は少なく、実際は様々な素材を使用して製作されています。
 
銅や真鍮などの非鉄金属、ボンネット、フロアパネル、カバー、トリムや他の部品のためのステンレス鋼。さらには、本革(シート、ドアのサイドパネル)、ゴム(タイヤ)、アルミニウム、ステンレス鋼線(リム/スポーク)、床用のテキスタイル等が使用されています。
 
それら素材使い分けをよりわかりやすく説明するためにあえて素材そのままを無塗装で仕上げた物が今回のモデルになります。CMCのモデルの良さをよりよく知ってもらおうというキャンペーン的な商品ですので1000台の限定になっています。ご予約受付中はお早めに。
 
M-134 CMC 1/18 ブガッティ 57SC コルシカ ロードスター 1938 無塗装バージョン 1000台限定 47,100円
 

 

romuhonten in 未分類 on 4月 11 2014 » 0 comments

4月7日更新 スーパーGT開幕戦を観戦してきました!

 

いつもありがとうございます。

 

昨日はちょっとお休みを頂いてスーパーGTの開幕戦を観戦してきました!

 

長年お世話になっているお客様のご縁で、かの有名なランドクルーザの権威、

 

京都のKOCの皆様とご一緒させていただく事ができました。

 

岡山国際サーキットに向かうため同乗させていただいたのは、もちろん最新ランクル200!

 

初めてランドクルーザーなるものに乗ったのですが、すごくカッコいい~。

 

走りも最高でした。

 

まあ、普通のランドクルーザーではなくKOCさんチューニングなので当然といば当然なのですが..

 

せっかくならお写真を撮らせていただけたらよかったのですが、

 

初めてのスーパーGTに興奮してしまい今になって後悔しています。

 

KOCの社長さんは、毎年開幕戦には行かれているとの事で通な見方を教えていただけて

 

本当に楽しかったです。

 

GTのスーパースター脇坂選手とも昔からご懇意なようで、

 

色々とお話も聞けて興味深かったです。

 

この場を借りてあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

さて到着したサーキット、『すごく寒いから』とは聞いていたのですが、

 

これほどとは……. 真冬の北風!

 

しまいにはレース途中、雪まで降ってきて

 

『スノータイヤ履かないといけないんじゃあないか(笑)』なんて !

 

レギュレーションも変わった今年のGT、凄く速かったですよ~。

 

猛スピードでサイドすれすれ、沢山の車が抜き合いをするのはGTならでは。

 

F1とはまた違った迫力でした。エンジン音もそれぞれの車で異なり目でも耳でも楽しめます。

 

今年も早くエブロで発売してほしいものです。

 

エブロといえばサーキットでもミニカーを販売されていました。

 

ご一緒させていただいた皆さんと一緒に私はこうゆうミニカーを販売しているんです、

 

なんてお話していました。

 

エブロのチェリーが置いてあって、『こんなのもあるんだ。なつかしいなぁ~』と

 

KOCの社長さんがご覧になられてたら、

 

隣にいた見ず知らずのおじ樣が

 

『僕チェリーに昔のっていて、このミニカー欲しいなぁと思ってましてん(大阪弁)』

 

と突然会話にはいってこられました(笑)

 

まあ関西ではよくある事なので、驚きもしません。

 

『このミニカーは絶版でもう流通してませんし、なかなかレアの上に

 

定価より安いから今買っといた方がいいでよ。』

 

と思わず言ってしまい、目を白黒させている知らないおじさま!

 

『この人ミニカーの専門家やから言う事聞いといた方が良いですよ。』とKOCの社長さん。

 

『ほな、買っときます。』とお買い上げされました。

 

P4さん、私1台売り上げに協力いたしましたのでよろしくおねがいいたします。(笑)

 

そんなこんなで、楽しかったスーパーGT、

 

やはり実際に観戦するとミニカーに対する思いも変ってきますね。

 

連れてっていただけてよかったです。

 

 

romuhonten in GT on 4月 07 2014 » 0 comments

4/4日更新 スパーク1/43 リジェJS7 No.26スウェーデン優勝 デカール加工モデル入荷しました!

 

いつもありがとうございます。

 

4月になりましたね。

 

大阪は今がちょうど桜の満開です。

 

私もお休みだった1日に近くの大阪城公園でお花見をしてきました。

 

今年は例年になく外国人観光客の方の姿をよくみかけますが

 

やはり為替の影響もあるのでしょうか。

 

消費税も増税になり、お店によって税抜き表示だったり税込表示だったり

 

色々と混乱しますよね〜。

 

ちなみに当店はすべて税込み表示に統一しています。

 

増税後まず一番に入荷してきたのはスパークモデル。

 

沢山ご予約を頂戴していたプジョー208パイクスピークもおすすめなのですが、

 

今日はリジェJS7 1977スウェーデンGP ラフィーデカール加工品

 

7800円(税込)をご案内したいと思います。

 

 

おそらくリジェのなかでJS11に並ぶ人気車種ではないでしょうか。

 

シャーシ、エンジン、ドライバーオールフランスでエントリーしたマシーンにして

 

リジェ初優勝車、そしてラフィーの初優勝車でもあります。

 

ほんとスパークのSF品番で発売されてもおかしくない車種なのですが通常品での発売です。

 

(最近はナショナル品番のスパークは人気ですぐ在庫切れになるので通常品でリリースされるほうがよいのですが ….)

 

 

美しいフレンチブルーにジタンタバコのスポンサー、

 

フランスの方にとっては実に誇らしいマシーンでしょうね

 

いつかは日本でもオールジャパンでF1参戦できる日が来ればよいのですが…..

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 4月 04 2014 » 0 comments