趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

10月5日更新 トミーテックから西部警察 スーパーZの決定版発売!!

 
スーパーZは、マシンXに代わる大門団長(渡哲也)) の専用車として、西部警察PARTⅡの第15話よりマシンRSと共に登場しました。ガルウィングドアからショットガンを放つ大門団長の姿が思い出されます。
 
ベース車両は2代目フェアレディZであるS130型 280 Tバールーフ 2by2。これをベースにガルウイング仕様に改造されています。
 
運転しながら前方・左右に射撃が可能という理由でガルウイングになったと言うことですが、元になったのがTバールーフ仕様だったのルーフを切り取る必要がなかったのでガルウイングへの改造はしやすかったと思います。
 
後ろから見ると4本出しマフラーが装着されているように見えカッコいいのですが、これは煙幕発射装置(通称:スカンク)でマフラーではありません。ナンバープレーと下から出ているパイプがマフラーです。本モデルでも正確に再現されています。
 
フロントナンバープレートの左右にある補助灯はフォグランプのように見えますが、左右に可動するサーチライトになっていました。
 
ホイールはスピードスターのSSRスーパーシャーク、これも正確に再現されています。
 
ナンバープレートですが、ドラマに登場した初期は「品川59 た 35-27」で今回発売されたモデルはこのナンバープレートになっています。
 
しかし、よく考えてみるとエンジンは2800ccなのに5ナンバーはおかしいですよね。視聴者からおかしいとツッコミが入ったんでしょうか、のちに「品川33 た 35-27」に変更されています。
 
ご希望があれはロムファクトリーで品川33のバージョンにナンバープレートを付け替えることも出来ます。加工代金は1500円くらいです。
 

T-OR4302 トミーテック 1/43 ニッサン フェアレディ Z 西部警察 スーパーZ ¥27,000


 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 05 2018 » 0 comments

10月2日更新 ロムファクトリー 1/12 マクラーレン MP4/6 スーパーディティールアップ完成品展示中

  
今週はいよいよ日本GP、待ち遠しくてなりません。が、私中西は現在訳あって店の近くの病院に入院しております。症状は軽いので昼間だけ病院から店に出勤している毎日です。
 
病院と思わずピジネスホテルと思うことにしています。食事も付いてますし。しかし、ここに来て大問題発生。7日までに退院できないことが判明しました。
 
現在、外出ではなく外泊をお願いしています。鈴鹿にいけないと1年間働いて来た意味がありません。もし外泊許可が出なかったら病院を脱走してでも行きます。
 
フェラーリ最後のチャンピオン、ライコネンがフェラーリで走る姿を見ておかなければならないので。みなさん鈴鹿の2コーナーでお会いしましょう。
 
さて、3度のチャンピオンをすべて鈴鹿で決めたアイルトン・セナにとって最後のチャンピオンマシンとなったマクラーレン MP4/6のスーパーディティール完成品が出来上がりました。
 
今回製作した完成品は¥48,000もするトップスタジオのスーパーディティールアップセットを組み混んでいます。今までも部分的にはこのパーツを使ったことはありましたが、全てを使用したのは今回が初めてです。
 
今まで全てを使用しなかったのはあまりにもパーツ数が多いので組み込むだけでも膨大な時間を費やしてしまうからですが。今回大野寿雄がそれに挑戦してくれました。
 
現在本店店頭で展示しています、是非一度見に来てください。
 
<1/12ロムファクトリー完成品 新製品>
ロムファクトリー 1/12 マクラーレン MP4/6 ホンダ ワールドチャンピオン 1991 アイルトン・セナ スーパーディティールバージョン
 

 

romuhonten in 未分類 on 10月 03 2018 » 0 comments

☆☆☆国内完売ミニチャンプス 1/43 アルファ ロメオ ザウバー F1チーム フェラーリ C37 2018 C.ルクレール 再入荷しました☆☆☆

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

明日30日と10/1(月)はロム本店は定休日となっております。

 

10/1はレンタル店は営業しております。

 

また明日は台風が来そうなので定休日でよかったかな。

 

また各地で被害が少ない事を祈っております。

 

さてもうすぐF1日本GPですね。

 

既に心は鈴鹿へ飛んで行っているお客様もおおいようです(笑)

 

例によって私達も皆で観戦に行きますので、

 

申し訳ないのですが10/7は臨時休業とさせていただきます。

 

翌日の8日(祝日)はロム全店営業いたしますので宜しくおねがいします。

 

今年で最後かもしれないと噂されていた日本GPですが、

 

来年以降も開催が決まりよかったです。

 

私が日本GPを観戦したのはたぶん15,6年位前からなのですが、

 

印象に残っているのは可夢偉の3位入賞と2005年のライコネン大逆転劇で優勝です。

 

そのライコネンがまさかのザウバー移籍。

 

そしてザウバーのルクレールがフェラーリへ移籍。

 

ルクレールは噂がありましたがライコネンはまさか!でした。

 

デビューしたザウバーに戻るとは驚きです。

 

ライコネンのデビューマシーンはミニチャンプスから発売されていましたが、

 

かなりプレミアが付くモデルとなりました。

 

ルクレールもかなり才能あるドライバーのようですし、

 

フェラーリに移籍することによって、今後あらたなスターになるかもしれません。

 

そのルクレールのデビューマシーンが先日ミニチャンプスから発売になりましたが、

 

フェラーリ移籍のニュースもあって瞬く間に完売。

 

ロムでは平行輸入で少しだけ再入荷することができました。

 

今年の鈴鹿でルクレールのサインを貰おうと思っている方が結構多いようですね。

 

フェラーリに移籍してしまったらガードが難くなるかもしれませんし。

 

私も今年の鈴鹿にこのミニチャンプス持って行こうかな。

 

サインGETできたらお宝になる事間違いなしです。

 

http://www.romu-romu.com/item/417180016

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 9月 29 2018 » 0 comments

9/27日更新 ロム特注初となる1/18のロータス101ジャッド オーストラリアGP 1989 4th & ファステストラップ (1’38″480) 中嶋 悟 300台限定いよいよ入荷間近です

 

 

 

 

大変長らくおまたせいたしました。

 

ロム特注初となる1/18のロータス101ジャッド オーストラリアGP 19894th &

 

ファステストラップ (1’38″480) 中嶋 悟 モデルがいよいよF1日本GP後に

 

ようやく入荷が決定しました。

 

9月初旬にも入荷見込みだったのですが、船便でマカオかや到着するため

 

台風21号とその後香港を襲った超大型台風のため入荷がおくれてしましました。

 

さすが『雨の中嶋』だけあります。

 

 

 

http://www.romu-romu.com/item/ROMU022

 

 

こちらのモデル限定は300台なのですが諸事情により入荷数が

 

少し少なくなるためご予約枠がもう残り僅かとなってきております。

 

ぜひ今の内のご注文おまちしております。

 

なおお一人様2台までのご注文とさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 9月 27 2018 » 0 comments

9月26日更新 BBR製1/18、ライコネン最後のフェラーリマシンが残り僅かです。

 
 ライコネンが来シーズンはザウバーへ移籍するというニュースには正直驚きましたし、残念にも思いました。
 
いくらライコネンのパフォーマンスが以前より落ちたからと言って何でザウバーやねん。今のライコネンでも契約金が10億以下ってことはないやろ。ザウバーに払えるんかいなと思ったものでした。
 
 昨日、ザウバーはライコネンのパートナーとして来シーズンはアントニオ・ジョビナッツィを起用すると発表しました。
 
 これですべて合点がいきました。ジョビナッツィもルクレールと同じくFDA ( フェラーリ ドライバーアカデミー)の育成ドライバーです。ライコネンはおそらくフェラーリから「ジョビナッツィを鍛えたったくれへんか」って頼まれたんでしょう。将来のフェラーリドライバーを育てる先生として。
 
だからライコネンの来年の契約金はフェラーリが払うはずです。でもアイスマン、ライコネンですから手取り足取りは教えてくれないと思いますが・・・・・
 
さて、SF71-Hはライコネンのフェラーリでの最後のマシンになるわけですが、BBRから少量限定品が予約受付中です。
 
ダイキャスト製の1/18 BBRモデルはレジン製と違ってミニチャンプスの販売ルート(日本では京商)で販売されます。 これにはディスプレイケースが付きません。
 
しかし今回ご紹介するモデルはレジンモデルの販売ルート(弊社など)で販売される限定品になります。豪華なレザー台座のディスプレイケースが付属します。世界限定僅か60台の少量生産です。
 
すでにメーカーのBBRでは予約完売しておりますが、今なら弊社が確保している分が少量ありますのでご予約可能です。早い者勝ちです。
 
BBR181807ST 1/18 フェラーリ SF71-H オーストラリア GP 2018 キミ・ライコネン ディスプレイケース付 60台限定 \42,000が今なら¥37,800
 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 26 2018 » 0 comments

9月25日更新 TVCM放送中のアシェット社 ルマン24時間レースカーコレクション(スパーク製ダイキャスト)第一弾入荷 創刊号799円!買わなきゃ損です!!

 

 

 

本日、TVのCMでおなじみの

 

アシェット ルマン24時間レースカーコレクションが入荷してきました。

 

第一弾はトヨタTS050ハイブリッド2017の8号車。

 

ミニカーはスパーク製のダイキャストモデルとなります。

 

こちら創刊特別価格で799円。

 

スパークのミニカーが799円で購入できるなんてあり得ません。

 

もう買わなきゃ損ですね。

 

 

 

アシェット社に直接申し込めば定期購読可能で

 

ミニカーがもらえるなど特典があるようですが、

 

何せ100種類出るらしいですから中にはコレはいらないかな

 

という物も出てくると思います。

 

ロムではお好みでその都度ご注文いただけますのでぜひご利用ください。

 

第二弾はマツダ787B、第三弾はポルシェ956NEWMAN 1984優勝モデル

 

第三弾はフォードGT40 1968優勝モデルが発売決定しています。

 

第二号からは定価2490円になりますがスパークのミニカーが2490円とは信じられません。

 

通常品の約1/3のお値段です。

 

もちろんレジン製の通常モデルと比べればディテールが簡素化されています。

 

しかしクオリティも1/3になっている訳ではありません。

 

ダイキャストで大量生産しているからこその価格だと思います。

 

このシリーズを通してミニカーに興味をもって下さる方が増えれば嬉しい事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 25 2018 » 0 comments

9/24更新 ロム特注スパーク 1/43 ラルース LC92 ランボルギーニ 日本GP 1992 片山右京 直筆サイン入り 500台限定ご予約受付開始します。

 

 

 

 

本日はロム特注スパークのご案内です。

 

先に発売したカナダGPはおかげさまで予約であっという間に完売となりました。

 

再版のリクエストの多数頂戴していたのですが、

 

限定数決まっていますので残念ながらできなかったのですが、

 

今回は日本GP仕様を発売することになりました。

 

先に発売しましたカナダGPとは多くのスポンサーロゴが入れ替わっています。

 

NTT docomo等 日本のスポンサーが増えています。

 

1年間、世界中を転戦し母国に凱旋した日本GPですから今回も早期の完売が予想されます。

 

10月の日本GP頃発売がきまっております。

 

今回も右京さんの直筆サイン入りとなります。

 

500台もの数をすごく丁寧にサインしてくださっています。感謝~!

 

本日からご予約受付開始しましたが、ご予約どんどん増えており

 

すでに現時点で残り100台切ってきます。

 

お早めのご注文おまちしております。

 

http://www.romu-romu.com/item/ROMU028

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 9月 24 2018 » 0 comments

9月22日更新 BBRからフェラーリ 126C2 ビルヌーブ ラストレースが1/18で発売になります。

 
9月24日 (月)はロム全店、AM 11:00〜PM 18:30で営業しております。

 
BBRから伝説のフェラーリドライバー、ジル・ビルヌーブが最後にドライブしたマシンが発売になります。
 
BBRからはすでにフェラーリ 126C2のU.S.A GP、サンマリノGPが発売され、いずれも早々に完売しています。そして予選での事故によって帰らぬ人となってしまったベルギーGP仕様がいよいよ発売になります。
 
前戦、サンマリノGPで、ピローニがチームオーダーを破ったことによりふたりのドライバーの確執が深まっていました。
 
そして迎えたベルギーGP、予選のタイム争いは激しい物となりました。ピローニの出したタイムを更新するべく最後のタイムアタックに出たビルヌーブが、高速シケインを抜けた所でタイムアタックを終えてクールダウンし、スロー走行しているマーチに乗るヨッヘン・マスに遭遇します。
 
ビルヌーブはマシンをアウトに振ってアウト側からマスを抜こうとします。しかし、マスは逆にインから抜いてもらおうとしてマシンをアウトに振った。
 
当然、両者のラインは交錯、マスのマーチの右後輪とビルヌーブの126C2の左前輪が接触し、126C2はマーチに乗り上げ宙を舞ってしまいます。
 
激しく地面にたたきつけられた126C2は原形をとどめないくらい激しく損傷していました。しかし、コックピットには、ビルヌーブの姿はありません。
 
マシンが何回転もしながら宙を舞うなかシートベルトが切れ、シートごとコックピツト外に投げ出され、マシンから放り出され、コースのキャッチフェンス付近で地面にたたきつけられてしまいました。病院に運ばれたもののその日の夜死亡が確認され、フェラーリチームはベルギーGPを欠場しました。
 
今回もおそらく早期に完売すると思われます。ご予約受付中はお早めに
 
<1/18 メーカー完成品 新製品>
P18154 BBR 1/18 フェラーリ 126C2 ベルギーGP 1982 予選仕様 ジル・ビルヌーブ ラストレース ディスプレイケース付 300台限定 \68,000が今なら¥61,200
 

 
エンジン、サスペンションなど細部のパーツの質感が高いのも特徴です。ブレーキダクトを見ていただくとわかりますが、実車の樹脂製のブレーキダクトがリアルに再現されています。
 

 

romuhonten in 未分類 on 9月 22 2018 » 0 comments

ミニチャンプス 1/12 FW16 セナ ロスマンズデカール加工品 ご予約受付中です

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

本日はミニチャンプスのF1が沢山入荷してきました。

 

いったい何時発売になるかと思われたロータス91もようやく入荷。

 

初めて発売案内があったのは2016年の2月頃でした。

 

じつに2年半かかってようやく発売。

 

受注期間が長かっただけあってご予約も沢山頂戴しており、

 

只今デカール加工中ですのでご予約の方は今しばらくおまち下さい。

 

タメオのメーカー完成品のロータス91もつい先日入荷したばかりなのですが、

 

やはりミニチャンプスのF1モデルの原型は今でもタメオが作っているようですね…

 

さて本日のおすすめは

 

ミニチャンプス 1/12 ウィリアムズF16 セナ ロスマンズデカール加工品です。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/49441.html

 

最近のミニチャンプスF1モデルはタバコロゴが隠しデカールで

 

添付されていることが多いのですが、

 

不足デカールがあることも多く使えないものが結構あったりします。

 

一見したところ今回のロスマンズデカールは大丈夫そう!と加工し始めたのですが、

 

やっぱりエラーが見つかりました。

 

リア部分のロスマンズロゴの部分に誤りがありました。

 

他の市販のデカールからは流用することが難しそうなので、急遽ロムで自作いたしました。

 

又ドライバースーツのデカールは付属しておりませんので、

 

MSMクリエーションのデカールを使い製作いたしました。

 

デカール加工するならやはりリアルに再現しないと意味ないですもんね。

 

近日入荷します。ご予約受付中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 9月 21 2018 » 0 comments

9月20日更新 エブロの1/20 ブラバム ホンダ F2が遂に発売になりました。

 
エブロからプラモデルの新作が入荷しました。なんとF1ではなくブラバム ホンダ、F2マシンです。
 
1週間ほど前にエブロの木谷さんがお店に来られたときに来週くらいにブラバムが出ますとは聞いていたのですがかなり遅れていたプラモデルなので本当に出るのかな〜とちょっと懐疑的だったのですが、今日予定通り入荷しました。
 
F2用のタイヤを拘って何度も作り直していたので遅れていたとのことです。
 
1964年にF2の規定が改定され、排気量1,000cc4気筒までならレース専用エンジンでも出場できるようになったためホンダは新たにエンジンを製作。そしてそれはブラバムに搭載されることになりました。
 
当時のF2レースはF1ドライバーも多く出ていました。ブラバムもチームオーナーのジャック・ブラバムとデニス・フルムがドライバーというF2とは思えない豪華な体制でした。
 
ブラバムホンダはなんと開幕から11連勝、ポールポジション15回、ポールトゥフィニッシュ14回、1-2フィニッシュ10回と圧倒的な強さで1年目にしてジャック・ブラバムがチャンピオンを獲得しました。
 
しかし、最終戦ではジャック・ブラバムが2位となり惜しくもシーズン全勝は逃しています。なんかこのあたりのちのマクラーレンホンダの16戦15勝に通じる物がありますね。
 
キットのボディカウルは非常に薄く研ぎ出しの時に気をつけないと割れてしまいそうで注意が必要です。1000ccの小さいエンジンのディティールがまた素晴らしく価格が高くなってしまったのも納得です。
 

<1/20 プラモデル 新製品>
20022 1/20 プラモデル ブラバム BT18 ホンダ F2 1966 チャンピオン J.ブラバム ¥9,504

 

romuhonten in 未分類 on 9月 20 2018 » 0 comments