趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

2月7日更新 真っ赤な嘘発覚!BBRとミニチャンプスのコラボと案内されていた1/18ダイキャスト製SF16-Hはミニチャンプス製ではありません!

 
 昨日に引き続きニュルンベルクトイフェア情報。ついにミニチャンプスからフェラーリモデルが復活!?と噂されていた1/18ダイキャスト製フェラーリSF16-H。

BBRがフェラーリの版権の手助けをし、ミニチャンプスが発売するとまことしやかに話題になっていましたがこれはフェラーリだけに真っ赤な嘘!であることが今回のトイフェア訪問で判明しました。

 

事実は、1/18 SF16-Hは紛れも無いBBRオリジナル製品。京商はこの製品をミニチャンプス特注BBRとアナウンスしていますが正しくありません。

過去にBBRからダイキャスト製の1/18 ENZOフェラーリが発売になりましたよね。あれと同じ事です。では一体なぜこの情報にミニチャンプスが関わってくるのかというと、このダイキャスト製のBBR SF16-Hのドイツでの販売代理店はミニチャンプスなんですね。なのでミニチャンプスのブースにもBBRのSF16-HとF12が展示されていますが、BBRの販売代理店、単にそれだけ。

 

京商製品もミニチャンプスのブースに展示されていますが、これも同じくドイツではミニチャンプスが京商を輸入していると言うことです。

つまり、ミニチャンプスが開発し販売している訳ではありません。ダイキャストモデルの場合、生産台数がレジンモデルと比べ物にならないので、ENZOの時と同様にBBRは国、地域ごとに総代理店を定め販売することを決めました。それらかミニチャンプスの代理店と同じであるとからこのような誤解が生まれたようです。

 

あたかもBBRとミニチャンプスが企画面でコラボして発売するかのように案内されたのは日本の代理店の京商さんです。私もこの案内を信じて、BBRの社長さんに、『例のBBRとミニチャンプスのコラボのSF16の事なんですが…』と尋ねましたか開口一番『勘違いしてもらってはこまる、このモデルはBBRが企画するBBR製の商品だ、ミニチャンプスは単なる販売代理店の1つだ』と少し怒り気味に答えられました。そ

 

りゃそうですよね、自社のモデルが他社製品とのコラボ品だと言われれば、プライドを持ってミニカー製作しているメーカーとしては不快ですよね。日本で受注を受付けるときは単に、ダイキャスト製BBR1/18フェラーリSF16Hが発売されます、という情報だけでよかったはずでそこにミニチャンプスの文字を入れて案内する必要は何もなかったのでは!?

 

沢山注文もらうためにミニチャンプス+BBRみたいな案内をしたのかと疑ってしまいますね。という訳でこのダイキャスト製SF16T、ミニチャンプスだと思ってご予約された方はロムではキャンセルを承ります。お気軽に覆い合わせください。現物はもうすでに出来ていましたが、出来はよかったですよ。だってそりゃ、なんたってBBR製なんですから!

 

BBR製 SF16-Hの予約はだませ合います。

 

PBBR181605 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H オーストラリアGP 2016 セバスチャン・ベッテル (ダイキャストモデル) ¥28,080
PBBR181607 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H オカーストラリアGP 2016 キミ・ライコネン (ダイキャストモデル) ¥28,080
PBBR181615 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H 中国GP 2016 セバスチャン・ベッテル (ダイキャストモデル) ¥28,080
PBBR181617 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H 中国GP 2016 キミ・ライコネン (ダイキャストモデル) ¥28,080
PBBR181625 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H イタリアGP 2016 セバスチャン・ベッテル (ダイキャストモデル) ¥28,080
PBBR181627 BBR 1/18 フェラーリ SF16-H イタリアGP 2016 キミ・ライコネン (ダイキャストモデル) ¥28,080

 
 

 
価格がまだ決まっていませんがSF16-Hの次はF12ベルリネッタの発売が決まっています。サンプルもすでに出来上がっておりトイフェアで展示されていました。クオリティは非常に高く発売されると人気を集めそうです。価格が決まり次第予約受付を開始します。

 

 
F12の後も魅力的な発売予定が控えています。ラ・フェラーリ、FXX K、ラ・フェラーリ アペルタ、そして以前アナウンスされながら発売されなかったF430 スクーデリアとスクーデリア スパイダー 16Mも発売されます。現在、ダイキゃストモデルはブラーゴしかない状態なのでBBRの復活は大いに歓迎されると思います。

 

romuhonten in 未分類 on 2月 07 2017 » 2 comments
2 comments so far. »
| Leave a Reply
  1. 通りすがり says on 2月 09 2017 at 10:48 AM:

    ロムさんは非常に不快な書き方をされますね。
    勘違いかもしれないことを、さも鬼の首を取ったかのような書き方をされていますね。

    ただでさえロムさんの評判は良くないのにメーカーさんにも敵を作ってどうしたいのでしょうか?
    第一、ロムさんはBBRの”正規代理店”なら京商は関係ないと思うのですが・・・・・

  2. 元やぶ says on 2月 09 2017 at 2:33 PM:

     やはりそうでしたか!?
    ミニチャンプスのwebにModels of supplier BBRとあるので不思議に思っておりました。
     つまりK社が「PMA社を通じて仕入れる」と言う意味なんでしょうかね。これは混乱をもたらすだけですねぇ。

Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments