趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

4月11日更新 ロム特注スパーク第一弾、ジャガーXJR-14 SWC予約受付中

 いつもありがとうございます。本日は長年の夢でありましたロム特注スパーク第一弾の発売のお知らせです!
 

 ちょうど1年前にスパークジャパンが設立され直接取引ができるようになった訳ですが、おつきあいが始まった当初から願っていたのはロム特注スパークの発売でした。

BBRやMRとはそそれこそもう数十年来のお取引ですから、『今年はこれとこれお願いします』『OK』と話は速いどころか逆にBBRでは『ビアンコフジか?』MRでは『ロムのためにアルテミスグリーンは押さえてある、今年ももちろん出すんだろうね、なんだったらフェラーリでアルテミスグリーンはどうか?』なんて脅される位なのですが、

 

1年そこそこのお付き合いで特注モデルを発売してもらおうと言うのも厚かましい話で、信頼関係を気付ける様にそれこそ何度となく直接社長さんにお会いして話を進めてきただけに

 

このロム特注パッケージのスパークを見た時には感慨もひとしおでした。そう、発売するのは人気No.1のGr.Cカー、XJR-14です。

 
 圧倒的速さでSWCの初代チャンピオンに輝いた名車です。スパークからはルマンの予選仕様とスポット参戦したJSPC「Sun Tec」仕様は出ているのですが、本命ののSWC仕様で出ていないのでこれはロムでやらねばとオーダーいたしました。今月末入荷予定でご予約受付を開始しました。

 
ROMU001 1/43 ジャガー XJR-14 SWC 1991チャンピオン モンツァ 2nd T.ファビ/M.ブランドル No.4 250台限定 ¥7,990
ROMU002 1/43 ジャガー XJR-14 SWC 1991 モンツァWinner D.ワーウィック/M.ブランドル No.3 150台限定 ¥7,990
 

 

 今回の発売するXJR-14は今までのルマン仕様やJSPC仕様の流用ではなく新たに考証した結果を反映しています。しかも3号車と4号車の僅かな違いも再現しています。下の画像を見てくださいスパークへの指示書です。リヤタイヤの前のエキパイの位置に注目してください。鈴鹿は路面にかなり近い位置から排気していました。モンツァでは鈴鹿のエキパイの位置より上にもう一つエキパイが出ています。モンツァでは排気の位置が高くなったのです。しかし、急な変更だったのか下側の穴は残ったままになっています。3号車は使っていない元の穴は空いたままなのですが、4号車は使っていない下側の穴はよく見ると塞いであります。今回はその僅かな違いもスパークにお願いして再現してもらってます。この違い知ってました?
 


 

4号車
3号車

 
1991年からグループCカーのレギュレーションがF1と同じ3.5リッター自然吸気エンジンを使用したスプリントレース主体(ルマン以外)となりました。それまで7リッターV12エンジンで戦っていたジャガーを運営するTWR(トム・ウォーキンショー レーシング)が目を付けたのがジャガーの親会社フォードがベネトンに供給していたF1用フォードHBでした。これをジャガーブランドでSWC用にモディファイした訳です。シャーシを設計したのはあのロス・ブラウン。シューマッハが獲得した7度のタイトルはすべてロス・ブラウンの設計によるものでした。アロウズからTWRへ移籍したブラウンが目指したものはスポーツカーではなく「スポーツカーの形をしたフォーミュラマシン」でフロントかカウル内にウイングを組み込むという従来のGr.Cマシンとは一線を画す空力コンセプトを採用していました。
 
開幕戦鈴鹿でデビューしたXJR-14はほとんどテストをできずぶっつけ本番だったにもかかわらず圧倒的な速さをみせました。。予選で3号車が2位のプジョー 905になんと2秒半の差をつけてポールポジションを奪ったのです。決勝は初期トラブルに泣き2台ともリタイヤも終わっていますが、第2戦モンツァはさらにジャガーショックが駆け抜けました。予選では3号車、4号車共に3位のプジョーに4秒以上の大差を付けてワンツ−、レースでは3号車がストップ・アンド・ゴーのペナルティを受けながらも全車周回遅れにしての圧勝。4号車も1回目のピットストップの際にエンジンが再始動せず、3周遅れの13位まで後退するものの驚異的追い上げで2 位。ジャガー XJR-14は1-2フィニッシュを達成しました。

 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in 未分類 on 4月 11 2014 » 0 comments
Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments