趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 3月 2015

3月30日更新 31日,4月1日 ロム本店は定休日になります。

 

F1が面白い事になってきました!

 

ベッテル、フェラーリで初優勝。

 

赤いスーツ姿はいまだに変な感じがするのですが、

 

見慣れる日も来るのでしょか?

 

ライコネンもスタート時のアクシデントの最下位から4位フィニッシュ。

 

何事もなければフェラーリワンツーも十分あり得た走りでした。

 

これでホンダさえもっとまともになってくれたらさらにエキサイトするのになぁ…..

 

昨日のフェラーリ優勝で、『しまった!』と思ってるのは絶対タメオのはず。

 

だってつい数日前に、開幕戦のオーストラリアのSF15のキットの発売発表をしたのですから。

 

どうせなら、初優勝のマレーシア仕様で出すべきでしょう。

 

『ひょっとして変更してくるかなぁ?』

 

『いやいや、タメオのことだからキットは開幕戦仕様で発売して、

 

完成品のほうをマレーシアで発売するとか?』

 

てな話題で今朝はみんなで盛り上がっていました。

 

いや〜久々にフェラーリが強いっていうのはやっぱりいいですね。

 

実はここだけの話、BBRにロム特注でSF15の日本GPをお願いしていています。

 

もちろんオーダーした時点では今年のフェラーリが戦えるマシーンなのかどうか

 

判らない状況でしたので、賭けではあったのですが

 

今は『よっしゃ!』という感じでしょうか(笑)

 

ちょっとここでお知らせです。

 

明日31日(火曜)は定休日なのですが、

 

4月1日も第一水曜日になりますので定休日になります。

 

エイプリールフールなので、定休日に見せかけて実は営業するなんて事は

 

間違いなくありませんので(笑)ご不便おかけしますが、

 

よろしくおねがい申し上げます。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 30 2015 » 0 comments

3月28日更新 究極のウイングカーを目指したロータス80予約受付中

 
今週はマレーシアGP、雨が多いレースです。しかもスコールなので突然大雨になると言うやっかいな天候です。
 
今回の予選も雨、でも今のハミルトンにはこれも全くの障害にならない様ですね。ポールを取った走りにもまだ余裕が感じられました。
 
メルセデスのフロントロード苦戦を阻止したベッテルは流石ですね、去年は何処かモチベーションが下がってしまっていたのか精彩のない走りが多かったですが、フェラーリに移ったのが良かったのか今年はかつての走りに戻ったように感じます。
 
マクラーレン・ホンダはまたQ1落ち、苦しい戦いが続きますね。でも決勝はまたスコールが来るかもしれません。荒れた展開になればベテランふたりの経験が生きてくるかもしれません。特にバトンには期待したいと思います。
 
さて、スパークから新製品の案内が来ていますが、その中でも見逃せないのが ロータス80。
 
ワールドチャンピオンを奪還したロータス79の後を受けて連覇のために究極のウイングカーを目指した意欲作でした。
 
発表当初は前後にウイングが全くなくサイドウイングだけでダウンフォースを得ようとしていました。そのためサイドポンツーン下面に露出しているのはロワアームのみでドライブシャフトも空気の流れを妨げないようにアンダーウイングの上にありました。
 
その79のデビューレースが今回発売された第5戦スペインGPです。実戦に登場した80は発表会仕様と違って前後に通常のウイングを装着していました。
 
意欲的に取り組んだウイングレスですが、残念ながら風洞実験通りには機能しなかったようです。ビューレースは3位で終えていますが、旧型の79で走ったロイテマンが2位になっています。
 
その後もアンドレッティが80、ロイテマンが79と言う体制で数レース戦いますが、80の熟成が進まずついにはアンドレッティも79に戻してしまいました。
 
究極のウイングカーを目指した80はミニカーも今まであまり恵まれていませんでしたが、待望のモデル化なのでお見逃しなく。
 
S4240 スパーク 1/43 ロータス 80 スペインGP 1979 3rd M.アンドレッティ \7,344


 

romuhonten in 未分類 on 3月 29 2015 » 0 comments

3月26日更新 トゥルースケール 1/12 ポルシェ 901 アイボリー&レッド 入荷!

 

いつもありがとうございます。

 

23日の夜からとある国に行っておりまして、しばらく更新が遅れてしまいました。

(遊びで行っていたわけではありません、一応お仕事です)

 

その国で、凄いミニカーショップを発見しました。

 

けっこう大きなショッピングセンターの中にあって数十メートルにわたる

 

ショーケースの中にはずらりと1/43&1/18のミニカーが並んでいます。

 

『これはすごい!これはロムも負けるかも』

 

と思い中に入ろうとすると、入り口がない。

 

???と思っていたらなんとそこは店舗というか、

 

通路にショーケースを並べただけで、それがお店でした!

 

レジもその通路に簡易カウンターを併設してあります。

 

イベントなのではなく常設のお店というから驚きです。

 

定員さんはレジ台で通行人の一目にさらされつつ普通に昼ご飯食べてるし!

 

こんなスペースでもミニカーショップが成り立つんだとそのハングリーさに感動しました。

 

密かに今年のテーマにしていた『挑戦なくしてチャンスなし』(佐藤琢磨選手の言葉です)を

 

体現しているお店にであったなぁと思いました。

 

さて、本日のご紹介です。

 

1/12トゥルースケール ポルシェ901のレッド&アイボリーが入荷いたしました。

 

今年、勢力的に1/12スケールをリリースするTSM。

 

ポルシェ956、962コレクターとマクラーレンF1 GTRコレクターの方からは悲鳴が上がっています。

 

皆様、予算と場所の問題で非常に悩まれています。

 

かといって発売後、完売になったら悔しいし..みたいな

 

1/12のチャージマツダ787Bの発売発表には逆に喜びの声を聞きました。

 

なぜなら1/12が発売されたら、1/87,1/64,1/43,1/24,1/32,1/18と

 

ほぼすべてのミニカースケールで集められるからだそう。

 

1/8もスパークから発売になりますしね!

 

っと、話が脱線してしまいました。

 

TSM初の1/12が今回のこのポルシェ901なのですが、綺麗に仕上がっていると思います。

 

実車をミニカーで再現するとき、単に忠実にスケールダウンするのでは

 

その車のカッコよさが再現されません。

 

1/12というスケールで901のかっこよさが良く伝わってくるので、

 

他の車種も期待持てるのではないでしょうか。

 

 

追伸 この1/12ポルシェ901をご注文の方にもれなく

 

2015年度TSMオールカラーカタログをプレゼントしております。

 

この機会をお見逃し無く!本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 26 2015 » 0 comments

3月22日更新 BBR 1/18ランチア ベータ モンテカルロ ターボ GR.5 レザーベース残り僅か

BBRの新シリーズ、トップマルケスのランチァ ベータ モンテカルロ ターボ Gr.5は価格を抑えながらもBBRそのもののクオリティでお買い得な完成品になっています。
 
1976年末のランチアとフィアット自体のレース部門の統廃合によりラリーチームの人員の大半がレースフィールドへ転向してきた関係もあり、フィアットの意向によりストラトスから次第にフェードアウトしていたワークスレース活動の材料として目を付けたのがベータ モンテカルロでした。。
 
1979年5月のジロ・デ・イタリアでそれまでのストラトスのGr.5仕様と入れ替わるようにして、登場したのがランチア ベータ モンテカルロ ターボ GR.5 でした。。アバルトチューンによりKKK製ターボを搭載し360PSを発揮し、ダラーラにてシャーシ開発されました。
 
今回発売されたのは1981年のルマン仕様です。ピニンファリーナの強力で作られた美しいボディラインが魅力です。ランチア ベータ モンテカルロ ターボ GR.5 はランチア・LC1、ランチア・LC2の登場まで熟成を重ねる事となります。
 
耐久レースがGr.Cに移行し、ラリーシーンでは1982年にGr.B規定の競技用スーパースポーツ・ランチア・ラリー037が登場し、ランチア ベータ モンテカルロはその役目を終えたのでした。。
 
今回入荷したレザーベース仕様は僅か48台しか生産されません。残り少なくなっているのでお見逃しなく。
 

TOP21CPRE BBR/トップマルケス 1/18 ランチア ベータ モンテカルロ ターボ GR.5 “Martini” ルマン 1981 B.ガビアーニ/E.ピロ レザーベース 限定48台 \37,800

 


今回入荷したレザーベース仕様は僅か48台しか生産されません。残り少なくなっているのでお見逃しなく。
 

romuhonten in 未分類 on 3月 23 2015 » 0 comments

3月19日更新 PORSCHE PLATSエディション入荷しました!

 

このあいだのブログで少し触れましたが、珍しい赤マルティ二のポルシェが入荷してきました。

 

 

ポルシェミュージアム特注1/43のスパーク製でPORSCHE PLATS エディションという新シリーズになります。

 

限定500台と少なめ。実車があるのかどうかはわからないのですが、ミニカーとしては面白いかも。

 

 

パッケージの裏にはドイツ語で何やら書いてある……

 

大学時代第二外国語はドイツ語を専攻していたのですが、

 

追試ばかり受けていた私に解読できるわけもなく,

 

翻訳ソフトで調べるも意味判らず。

 

どなたかドイツ語に堪能な方いらっしゃれば教えてください〜。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 19 2015 » 0 comments

宮沢模型特注1/43レイズ トヨタクラウンGRS202 2013警視庁交通部交通機動隊車両 大好評発売中です。

 

 

いつもありがとうございます。

 

さて、初めてかもしれませんこのブログでレイズの事を取り上げるのは…

 

だってねぇ、毎回毎回入荷制限でご予約分確保するのがやっとのメーカーってどうなん?

 

でもそれだけに入手出来た人は嬉しい訳で、それはそれでお客様の為なのか?

 

見方、考え方は色々ですが、いまや入荷制限されるブランドってレイズだけ位ですね。

 

 

今回のモデルも発売後、世間では軒並み完売。

 

しかも宮沢模型さん主催のホビーショーの現地でしかオーダーできないモデルです。

 

そのレアモデルがまだロムにあるのが不思議に思われたのか、

 

『なぜこのモデルが売れないのかが不思議です』

 

というコメントを頂きました。

 

いえいえ、めっちゃ売れてますから(笑)

 

このホビーショーが開催されるのがなぜか毎年火曜日です。

 

お休みの日が出張に消え(泣)

 

会場には1時間もいないかもしれません

(どちらかというとフィギアとかあちらのジャンル主体のホビーショーなので)

 

往復6時間ほどかけて行くからには、

 

一人でも多くの方にモデルが届くように注文数にもそりゃあ気合いがはいります。

 

次々と嫁いでいくモデルを見て、苦労(というほど大袈裟なものではありませんが)

 

が報われる感じ。

 

とはいえ、数には限りがありますのでおはやめに〜。

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 16 2015 » 0 comments

3月14日更新 CMC20周年記念カレンダープレゼントキャンペーン開始します。

 

さていよいよF1が開幕しましたね。

 

予選結果はご覧になられていない方の為に申し上げませんが、

 

フェラーリがなかなか早そうなのがいいですね。

 

ホンダはやはりちょっと問題がありそうですが…

 

なにはともあれ明日の決勝が楽しみです。

 

さて話は変わりまして、CMCから20周年アニバーサリーを記念して、

 

限定カレンダーが発売になりました。

 

 

念のためもうしあげておきますが、これは実車ではなくCMCのミニカーです。

 

自然の背景に遠近法を利用して写真撮影しているので、

 

実車のようにみえますが、写真にうつっているのはミニカーです。

 

でもCMCのミニカーを知らない人がみたら絶対実車にみえるでしょうね…

 

メーカー自身の価格改定と為替の関係、それと輸入消費税の上昇で

 

CMC全体かなり価格アップになってしまいました…

 

CMCの技術力たるやミニカー業界No.1と断言できる位素晴らしいものです。

 

メーカーは自身のブランドに非常にプライドを持っています。

 

それだけにメーカー小売り販売価格を守らないと、取引停止という事になってしまいます。

 

今まで長年のおつきあいですが、実際過去に海外のショプで

 

出荷ストップになった所をいくつか見てきました。

 

ロムではメーカー小売り販売価格をもとに為替レートを考慮した、

 

日本正規代理店として適正な価格を提示させていただいております。

 

ちょっと堅苦しい事を書いてしまいました。

 

価格が高くなってしまった分、もっとソフト面でのサービス充実を目指して行きますので

 

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

と、いう訳で今CMCをご注文の皆様に

 

このCMCアニバーサリーカレンダーをプレゼントさせていただきます!

(先着50名さままでとなります。)

 

ご予約品をご注文の皆様にはメール便にて先にカレンダーのみお届いたしますので

 

この機会をお見逃し無く!

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 14 2015 » 0 comments

3月12日更新 ポルシェ911カレラS マルティ二レーシングエディション 近日入荷します。

 

いつもありがとうございます。

 

一昨日の定休日の日に、この4月に小学生にになる甥っ子に

 

お祝いをあげようと、会いに行ったのですが、

 

『車にはほんま興味なくなったから。』と宣言され

 

じゃあ今何が好きなん?と聞いたら

 

『絶対教えん!らっすんごれらい。』と答えられ、

 

悲しい思いをしている今日この頃です…

 

さてそんな事はどうでもいいのですが、

 

ポルシェ特注1/43スパークからマルティニレーシングエディションが近日発売されます。

 

 

黒マルティ二も白マルティ二も両方カッコいいですね〜。

 

もちろん実車も存在します。

 

2014年世界耐久選手権(WEC)へLMP1クラスで復帰することを記念して、

 

1970年代にレーシングシーンで活躍したスタイリングを反映した特別限定車です。

 

欧州の一部地域と、日本、中国およびアメリカのみにおいて、

 

限定80台が発売されたモデル。

 

実車はホワイトかブラックかを選べるそうですが、

 

なんとミニカーには赤マルティニも存在するとか?

 

詳しくは今後のメール配信にご注意ください。

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 12 2015 » 0 comments

3月9日更新 ホンダF1復活祭に行ってきました。

今年はホンダがF1に再度挑戦すると言うことで「ホンダF1復活祭」と銘打たれた鈴鹿サーキットファン感謝デーに行ってきました。
 
実車のデモランも楽しみでしたが一番見たかったのが第一期から第三期までのF1マシンの展示です。以前はコレクションホールが鈴鹿にあったので何度も行っていたのですが、茂木に移転になってからは見る機会が無くなっていたので久しぶりに見られて嬉しいです。
 
今回は新しいターボエンジンのテストカーMP4/30も展示されていました。他の年代のマシンと比較して改めてF1今のマシンって異常にホイールベースが長〜いと思いました。レギュレーションのせいもありますが、コックピットから前が異常に長いです。
 
マクラーレンホンダMP4/4、MP4/5、MP4/6によるデモランで改めて今のF1のエキゾーストノートは最低だと実感させられました。V10、V12のサウンドにはうっとりしました。まさに「ホンダミュージック」でした。聞き惚れてしまいます。V10 、V12ほどではありませんがMP4/4のV6ターボでも十分迫力のある魅力的なサウンドでした。
 
今のV6ターボと排気量は100ccしか違わないんですが、今のF1は何故この音が出せないんでしょうね。非常に残念です。あと残念と言えばデモランが2周しかなかったことですね。これはちょっと短すぎです。せめて5周、出来れば10周くらい走っているのを見たかったです。
 
今週からいよいよF1が開幕します。シーズン前テストの結果を見るかぎりホンダF1復活の道のりは険しそうですが応援し続けたいと思います。
 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 


 
☆☆☆鈴鹿レジェンド特注ミニチャンプスデカール加工品再入荷しました☆☆☆
ミニチャンプス 1/43 マクラーレン MP4/5 ホンダ 1989 A.プロスト “鈴鹿レジェンド” デカール加工品 10800円


 

romuhonten in 未分類 on 3月 11 2015 » 0 comments

3月6日更新 ドイツ老舗ショップレースランド特注スパーク入荷します!

 

先日のブログで明日7日、鈴鹿ファン感謝デーに行くと書きましたが

 

8日(日)の間違いでした。ごめんなさい。

 

日曜、もし現地で見かけた方はぜひ声をかけてくださいね!

 

さて、まもなくドイツ老舗ショップ特注のスパーク、

 

レースランドゴールドエディションシリーズの新製品、

 

1/43ポルシェ962C Valvoline Jim Beam ST1スーパーカップノリスリンク1989 Walter Lechnerが入荷します。

 

 

ドイツの国内選手権だけに、あまりお目にかかったことのないカラーリングですが、

 

カッコいいですよね。

 

いったい962、956関係ってどれだけ種類があるのでしょう…

 

まだまだ見た事無いカラーリングが存在しそう。

 

なぜこのマシーンを発売したのか聞いたところ、

 

レースランドのオーナーさんであるフレドリックさん曰く、

 

このマシーンをドライブしたWalter Lechnerという人はWalter Lechner’s Racing School という

 

F1レーサー育成のエリートスクールの創始者であり自身もレーサーとして成功した人なんだとか。

 

ステファンベロフやヴェンドリンガーを排出した名スクールだそうですよ。

 

1989年のSAT1スーパーカップシリーズに今日本でもCMしてますが、

 

世界No.1バーボンのJIM BEAMのスポンサーを得て参戦したのですが、

 

シルバーストーンでは見事3位獲得したそうです。

 

次のノリスリンクでは急遽違ったセットアップを要求され、

 

チームが左のヘッドライトを取り付け忘れたモデルを再現したものだそうです。

 

3位のマシーンを特注しないで、このノリスリンク仕様を発売するというこのマニアックさに、

 

うんうんさすがっ!と思わず共感しました(笑)

 

さすがドイツの老舗ショップだけありますね。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 3月 06 2015 » 0 comments

        Older Articles