趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 10月 2016

10月30日更新 来週は横浜ホビーフォーラムですが、その前に11/3(祝)は大阪ホビーフェスが開催されます。

来週は横浜ホビーフォーラムです。

 

沢山の方にお目にかかれる事楽しみにしております!

 

今年はホビーフォーラムの前に大阪ホビーフェスも初開催されます。

 

『関西最大、模型ホビーの祭典』と銘打っているだけあって

 

ミニカー業界からもそうそうたるメーカーさんが出展されています。

 

東京ホビーショーよりも凄いかも。

 

会場限定品などもあるようですよ。

 

詳しくはこちら

http://osaka.hobbyfes.com

 

もちろん私達も見に行きます。

 

どんなイベントなのか今から楽しみですね。

 

と、いうわけで11/3は大阪ホビーフェス→ロム、もしくはロム→大阪ホビーフェス、

 

という感じで皆様予定を組んでおいてください。

 

会場のマイドーム大阪には私もセミナーなどでちょくちょく足を運びますが、

 

ロムからだと地下鉄を乗り継いで30分もあれば到着します。

 

会場の最寄り駅は谷町4丁目駅か堺筋本町駅のどちらです。

 

各駅から約徒歩7分位、両駅間のちょうど真ん中にあるかんじなんですよね。

 

私はいつも東梅田駅から谷町線を利用し谷町四丁目駅から歩きます。

 

御堂筋線の梅田駅から乗車し、本町駅で堺筋線に乗り換え堺筋本町駅に行く方法もあるのですが、

 

本町駅での乗り替え時ホームが遠く、結構歩くので谷町線を利用する方が、若干楽かな??

 

ホビーショーやイベントはどうしても関東での開催が多く、残念な思いをされてる皆様、

 

ぜひぜい大阪ホビーフェスに足を運んでみて下さい。

 

追伸 11月1日、2日は第一火曜、水曜のためロム本店は定休日となります。

 

よろしくおねがいいたします。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 30 2016 » 0 comments

10月26日更新 オートアート 1/18 湾岸ミッドナイト 悪魔のZが待望の入荷

湾岸ミットナイトの「悪魔のZ」が遂に発売になりました。

 

湾岸ミットナイトは楠みちはる氏が1990年から2008年まで連載していた人気コミックで同じヤングマガジン誌で連載していた「頭文字D」と共に人気を博していました。

 

主人公・朝倉アキオがドライブする「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において展開される公道バトルを描いています。

 

地獄のチューナー・北見淳が作り上げた一台のフェアレディZ(S30)。 それはエンジンを輸出用のL28に積み替られていました、それを3.1リッターまで排気量を上げ、更にツインターボを装着しパワーアップを図っていました。

 

絞り出したパワーはなんと600馬力以上、そのパワーは乗る物を魅了してしまいますが、誰も乗りこなすことが出来ず、事故を重ねてオーナーが変わり、事故死する者もいたことからそのマシンはいつしか「悪魔のZ」 と呼ばれるようになっていきました。

 

そして最後のオーナーが主人公の朝倉アキオ、アキオ自身も最初は事故を重ねますが、やがて悪魔のZはアキオを受け入れ、一体化していきます。

 

漫画の中で悪魔のZは。まるで生き物ようにくるおしく身をよじるように、自らの意志があるように走ると表現されています。この作品はジャンルとしては車漫画であり、湾岸線でチューニングカー同士が公道レースをするのが話の軸です。

 

ですが、頭文字Dが臨場感のあるバトルを描いているのに対して湾岸ミットナイトはバトルのシーンは多いのですが、走りの細かいテクニックはあまり描かれていません。

 

 アキオと彼を取り巻く人間が悪魔のZに魅了される姿を描くことによって読者もまた悪魔のZに魅了されていく。独特のその世界観が魅力でした。。それが悪魔のZが今なお絶大な人気を保っている理由でしょうね。

 

悪魔のZは元々はフェンダーミラーでしたが、途中からドアミラーになっています。オートアートのZはドアミラーになってからのZを再現しています。

 

ドアミラーのS30 Zって今までどこからも出ていないと思います。貴重ですね。北見チューンのL28改3.1リッターツインターボエンジンもしっかり再現されています。ヘッドがカウンターフローなのでキャブレターの下にタービンがあるので見えにくのがちょっと残念です。

 
メッシュチューブのパイピングも再現されています。個人的にはこのエンジンを搭載したハコスカやケンメリ スカイラインが発売されることを期待しています。
 

77451 オートアート 1/18 ニッサン フェアレディ Z S30 "湾岸ミッドナイト 悪魔のZ" ¥23,544
 


 

romuhonten in 未分類 on 10月 26 2016 » 0 comments

10月22日更新 まもなく開催のホビーフォーラム、今年のロムの場所はココです!今回は開場限定発売品もあります。

 
 このたびの鳥取地震被害を心よりお見舞い申し上げます。私の祖母や親戚が沢山住んでいる場所がまさに震源地の場所だったので、昨日はかなり驚きました。余震も早く収まる事を願ってやみません。
 
 さて今年のホビーフォーラムは11月6日、おなじみ横浜大桟橋ホールで開催されます。今年のロムの会場内出店場所がきまりましたのでおしらせします。
 

   だいたい去年と同じ場所だと思います。同じ『I』のブースにはお世話になっている、ルマンでおなじみ『フジヤ』さんとフィニッシャーズの『オートモでリGT』さんも出展されていて嬉しいです!
 
フォーラム委員会の方のお計らいかな?
 
毎年ホビーフォーラムに参加して思うのは、ミニカーコレクターの方だけではなく、模型作りをされるモデラーさんが多いなぁということ。元々ロムだって商売の始まりはキット専門の模型店でしたからねぇ
 
という訳で今回はモデラーさんにも喜んでいただきたいという事で、ホビーフォーラムで『ロム特注1/20 ティレルP34用レインタイヤ』を特別限定再販いたします(50セット限定)
 
こちらは数年前にあっとゆう間に完売したパーツなのですが、未だお問いあわせ頂き、このたびホビーフォーラムで限定再販することになりましたのでぜひぜひお見逃しなく。
 
タイヤ自体はモデルファクトリー ヒロで作ってもらっています。レジンではなくゴム製のレインタイヤです。
 
 フジミから単体で発売されているレインタイヤはフロントの内径が大きいためタミヤのホイールにはブカブカで合いません。タミヤにベストマッチするように作っています。
 


 

 

この一年間も、ホント沢山の新製品が発売されましたよね。あれもこれも、本当はぜ〜んぶ欲しい!気持ち、とってもよくわかります。でもお財布事情、コレクションスペース事情で取捨選択しなければならないこの辛さ。
 
そんな皆様の1年間のストレスを癒すべく、考え抜いた品揃えでお待ちしております。フォーラム当日は皆様のコレクター魂が炸裂する事を願ってやみません(なんじゃそりゃ)
 

とにかく、皆様にお目にかかれること楽しみにしておりま〜す!
 

romuhonten in 未分類 on 10月 22 2016 » 0 comments

10月21日更新 ティレル 020は何故失速したのか

ロム特注のティレル 020 日本GPの発売を開始しました。
 
1990年のワールドチャンピオンエンジンを搭載しながら結果的にティレル 020は期待された成績とはほど遠い結果しか残せませんでした。
 
モデナが2位、4位、6位が各一回の入賞3回、中嶋は開幕戦の5位のみに終わっています。なぜ前年のチャンピオンエンジンを積んでいながら惨敗と言って良い成績に終わってしまったのでしょうか。
 
そのすべての原因は資金不足にありました。1990年のティレル 019を見れば分かりますが、大口のスポンサーは付いていません。資金不足は明らかです。
 
そのような状態でホンダエンジン用の完全新設計のニューマシンが作れるはずもありません。020はパワーアップに伴って必要なガソリンを積むために燃料タンクを拡大した019だったのです。
 
軽量、コンパクトなV8エンジン用を積んだマシンが、燃料タンクを大きくし、重いエンジンを搭載したテールヘビーのマシンになって019の軽快なハンドリングを失ってしまいました。
 
また、1991年から空力レギュレーションが変更になり、リヤウイングのオーバーハングが100mm短くなってダウンフォースも減少、フロントウイングもウイングも幅が100mm短くなってフロントもダウンフォースが減少しました。
 
更に019の特徴である超ハイノーズとアンヘドラルウイングの空力コンセプトを考案した空力デザイナーのジャンクロード・ミジョーがシーズン前にチームを離脱しダウンフォースが減少した対策を取れませんでした。シーズン途中にはテクニカルディレクターのハーベイ・ポスルスウェイトまでもがチームを離脱し、ティレルの開発体制は完全に崩壊してしまいました。
 
あと、ハイパワー、低重心のホンダエンジン用に新設計したギヤボックスにトラブルが頻発し多くのレースでリタイヤの原因になりました。ギヤボックスをマクラーレンから供給してもらっていれはもっと完走率が上がったでしょう。
 
そしてトドメをさしたのがピレリタイヤ、グッドイヤーに大きく差を付けられていた上にタイヤの特性が、V8エンジンを積むベネトンに最適化されていてティレルには合っていませんでした。
 
タイヤの性能が劣るのは分かっていましたが、ティレルは有力チームを確保したいピレリからかなりの資金援助を受けていたためグッドイヤーに変えることも出来なかったのです。1991年限りでピレリは撤退を決定したためシーズン途中からはタイヤも開発されなくなってしまいこれも低迷の一因になりました。
 
中嶋が1991年限りで引退を決めたのもこのようなチーム状態に失望したのが一因ではないかと思います。
 
ROMU015 ロム特注スパーク 1/43 ブラウン ティレル 020 ホンダ 日本GP 1991 中嶋悟 “鈴鹿ラストラン” 限定300台 9,500円

 

romuhonten in 未分類 on 10月 22 2016 » 0 comments

10月20日更新 電話でのお問い合わせ大歓迎です!

 

ネットショップのご注文に関して、基本やりとりはメールでさせていただいていますが、

 

電話でのお問い合わせも大歓迎です。

 

ミニカーのことなら何でもロムにお問い合わせください!!

 

という訳で今日は皆様に、ちょっとご紹介したい事があります。

 

ロムにはお問い合わせ電話番号が4回線あるのはご存知でしょうか?

 

なんと、スタッフ一人一人に直通専用電話があるんですよね。(ちょっと凄くないですか??)

 

各電話番号をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

06-6486-2800

こちらはミニカーのお問い合わせの番号になります。

(スパーク/イグニッション/ミニチャンプス/エブロ/その他色々)

 

私、徳田がご対応させていただきます!

 

私はお客様の声を覚えるのが得意です。

 

いつもお電話下さる方は名乗って頂かずとも何方か判ります。

 

予約の際も『○○予約したいんだけど』これだけでOK。実に便利です。

 

顔パスならに声パス目指してじゃんじゃんお電話ください。

 

基本関西弁ですが、お問い合わせ頂くかたのイントネーションにつられやすいです(笑)

 

 

06-6486-3000

こちらはデカール、パーツ、キット、

 

ハンドメイド完成品(ロムファクトリー/DG/BBR/MR/LSなど)のお問い合わせ番号です。

 

F1オタク、中西がご対応させていただきます。

 

コテコテの関西弁しか話せませんが、

 

コテコテのオタク談義をしたい方はこちらの番号にお電話ください。

 

 

06-6486-7000

こちらは修理とデカール加工のお問い合わせ番号になります。

 

牟田がご対応させていただきます。

 

修理のお問い合わせはケースバイケース、症状によってどのような修理行程になるか

 

皆様に判りやすくご説明させていただきます。

 

北九州出身なんで若干変な関西弁ですが標準語も対応しています!?

 

 

06-6377-2700

こちらはミニカーの買取と中古品販売の専用番号になります。

 

宮坂がご対応させていただきます。

 

モータースポーツから船、戦車、飛行機、アニメまで守備範囲の広さはロム随一。

 

基本関西弁ですが、時々標準語も話せるようです。

 

 

 

と、このように4つの回線がございますのでミニカーのことならなんでも

 

お気軽にお電話下さいね〜。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 20 2016 » 0 comments

10月17日 トヨタがルマンでの雪辱を晴らしてくれました。

 

昨日のWEC冨士、トヨタがルマンの雪辱を晴らしてくれました。

 

ネットでレース状況は確認していたのですが、

 

何せお店は営業中ですのでずっと張り付いているわけにもいきません。

 

やっぱりアウディなのかなぁ〜と諦めていたのですが、

 

ネットで確認せずとも私にはレース結果が判ってしまいました。

 

なぜならロムのウェブショップ、↓の注文が急に増えたので。

 

http://www.romu-romu.com/item/54772.html

 

皆様、行動が素早いです。さすがです!

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 17 2016 » 0 comments

10月15日更新 初モデル化!イグニッションモデルから最期のワークスポルシェOMURON962C WECジャパン1988が発売になります。

 

 

いつもありがとうございます。

 

今日は冨士でWECの最終戦ですね。

 

お天気もよさそうです。

 

一度は行ってみたいけど冨士は遠いなぁ…

 

トヨタは総合優勝の可能性はないもののホームで、ぜひ一矢報いてほしいものです。

 

さてさてCカーファンの皆様お待たせしました。

 

イグニッションモデルから最期のワークスポルシェ

 

OMURON962C WECジャパン1988が発売になります。

 

 

1988年ルマンでおしくもジャガー優勝を奪われ、シリーズから退く決意をした、

 

おなじみシェルカラーのワークスポルシェ962C。

 

バンシュパンたっての願いで1988年、シリーズの最終戦である冨士で1回限り復活。

 

それこそがまさしく最期のワークス、オムロンポルシェです。

 

その最期の戦いで優秀の美を飾れれば最高だったのですが、この年の冨士優勝車は……

 

『ロム特注スパーク ジャガーXJR-9 WSPC 冨士 1988』なのです。

 

 

 

『ロム特注スパーク』はべつに書かなくてもいいのでは?という声が聞こえてきそうですが…….

 

イグニッションモデルの宣伝をしつつ、ロム特注を売り込もうという

 

この素晴らしい大阪商人魂!うちのジャガーはなんたって優勝車ですから。

 

とはいうものの、このオムロンポルシェのモデル化を

 

待ち望んでいた方は沢山いらっしゃるはず。

 

ご予約おみのがしなく。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 15 2016 » 0 comments

10月10日更新 日本GP終了。次のイベントは横浜ホビーフォーラムです。

 

臨時休業させていただいた甲斐あって研修は無事終了しました。

 

ありがとうございました。

 

毎年なんだかんだでスムーズに出発できない訳あり軍団の私達一行なのですが、

 

今年はとても順調なスタート。

 

交通渋滞もなく、道にも迷わず予定よりかなり早く第一休憩場所、

 

名阪国道の伊賀SAに到着。

 

ここを第一休憩場所にしたのは、数年前立ち寄った際に食べた

 

伊賀牛ラーメンが忘れられなかったから。(そんな理由か…)

 

麺を半分あげるから、そのかわり伊賀牛半分ちょうだい!

 

などど非常にレベルの低〜い会話で盛り上がりながら、

 

皆伊賀牛ラーメンを食する気満々!

 

がしかし、早く到着しすぎた為レストランがまだオープンしていない。

 

ガ〜ン。

 

しかたなくサーキットへ向かうも一旦火がついたラーメン欲を抑えられず、

 

鈴鹿周辺の美味しいラーメン屋さんを探すという本来の目的を忘れ脱線し始める一行。

 

しかしお腹が満たされればちゃんと軌道修正、

 

一路サーキットへ向かいました。危ない所でした。

 

 

メルセデスは早々とコンストラクターズを決めました。

 

フェラーリはもうちょっとだったのになぁ〜!!残念。

 

でもリタイアとかじゃあなくよかった。

 

ホンダは鈴鹿スペシャル投入が仇になるとは。めっちゃ遅かったですね。

 

今日は鈴鹿にいかれたお客様ともっぱらF1談義、

 

お宝写真やお宝サインを沢山見せていただきました。

 

日本GPが終わったら次のイベントは横浜ホビーフォーラム!!

 

今年は11月6日(日)横浜大桟橋ホールでお目にかかれるのを楽しみにしております!!

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 10月 10 2016 » 0 comments

10月7日更新 GP Car Story最新号 Vol17にタメオの歴史が特集されています!

 
先日発売になったGP Car Story の最新号に『天下唯一孤高のブランド』と題しましてタメオの完成品のディテールと天才ルカ・タメオ氏の半生を振り返ったインタビュー記事が掲載されています。
 

 
この記事の特集にあたって編集の方から、日本総代理店であるロムにルカ・タメオ氏に対するインタビューの仲介依頼をいただきました。
 
そして、出来る事ならルカ氏のプロフィール写真も貰ってほしいとの事でした。
 
中西チーフと私はルカタメオ氏に数年前のニュルンベルクで実際にお目にかかった事があります。背が高くもの静かな感じの方で、イタリア人ぽくない雰囲気の方という印象がありました。
 
職人気質のジェントルマン、でもその分気難しい所もあるのかなぁ〜とそう言う感じでした。
 
なぜそんな印象を抱いたかというと、普段は私達、直接ルカ氏とはやり取りはしないんです。受注や今後のリリース案内、その他諸々の事はルカ氏の妹さん、クリスティーナさんが引き受けてらっしゃいます。なのでクリスティーナさんには親しみがあるのですが、ルカ氏にたいしてはそれこそ『孤高の天才』というイメージが強かったのでそんな風に感じたのかもしれません。
 
なので、インタビューに気軽に答えてくれるのかなぁ??ましてプロフィール写真なんか気軽に送ってくれるのかなぁ……という一抹の不安を抱えつつオファーのメールを送りました。
 
そうしましたら、速攻返事がありました。ご自身の半生そして、なんと衝撃のプロフィール写真が超沢山!(驚)雑誌に採用された写真は無難な笑顔のショットだったので(笑)せっかくですからここで全部ご紹介したいと思います。
&nbsp

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 
もうプロフィール写真を超えてブロマイドの域に達しています。1ダウンロード500円、皆様待ち受け画面にいかがですか?模型運がよくなるかもしれませんよ!?(謎)
 
こんなキャラだったのか〜。天才ルカタメオ氏。イタリアのチョイ悪オヤジの魅力満載です。今度お目にかかる機会があったらこのブロマイドにサイン貰わねば!と決意した今日この頃です。
 

romuhonten in 未分類 on 10月 07 2016 » 2 comments

10月6日更新 F1日本GP開幕! 申し訳ありませんが10/9は研修のためロム全店臨時休業になります。

いよいよ日本GPが開幕しますね。

 

明日から鈴鹿入りされる方も多いのではないでしょうか?

 

毎年恒例になっておりますが、決勝日9日は研修!?のため研修ロム全店臨時休業になります。

 

ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。

 

毎年必ず、お客様には現地で偶然お会いします。

 

私達をみかけたらぜひお声をかけて下さいね。

 

私は皆にROMUのTシャツを着ていこうと提案しているのですが、

 

『それはちょっとどうかな?』他の皆からは嫌がられてます。なんで〜??

 

台風は過ぎ去ってくれましたが、天気予報は微妙。

 

牟田店長には雨男ぶりは発揮しないで頂きたいです。

 

9日は皆様にご迷惑をおかけします、お詫びといってはなんですが、

 

F1日本GP開催にちなんだスペシャルなモデルのご案内を予定しています。

 

明日と明後日に流れるメルマガ号外をおたのしみに〜。

 

メルマガをまだご登録いただいていない方はこちらからお申し込みいただけます。

http://www.romu-romu.com/category/157.html

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 10月 06 2016 » 0 comments

        Older Articles