趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 1月 2018

1月29日更新 CMCの2018年発売予定が判明。

 
 今年も1月31日よりニュールンベルグでトイフェアが始まりますが、CMCの出展内容がわかりました。今年も充実した内容になっています。
 
CMCとして初めてジャガーが発売されます。ストリート バージョンとルマンの優勝車を含むレースバージョンが発売になります。

  昨年末発売されたランチァ D50のシャーシが発売になります。傾けられたエンジン、ドライバーシートの横を通るドライブシャフトなど独特の構造がよくわかります。
 

 
1956年D50はフェラーリに売却され、ランチア・フェラーリ D50となります。ショートノーズ、ロングノーズ等5バージョン発売になります。
 

 
 D503台セットが発売になります。ファンジオセット、コリンズセットそれぞれ200台限定です。ショーケースとフィギュアが付ます。
 

 
 全くの新原型の新作としてフェラーリ 275 GTB/C、メルセデスベンツ 600プルマンが発売されます。
 

 
 メルセデスベンツSSKLが再販されると共に新バージョンが追加されます。
 

 
 メルセデスベンツ タルガフローリオが再販されると共に新バージョンが追加されます。
 

 
価格についてはトイフェアから帰り次第発表致します。
 

romuhonten in 未分類 on 1月 29 2018 » 0 comments

1月27日更新 ユーロスポーツ特注ルックスマートフェラーリF2007中国GP、ブラジルGPデカール加工2台セット 近日入荷予定です。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日ユーロスポーツ特注ルックスマート1/43 フェラーリF2007

 

中国GPとブラジルGPが入荷してきました。

 

ライコネンの唯一のワールドチャンピオンモデルのF2007。

 

中国GPではフェラーリ通算200勝の記念すべき優勝となり、

 

最終戦のブラジルでは劇的なレースを制しワールドチャンピオンを獲得しました。

 

こちらが本日入荷してきたモデルです。

 

 

 

皆様こちらのモデル同じではありません。

 

上がブラジル、下が中国GPです。一体何処が違うの??

 

よくよく見てみるとシャークルーバーの数が僅かに1個違うだけ

 

これはデカール加工しなかったら2台揃える意味がありませんね……

 

ブラジルはタバコ加工禁止のバーコード仕様、中国はマルボロ仕様です。

 

ロムではもちろんタバコ加工品も発売いたします。

 

 

 

 

 

ロム限定、GPバーコード加工仕様と中国GPマルボロ加工仕様の

 

2台セットも発売いたしますのでこちらもおみのがしなく。

 

http://www.romu-romu.com/item/65240.html

 

2月上旬から中頃にかけて発売予定です。

 

今年引退と噂されているライコネン。

 

ワールドチャンピオンとまでいかずとも、どこかのGPで優勝してほしいなぁ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 1月 27 2018 » 0 comments

1月26日更新 CMCから新ブランド発売発表 その名も『CMC TOY』

 

 

 

本日CMCから連絡がありました。

 

今月末31日から開催されるニュルンベルクトイフェアに先駆けて

 

新製品の発表でもあるのかな?と思いきや、

 

なんとCMCから新しいブランドが立ち上がるとの事。

 

その名は『CMCTOY』だそうです。

 

どうやらチョロQのようなプルバックタイプのミニカーや電池で動くを発売する様です。

 

最初のシリーズはBMW M コレクションと称し、

 

BMW M2 Coupé (blau), BMW M4 Cabrio (gold), BMW M6 Gran Coupé (silber)

 

そしてBMW X6 M (matt schwarz)を発売するとのこと。

 

toy なので対象年齢は3才からと歌ってはいますが、

 

しかし大人のコレクターにも自信をもっておすすめできるとのCMC談。

 

スケールおよび価格はまだ不明、おそらくトイフェアで発表という事になるのでしょうが、

 

それにしても衝撃的な情報です。

 

CMCがTOYをつくったら一体どんな事になるんでしょうかねぇ??

 

 

ホームページもありますがまだ内容は無いようです。

 

私達も2/1日には現地に赴くので詳細は追って報告させていただきますね。

 

今年はドイツのほうが暖かいかも(笑)

 

http://cmctoy.de/

 

昨日、会報のWhat’s Upを発送しました。ロム特注F1モデルを掲載していますのでお楽しみに。

 

今回の特注はこんなマシンです。

 

予選15位、スタートは1周目にクラッシュが発生し赤旗、再スタート。13周目にはウォーウィックを鮮やかにオーバーテイク、その後も着実に順位を上げていき、レース中盤には9位。

 

37周目にはナニーニを抜いて6位にアップ。終盤の46周目には自己ベストラップを更新し、ゴールまでポジションを守りきり、みごと6位に入賞した。

 

と言うマシンになります。そのドライバーにとってのベストレースの一つです。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 1月 26 2018 » 0 comments

レースランド特注スパーク 1/43ホンダRA301ドイツGPジョンサーティス再入荷しました。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

好評につきレースランド特注スパーク1/43ホンダRA301

 

ドイツGPジョンサーティス300台限定モデルが緊急再入荷して参りました。

 

RA301は第一期ホンダF1最後のマシーン(正確にはRA302もありましたが1戦しか出走していない)で、

 

意味のあるモデル化なのですが、

 

RA301でサーティスならば2位に入賞したフランスGPでしょう!?

 

というツッコミを入れたくなりますよね?

 

でもそこは流石レースランドさん、3週リアイアでも敢えてドイツGPで発売です。

 

レースランド特注スパークの通称ゴールドエディションは

 

すべてドイツでのレースに拘って発売されています。

 

こんなカラーリングあったんだ〜と毎回関心させられます。

 

社長さんのフレドリックさんにはトイフェアでお目にかかった事がありますが、

 

中西チーフと同じ匂いがしました。

 

根っからのモータースポーツオタクですね。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/65618.html

 

 

思えばこのレースランドさんとのお付き合いも相当古いんですよね〜。

 

私がロムに入った頃は既に取引がありました。

 

雑誌『ミニチャンプスの世界』が発売されミニチャンバブルで

 

新製品がショート(入荷制限)しまくっていた頃、PMA地元のレースランドさんから、

 

日本で入手し難いミニチャンプスを分けてもらっていました。

 

ロムは創業32年、レースランドさんは25.6年?なので創業当時からのお付き合いです。

 

どんなきっかけで取引が始まったのかな〜とうちの社長に聞いてみましたら

 

『忘れた。』そうです(笑)

 

忘れる位古くからのお付き合いと言う事ですね!

 

ロムもがんばってレースランドさんに負けない魅力ある特注品を発案せねば!!

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 1月 23 2018 » 0 comments

1月22日更新 スパーク1/43ポルシェ919ハイブリッド2017年ルマン優勝車再版がきまりました。

 

 

 

 

本日は残念なお知らせと嬉しいおしらせが一つづつ。

 

まず残念な方から、イグニッションモデルさんから発表があり、

 

京商×イグニッションモデルコラボ企画のHEADLINER(ヘッドライナー)ブランドの

 

フェラーリモデルの発売中止のアナウンスがありました。

 

ライセンス関係の問題で発売できなくなったとの事。

 

ご予約いただいていたお客様には申し訳ないです。

 

ニュルンベルクトイフェアを前にフェラーリのライセンス契約にまた変更があったのでしょうきっと。

 

イグニッション製のフェラーリ楽しみにしていたのになぁ……

 

そして嬉しいお知らせの方はスパークから。

 

発売後、どこのお店でもたちまち完売になってしましった

 

スパーク1/43ポルシェ919ハイブリッド2017年ルマン優勝モデルの

 

緊急再版がきまりました。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/65422.html

 

 

スパークのルマンウィナーシリーズだけは絶版になることはなく再版されるのですが、

 

ここ数年のルマンウィナーシリーズに関しましては、

 

商品発売後、再版は1度だけというパターンが続いていますので

 

今回タイミングをのがすと5年以上は待たないといけないかもしれません。

 

ポルシェが今後ルマンに復活しなければ最後のマシーンになるかもしれず、

 

お買い逃されたかたは今回のご予約をお見逃しなく!!

 

 

 

おまけ 今月末にロム特注スパーク1/43 日本人F1モデルの発売が決まりました〜。

 

月末頃のメルマガにご注意ください。

 

今月のミニカー情報誌『ワッツアップ』にて情報初公開します。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 1月 22 2018 » 0 comments

1月19日更新 ルックスマートポルトフィーノ、待望のロッソコルサ入荷

 

今年は行かなかったのですが、東京オートサロンで行われていたオークションにニッサンの グループCカーが出品されていたそうです。
 
ル・マン24時間レースを戦った本物のグループCカーですよ。ゼッケンか違いですが、ルマンでポールポジションを取った90CKです。強烈に欲しいです。
 
お値段なんと、1億7500万で落札されたそうです。高いですが、思ったより安いな〜と思いました。

2〜3年前にビットコインを買っとけば90CK買えたかもしれません。う〜ん残念。
 

 

さて、ルックスマートからフェラーリ ポルトフィーノのロッソコルサが入荷しました。
 
ポルトフィーノは「カリフォルニアT」後継のオープンモデルです。「ポルトフィーノ」とは、イタリアで最も美しいとされる街の名に由来します。
 
フロントに搭載する3,855ccの新設計V型8気筒ターボユニットは、2016年、2017年のインターナショナル エンジン オブ ザ イヤーに選出された同タイプエンジンをベースに、新コンポーネントの採用とエンジン制御ソフトの見直しを行い、
 
前モデルの「カリフォルニアT」から40psアップの最高出力600ps(441kW)/7,500pmをたたき出します。

 

<1/43 メーカー完成品 新製品>
LS480E 1/43 フェラーリ ポルトフィーノ 2017 クローズドルーフ ロッソコルサ ¥21,000
LS480F 1/43 フェラーリ ポルトフィーノ 2017 クローズドルーフ アブスホワイト/ブラックルーフ ¥21,000

 

 

romuhonten in 未分類 on 1月 19 2018 » 0 comments

1月16日更新 ミニチャンプス1/43シューマッハ25周年アニバーサリーコレクション ベネトンB192ベルギーGP1st winデカール加工品入荷しました。

 

 

 

 

レイアウト変更から約1週間、店内の何処に何が並んでいるかようやく慣れてきました…

 

さて本日は国内未入荷のミニチャンプスが入荷してきました。

 

1/43ベネトンB192 シューマッハ1st win 25周年アニバーサリーコレクション

 

1992年8月30日ベルギーGP デカール加工品 16800円

 

限定1225台 シリアルナンバー入り

 

http://www.romu-romu.com/item/65716.html

 

 

 

B192のベルギーGPはユーロスポーツさん特注ミニチャンプスで過去に発売されていましたが、

 

今回のモデルはフィギアがガッツポーズ!?仕様になっています。

 

どこかの特注モデルかと思ったのですが、特に記載がないので通常品なのかも?

 

シューマッハ25周年アニバーサリーコレクションのNo.1となっています。

 

今後シリーズ展開されるのかもしれませんね。

 

今の所国内入荷の案内はありません。

 

少量入荷なのでお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 1月 16 2018 » 0 comments

1月15日更新 アメリカン レーシングのレジェンド、ダン・ガーニー氏死去

 

1960年代にF1ドライバーとして活躍、マニュファクチャラー、チームオーナーとしても成功したダン・ガーニー氏が14日、肺炎による合併症で死去しました。86歳だったそうです。

 

 

 ガーニーはF1でフェラーリ、BRM、ポルシェ、ロータス、ブラバム、マクラーレンをドライブしたほか、自身のチーム、オール・アメリカン・レーサーズが製作したイーグルで1967年には優勝も果たしています。

 

 また1967年にはフォードGT40でル・マン24時間レースに優勝。この際にガーニーが表彰台でシャンパンを振りまいたことで、シャンパンファイトが広まったといわれています。

 

また、ガーニーはウイングに取り付けてダウンフォースを向上させる“ガーニーフラップ”を考案したことでも有名です。ご冥福をお祈りします。

 

M-147 CMC 1/18 マセラティ T61 バードケージ ニュルブルクリンク 1000Km 1960 Winner S.モス/D.ガーニー ¥42,200

 

 

romuhonten in 未分類 on 1月 16 2018 » 0 comments

1月13日更新 CMC 1/18 ランチア D50 モナコGP 1955 No.26 アルベルト・アスカリ 1500台限定と1/18 タルボ ラーゴ クーペ T150 C-SS Figoni & Falaschi “ティアドロップ” レーシングバージョン ルマン 1939 No.8 1500台限定モデル入荷しました。

 

 

 

 

 

 

昨年の2月、ニュルンベルクのホビショーで

 

CMCの新製品発売案内が発表された訳ですが、

 

その中でも2017年度人気No.1とNo.2のモデルが同時に入荷してきました〜。

 

CMCも今年のニュルンベルクには発売持ち越ししたくなかった様です。

 

 

 

☆ ランチア D50 モナコGP 1955 No.26 アルベルト・アスカリ 1500台限定

 

•総パーツ数はなんと1,598個! 1/18としては驚異的なパーツ数でD50のすべてを再現しています。

•実車のロック機構を正確に再現したエンジンフード

•フロントスクリーンはヒンジで角度調節可能。

•パイプピングと配線をすべて再現したV8 DOHCエンジン。

方バンクにプラグコードが8本あることからツインプラグ点火になっていることがわかります。

•金属製の排気管

•ウィシュボーン式フロントサスペンションはすべて金属製で

横置きリーフスプリングは一枚一枚板バネを重ねて完全再現。

•ド・ディオンアクスル式のリアサスペンションはすべて金属製で

横置きリーフスプリングは一枚一枚重ねた板バネやボードダンパーを完全再現

•トランスアクスルレイアウトのラ横置きギヤ没楠をリアルに再現、

スターターを接続する部分まで再現しています。

•ラジエーターグリルはメタルサポート付きのステンレス製手作り、

エッチングでは出せないリアルな仕上がりを実現しています。

•冷却システム、燃料とオイルラインは使用場所によって素材を変えながら完全再現

•本物のヒンジ付き燃料キャップ

•本物のヒンジ付ラジエータキャップ

•布張りの革カバー付きの運転席とヘッドレスト

•ワイヤーを一本一本組み上げ、エアバルブも再現されたステンレス製のホイール

•実車通り左右で回転方向が異なるセンターロックナット

•実車の色を忠実に再現した美しい塗装

•ギヤボックスに差し込むスターターモーターとバッテリーが付属品としてつきます。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/65627.html

 

 

 

 

 

☆ タルボ ラーゴ クーペ T150 C-SS Figoni & Falaschi ”

ティアドロップ” レーシングバージョン ルマン 1939 No.8 1500台限定

 

ルマン仕様も含めてサンルーフも開閉します。その開閉機構がまた秀逸です。

 

スライドさせて開閉させるので開けた状態ではサンルーフが一段下がったようになっていますが、

 

閉めたときにはルーフとの段差が無くなりピッタリ閉まります。

 

せり上がるように閉まるのですが、凄い精度の高い開閉機構になっています。

 

1930年代のアールデコを含む様々な芸術の影響のもと、

 

特にフランスでは、最も煌びやかな車体が登場しました。

 

このタルボ社の自動車はティアドロップクーペとしても知られており、特別な自動車のひとつです。

 

そのすばらしい車体は、フランスに移住した二人のイタリア人、

 

フィゴーニとファラスチによりデザインされました。

 

その車体は彼らの傑作のひとつで、フランスのレーシングカー、

 

タルボ ラーゴT150SSのシャシーの上に付けられました。

 

生産台数はわずか16台で、自動車のサイドウィンドウの形状から、

 

英語ではティアドロップ、フランス語では“グット ドー”と命名されました。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/65628.html

 

今月31日より、2018年ニュルンベルクトイフフェアが開催されます。

 

もちろん今年も行って参ります。どんなモデルが発表になるか楽しみですね〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

romuhonten in 未分類 on 1月 13 2018 » 0 comments

1月11日更新 ロム本店リニューアオープンいたしました!

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

4日間の臨時休業、ご不便おかけし申し訳ありませんでした。

 

その甲斐あって、本日無事リニューアル

(といってもレイアウトの変更しただけなんですが…)

 

オープンさせていただくことができました。

 

おかげさまで本日ご来店頂いた皆様からは

 

見やすくなったというお声を頂戴しております。(よかった~。)

 

そのリニューアルオープンに伴い、あの天下のCG(カーグラフィック)さんが

 

取材に来て下さいました。

 

(ホントは取材日がリニューアルオープンの日に

偶然かさなっただけなのですが大目にみてください 笑)

 

春頃発売予定のCG紙のカラー2ページでロムの記事が掲載される予定です。

 

 

取材に来て下さったのはあの美人モータージャーナリストにして

 

飯田章選手の実のお姉様である飯田裕子さん!リニューアル早々ツイてる~。

 

飯田さんご自身もシュコーのピッコロをコレクションされていらっしゃるミニカー好き。

 

約2時間ほど店内ご覧いただき、色々とお話させていただきました。

 

CGの何月号に掲載されるか決まりましたらまたブログでお知らせしますね。

 

 

さてひそかな反響を呼んでいる?バーコーナー(というほど大層なもではない)

 

ですが取り合えず平日18時よりご利用いただけます…… 。

 

気になる方はぜひご来店おまちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 日記 on 1月 11 2018 » 0 comments

        Older Articles