趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Daily Archive for 11月 01 2018

11月1日更新  ロム特注スパーク 1/43 スピリット 201C ホンダ イギリスGP 1983 ステファン・ヨハンソン ホンダ F1復帰レース 300台限定ご予約受付開始

 

 

11月になりました。

 

今週末の3日(土曜祝日)と4日(日曜)は営業しておりますので

 

ぜひご来店おまちしております。

 

 

 

さてまたまたロム特注スパークのご案内です。

 

 

1968年の撤退以来ホンダが15年ぶりにF1に復帰したスピリット 201Cホンダを発売いたします。

 

スピリットは1982年ホンダの資金により発足したF2チームで

 

ホンダF2エンジンを搭載しF2に参戦していました。

 

F2に参戦するだけでなく、将来のF1参戦に向けてのテストチームの役割も持っていました。

 

スピリット201がF2マシン、201Bは1982年のF1テストマシンでまだウイングカーでした。

 

1983年からレギュレーションがフラットボトムになったため

 

201Bをフラットボトムに適合させたのが201Cです。

 

モノコックはF2用を流用していますが、サスペンションやウイングは

 

F1のレギュレーションに適合させています。

 

F2のモノコックだと燃料搭載量が不足するのですが、

 

当時はレース中に給油が可能でしたので給油口が付けられています。

 

201Cはテストに使用するだけの予定でしたが、

 

F1用として開発していた101の開発が遅れに遅れたため、

 

ホンダは結局201CでのF1復帰を決断しました。

 

デビューレースは第9戦イギリスGP、予選はヨハンソンが奮闘して14位で無事通過。

 

元がF2の急造マシンだと言うことを考えると上出来でしょう。

 

残念ながら決勝は燃料ポンプのトラブルのため僅か9周でリタイヤとなっています。

 

201Cは過去にレーヴコレクションで発売されていますが、ドライバーなしでした。

 

またエンジンのプラグコードも再現されていませんでしたが、

 

ロム特注スパークではドライバーも付いていますしエンジンのプラグコードも再現しています。

 

もちろんMarlboroデカールも貼り付け済みです。

 

のちにウイリアムズ、ロータス、マクラーレンに搭載され

 

栄光を極めるホンダのF1復帰レースをコレクションにお加えください。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 11月 01 2018 » 0 comments