趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 8月 2018

8月31日更新 ロムファクトリーで「栄光のルマン」のポルシェ 917Kを1/43で製作しました。

 
ポルシェ917とフェラーリ 512Sの死闘を描いたレース映画の名作「栄光のルマン」は今見ても感動する名作ですが、1/43 映画仕様の917Kのキットが出ていません。
 
Gulfカラーの917Kは1970年仕様と1971年仕様がありますが、栄光のルマンに使用された917Kはそのどちらともリヤカウルの形状が一部が異なっています。映画の917Kはリヤカウルの中央に大きなフラップが付いています。
&nbsp
モデルファクトリー ヒロのポルシェ 917K 1970にはゼッケン20が入っているので後はリヤカウルの形状を修正すれば、映画「栄光のルマン」でスティーブ・マックイーンがドライブした917Kを再現できそうなのでやってみました。
 
フルディティールキットなので普通に製作するだけでも大変なキットですが、そこはロムのフルディティールスペシャリスト岩泉国弘です。見事に完成させてくれました。
 
製作途中の画像を見ていただければわかりますが、1/43の小さなエンジンも見事に仕上がっております。カラーリングはすべて塗り分けです。
 
パイプフレームは光造形3Dプリンターで製作されており実車のパイプフレームを正確に再現しています。カウルもずれや浮きが無くピッタリ合っています。リヤのスペアタイヤは脱着可能です。

製作途中の詳細画像を掲載しましたのでよく見てみてください。
 
RFK602 ロムファクトリー 1/43 ポルシェ 917K ルマン 1970 栄光のルマン仕様 スティーブ・マックイーン (役名マイケル・ディレイニー) ¥230,000

 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。


8月30日更新 アシェットスパークモデルがコラボ!ルマン24時間レース カーコレクションロムでも販売いたします。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

8月27日スパークジャパンさんが新橋に移転された記念のパーティが行われ、

 

ご招待いただいたので参加させていただきました。

 

スパークジャパンさんに集合だったのですが、

 

今は無きロム東京店から1本筋違いの場所で驚きました。懐かしの新橋〜。

 

パーティ会場はスパークジャパンさんから歩いて5分程の虎ノ門ヒルズ。

 

すごくセレブな場所で51Fの会場からは東京タワーが真正面!

 

ウーゴ社長はじめ2016年ルマンウィナーのデュマ選手など

 

レーシングドラバーの方も数名参加されている華やかなパーティでした。

 

6時からスタートだったので余裕で最終新幹線間に合うと思っていたのですが、

 

お酒も入り楽しくてあっとゆう間に時間が経ってしまい、

 

静岡から来られていたエブロの木谷社長と一緒に慌ててタクシーで東京駅を目指したのですが、

 

すでに終電はいってしまいました。

 

名古屋止まりはまだあったので木谷社長は大丈夫だったようですケド。

 

止む無く東京駅近くのホテルに宿泊することに。宿泊費23000円自腹。自業自得です。

 

さて皆様、国産名車コレクションなどで有名なアシェットから今度

 

ルマン24時間レースカーコレクションが発売されるのはご存知でしょうか?

 

実は東京の一部だけで試験販売されていたようで、

 

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

 

このルマンコレクションのミニカーを作っているのが他でもないスパーク!

 

しかもスケールは1/43で価格は2490円(税込)スパークの1/43が2490円とはあり得ない。

 

一体どんな出来なんだという所が気になりますよね〜。

 

試験販売された物を見た事あるのですが、やはり色々と細かい部分は簡素化されています。

 

しかしながら2490円なら大納得だと思いました。

 

量産対応でダイキャスト製だそうです。ルマンモデルなら、

 

スパーク自身に金型はあるしその分費用削減できるということでしょうか。

 

話によると100号出版を目指しているとか。世界をまきこんだ壮大なプロジェクトです。

 

お客様もこの業界の方も賛否両論あるでしょうが、私は大歓迎!

 

だって今迄ミニカーに興味の無かった方も関心を持ってもらえる絶好の機会です。

 

TV広告も出るでしょうし、本屋さんに並ぶことによってミニカーが

 

色々な方の目に止まるのは凄く有り難い事です。

 

この思いを先日のパーティでウーゴ社長にお目にかかった時にお伝えしたら、

 

なんとそのパーティに参加されていたアシェットの社長さんをご紹介して下さいました。

 

実はアシェットの一連のモデルカーシリーズを取り扱えないかと

 

前々から問い合わせていたのですが、書店扱いなので無理と門前払いされていました。

 

これは絶好の機会とこのシリーズをぜ扱いさせて頂きたいとお願いしましたら、あっさりOK。

 

嬉しくて初対面の社長さんに思わずハグしてしまいました。(ただの酔っ払い 汗)

 

という訳でアシェットXスパークコラボシリーズ

 

ルマン24時間レースカーコレクションロムでもご購入いただけます。

 

第一弾は トヨタTS050 2017年8号車。創刊号記念価格799円。

 

ありえな〜い。これは完璧赤字や〜!

 

9月中頃発売。ご予約受付中です。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/HC-LM01

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 30 2018 » 1 comment

8月29日更新 タメオ ロータス 91 完成品が近日入荷します。残り僅か。

 
 タメオからロータス91がようやく発売になります。早ければ今週末か来週初めに入荷します。
 
ロータスは78で史上初のウイングカー開発し、その後のF1に革命をもたらしました。それを発展させた79では1972年以来となるワールドチャンピオンを獲得しました。
 
しかし、他のチームもウイングカーを開発し始めると翌年には全く勝てなくなり低迷が始まりました。
 
究極のウイングカーを目指した80は失敗、79Bを引っ張り出して参戦せざるを得ない状態になりました。
 
その後も81、87、88と開発しましたがトップクラスに返りざけず低迷が続きました。そして1982年用のマシンとして開発されたのが91です。
 
91は87とモノコックが同じながらボディワークの見直しによって空力性能を向上させました。
 
1982年第13戦オーストラリアGPでエリオ・デ・アンジェリスが遂に優勝を飾りました。ロータスの優勝は1978年オランダGP以来実に4年ぶりの優勝、アンジェリスに取っては初優勝、そしてこの優勝がコーリン・チャツプマンにとって存命中最後の優勝となりました。
 
TMB050 1/43 完成品 ロータス 91 フォード オーストリアGP 1982 エリオ・デ・アンジェリス 初優勝 デカール加工品 \29,800
 


 
マンセルはカナダGP仕様での発売になります。カナダGPではオーバーヒート対策のためかリヤカウルを外していました。そのためエンジンも再現されています。
 
TMB051 1/43 完成品 ロータス 91 フォード カナダGP 1982 ナイジェル・マンセル デカール加工品 \29,800
 

 


8月28日更新 ヤフーニュースでも取り上げられた京商1/18ランボルギーニミウラP400Sブルータヒチ入荷しました。

 

 

 

本日京商1/18 ランボルギーニミウラP400S ブルータヒチが入荷してきました。

 

今月の上旬位だったでしょうか…… なぜか突然このモデルにお問い合わせが殺到。

 

お電話でもネットショップでも急にご注文が増え、

 

お一人で複数台ほしいという方も数名いらっしゃいました。

 

ミウラのどちらかというとマイナー色だと思うこのモデルに何故??

 

ヤフオクで高値がついた??でもまだ発売されていないし……

 

http://www.romu-romu.com/item/KSR18506BL

 

原因がわかりました。

 

どうやらこのヤフーニュースでこのミニカーが取り上げられたらしいんですね。

 

それで急にお問い合わせが増えたらしい。

 

500台限定ですがもちろん完売しておりますのでお早めに〜。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 28 2018 » 0 comments

8月27日更新 セナファン必見、1/12 マクラーレン MP4/6 エンジン、セナフィギュア付入荷

セナファン待望の1/12スケール完成品が入荷しました。セナが3度目のワールドチャンピオンを獲得した寒気の瞬間をイメージして製作しています。
 
MP4/6はタミヤのプラモデルがベースですがカウルは固定で製作しています。カウルは開きませんが細部まで丁寧に作り込んでいます。
 
セナのタイトル獲得の原動力になったホンダRA121Eエンジンを単体で展示しています。エンジンにはプラモデルには付いていない多板クラッチも再現しています。カウルを開閉にしても見るところはエンジンなのであえてエンジンだけを展示しています。
 
フィギュアはDIVE NINE製でシャンパンファイトする姿を再現しています。台座にはアイルトン・セナのサインをカッティングシートで切り出して貼っています。
 
<1/12 ロムファクトリー完成品 新製品>
MP4-6_TOTO 1/12マクラーレン MP4/6 ホンダ ワールドチャンピオン 1991 アイルトン・セナ (ホンダRA121Eエンジン、フィギュア、ヘルメット付) ¥280,000

 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in 未分類 on 8月 27 2018 » 0 comments

8月25日更新 明日は恒例の「オートモデラーの集い」が行われます。

 
毎年、8月最後の日曜日に行われるカーモデルの合同展示会「オートモデラーの集い」が明日、日本橋のボークス 8階で行われます。
 
プラモデルベースが多いのですが、あらゆるジャンルのカーモデル、バイクが展示されています。カーモデルと言っても楽しみ方はいろいろだなぁと感心させられます。
 
自分の作品を持ち込んで展示して、多くの人に見てもらうことも出来ます。参加している人たちと色々語り合うことも出来ますので楽しい一日になると思います。
 
当店で作品を販売しているプロのモデラーの方も参加してますのでプロのテクニックを直接質問したりも出来るかもしれません。
 
まだ行ったことがない方は是非一度のぞいてみてはどうでしょうか。

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 25 2018 » 0 comments

8月24日更新 オートアート1/18リバティーウォーク LB-WORKS ランボルギーニ アヴェンタドール マット・ブラック入荷しました

 

 

 

オートアートから1/18リバティーウォーク LB-WORKS

 

ランボルギーニ アヴェンタドール マット・ブラックが入荷してきました。

 

ここ数年のLB人気は凄いですよね。

 

そのなかでもやはりアヴェンタドールのLBが特に人気があります。

 

私もコレが一番カッコいいと思います。

 

http://www.romu-romu.com/item/65433.html

 

一度だけ実車を見たことがありますが、ハンパ無い存在感でした。

 

二度見なら三度見位してしまいました。

 

GTRにしろフェラーリにしろ、なぜかLB仕様になると一回り大きく見えるんですよね〜。

 

族車の威圧感がでているからなのかなぁ〜(笑)

 

1/18にスケールダウンしてもその存在感は健在。

 

それだけオートアートが良く出来ているって事ですね。

 

リベット止め前後オーバーフェンダー、フロントエアロバンパー、フロントカナード、

 

ディフューザー(フロント&サイド&リア)、リアウイング、ボディ・ロゴ全面再現、

 

車高ローダウン&キャンバー、「FORGIATO」ワイドホイール、

 

「ピレリ P ZERO」ワイドスポーツタイヤ(ロゴ入り)、「Fi EXHAUST」エグゾーストシステム

 

すべて忠実に再現されています。

 

こちらのモデルももちろん『オートアート・コンポジットダイキャスト』です。

 

ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。

 

それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない

 

高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、

 

ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした

 

「全く新しい」革新的モデルカーです。

 

このLBアヴェンタドールは5色展開で発売されますが、

 

またこのマットブラックが憎らしいくらい似合ってます!

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 24 2018 » 0 comments

8月23日更新 本日台風のためロム全店18時閉店いたします。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日は台風の影響でロム全店18時閉店させていただきます。

 

嵐の前の静けさなんでしょうか?

 

今(17時すぎ)の時点ではお天気は全然どうもないのですが…

 

なにせ交通機関が止まってしまいそうなので止む無しです。

 

被害が無いことは祈るばかりです。皆様もお気をつけてご帰宅くださいね。

 

 

追伸

 

今月のワッツアップは25日土曜日に発行いたします。

 

またまた本邦初公開ロム特注の案内が掲載予定。

 

おたのしみに〜。

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 8月 23 2018 » 0 comments

8月22日更新 トロロッソホンダ STR13 バーレンGP ガスリー 9月末頃入荷予定

 
 
トロロッソホンダ STR13 バーレンGP ガスリー 自身最高位4位入賞モデル9月末頃入荷予定 追加ご予約受付中。
 
 
今年のF1モデルの中で一番の人気モデル、トロロッソホンダSTR13バーレンGP ガスリーが9月中頃から末にかけて入荷するとの案内がスパークから参りました!
 
 
 

画像が表示されない場合は以下URLより商品ページへお進みください。
http://www.romu-romu.com/item/68106.html
 
 
 
開幕のバーレンGPは今迄のガスリーの最高位で4位入賞しています。まあ多少ラッキーなレースではありましたが…来年からはレッドブルホンダへ移籍も決まった所だったのでタイムリーですね。まさかリカルドがレッドブルを出て行くとは。まあ、あきらかにフェルスタッペンが贔屓されてるような感じでしたからねぇ。これもガスリーにとってはラッキー。運も実力の内ですからこれからの活躍がますます楽しみですね〜。
 
 
沢山ご予約頂戴しておりますが、いまならまだ追加間に合います。また本日よりご予約受付開始になったキッドボックスさん特注スパーク トロロッソSTR13モナコGPガスリー も人気でそうですね。こちらは10月以降発売との事です。
 
 

romuhonten in 未分類 on 8月 22 2018 » 0 comments

8月21日更新 トップマルケス1/12 メルセデスW196 ストリームライナー フランスGP1954 winner ファンジオ入荷しました。

 
 
ここ数年で出来たブランド『トップマルケス』。設立当初はBBRと技術協力しており、1/18のオールドカーをメインに発売しておりました。今は完全独立し、1/18から1/12のフォーミュラカーやラリー、ルマン、ロードカーなど様々なジャンルのモデルを発売しております。素材は全てレジン製で各ジャンル、王道の名車を発売しているように見受けられます。
 
 
本日入荷してきたモデルも王道中の王道。メルセデスW196ストリームライナー フランスGP Winner ファンジオ18号車が入荷してきました。
 
 
 

画像が表示されない場合は以下URLより商品ページへお進みください。
http://www.romu-romu.com/item/67551.html
 
 
 
W196は開発の都合上、1954年のF1グランプリには第4戦にあたるフランスGPから参戦しました。なんとその予選でいきなり1位と2位を独占。そして決勝でもワンツーフィニッシュし圧倒的な強さをみせつけました。その後参戦した6戦中4勝し、エマヌエル・ファンジオにとって2つ目のドライバーズタイトルをもたらしました。
翌年の1955年もライバルのランチアD50やマセラティ250Fを寄せ付けず圧勝しています。一人勝ちは今も昔もメルセデスの伝統なんですかね〜。

意外にも1/12では初モデル化です。モデルの塗装の中で一番難しいとされるシルバーも綺麗に仕上がっております。そしてレジン製ながらエンジン部分が開閉するというのも魅力的です。このスケールでエンジンが見れないのはもったいないですものね〜。この出来で65000円というのはかなりお買い得感のあるモデルだと思いますよ〜!

romuhonten in 未分類 on 8月 21 2018 » 0 comments

        Older Articles