趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

12月23日更新 25日スパーク1/43 ポルシェ 919 2017ルマン優勝車入荷いたします。

 

 

メリークリスマス!

 

海外の各メーカーからクリスマスカードが送られてきました。

 

各メーカー意匠をこらしたものを送ってくださるのですが今年のインパクトNo.1はBBR!

 

 

この方たちはBBRの社長さんです。(共同経営者)

 

この写真を見た時、はげ しくこの写真に中西チーフの写真を合成して

 

3人トリオにしてみたい衝動に駆られました。

 

やめてくれって拒否られましたケド…

 

今年もあと数日。例年通り年末最終週に立て続けに入荷がありそうです……

 

25日はスパークが入荷します。

 

人気モデルは今年のルマンウィナーと1989年のルマンウィナーのザウバーC9です。

 

http://www.romu-romu.com/item/62791.html

 

 

http://www.romu-romu.com/item/62532.html

 

お見逃しなく〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 23 2017 » 0 comments

12月19日 ライコネン、劇的なレースで優勝を勝ち取ったワールドチャンピオンモデルがついにルックスマート1/43で発売になります。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

ライコネンのワールドチャンピオンモデルが2種類、

 

ユーロスポーツ特注ルックスマートから発売になります。

 

フェラーリF2007 ブラジル優勝ワールドチャンピオン と

 

F2007 中国優勝モデルの2種類になります。

 

http://www.romu-romu.com/search/search.php?rd=1&search_name=171219PES

 

 

意外な感じもするのですがライコネンのワールドチャンピオンは2007年のみなんですよね。

 

10年前かぁ…早いものです。

 

でも2007年は実力もさることながらライコネンに神風が吹いていたようなシーズンでした。

 

最終戦のブラジルで劇的な優勝を決めワールドチャンピオンを獲得した訳ですが、

 

当時マクラーレンのアロンソとハミルトン

 

(ちなみにこの年がハミルトンのデビューイヤーでした。)

 

三つ巴の戦いでライコネンが一番不利な状況でしたが、

 

見事優勝を勝ち取りワールドチャンピオンを手にしました。

 

しかし3人とも10年後もまだ現役って凄いですよね。

 

そして中国GPではフェラーリ通称200勝の記念すべき優勝となりました。

 

ブラジルはタバコ加工禁止のバーコード仕様、中国はマルボロ仕様だったわけですが、

 

ロムではもちろんタバコ加工品も発売いたします。

 

これは両モデル揃えたい所ですね。

 

っていうか2台並んだ状態でコレクションしたい!!

 

という訳でブラジルGPバーコード加工仕様と中国GPマルボロ加工仕様の2台セットも発売いたします。

 

ホワイト台座のロムオリジナル2台用アクリルケースに一緒に固定します。

 

昨日ご案内したBBRほど豪華な台座ではないですがあんな感じで2台一緒にいたします。

 

(ロム特注スパーク1/43 マルボロスープラ2台セットと同じケースを使用します)

 

ライコネンファンの方はぜひともお見逃しなく〜!

 

ライコネン、来年こそはワールドチャンピオンとまではいかずとも1勝はしてほしいなぁ。

 

http://www.romu-romu.com/item/65240.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 12月 19 2017 » 0 comments

12月18日更新 ロム特注BBR フェラーリ SH70H モナコGP 2台セット近日入荷

 

BBRに特注していましたモナコGP 2台セットが近日入荷します。モナコGPとしては2001年以来、16年ぶりのワンツーフィニッシュ、フェラーリにとって通算90回目のワンツーフィニッシュになります。

 

前半戦の勢いから今年こそワールドチャンピオン奪還かと期待していたのですが、その夢は残念ながら来年に持ち越しとなりました。チャンピオン獲得を信じてこの2台セットをBBRに発注したんですよ。記念碑的なモデルになるだろうと・・・・・

 

しかし、モナコはライコネンにとっては残念なレースでした。久々のポールポジションからトップを快走。しかし、ピっトインのタイミングが悪くベッテルにトップを明け渡す結果になりました。チームはわざとベッテルをトップに出したわけではないと言ってましたがホントかな〜、ちょっと疑問です。見てみたかったですね、ライコネンが勝つところを。

 

チャンピオン獲得を信じて発注したので台座は凝った物にしてもらいました。レザー製の台座はフェラーリの内装に使用されているレザーと同じスケドーニ社のレザーを使用しています。台座の裏にはちゃんとスケドーニ社の刻印も入っています。

 

伝統のモナコでのワンツーを強調するためモナコのコース図とレース名を台座にプリントしてもらっています。 BBRとスクーデリア フェラーリのロゴも入れています。

 

かなり豪華な台座になってしまいましたので予価よりかなり高くなってしまいました。誠に申し訳ありませんが¥69,800から¥75,000に変更させていただきます。
 
BBRと何度もやりとりしてようやく実現した台座なので皆様に気に入っていただけるることを願っています。

 

BBRROMUSET01 ロム特注BBR 1/43 フェラーリ SF70-H モナコGP 2017 90th 1-2 フィニッシュ S.ベッテル/K.ライコネン 2台セット レザーベース 36セット限定 75,000円

 



 

romuhonten in 未分類 on 12月 18 2017 » 0 comments

オートアート 1/18 フォード XB ファルコン チューンドVer. マッドマックス “ブラック インターセプター” デカール加工品 入荷しました。

 

大変ながらくおまたせいたしました。

 

オートアート 1/18 フォード XB ファルコン チューンドVer.

 

マッドマックス “ブラック インターセプター”

 

デカール加工品入荷いたしました!

 

クリスマスまでに間に合ってよかった〜。

 

http://www.romu-romu.com/item/58086.html

 

デカールを貼ったことによってマッドマックスインターセプター劇中車が

 

完璧に再現されました〜!

 

 

 

エンジン部のスーパーチャージャーにもWEIANDのロゴ加工もしております。

 

でもマッドマックスファンの方ってホント多いですよね。

 

当店のお客様であまりにも好きすぎてオーストラリアのロケ地巡りにも

 

行かれたという方もいらっしゃいます(笑)

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 15 2017 » 0 comments

12月13日更新 イヴァン・カペリのドライブでF1デビューしたAGS JH21Cが入荷

 
AGSは長年オリジナルシャーシでF2に参戦し、いずれはF1へステップアップしたいと思っていました。何度も。ルノーにたいしてターボエンジンの供給を打診していましたが叶いませんでした。
 
そのルノーが1985年でワークスチームとしての活動を中止しました。そこでAGSはルノーと交渉し、そのスペアパーツの一部を引き継ぐことに成功しました。パーツの中にはカーボンファイバー製モノコックやサスペンション、ブレーキ、ギヤボックスなどが含まれていた。
 
このパーツをもとに製作されたのが今回スパークから発売されたAGS JH21Cです、モノコックはルノーRE40 (RE60という説もあります)のものを使用し、リヤサスペンションとギャボックスはルノー RE60の物を使用するという寄せ集めマシンでした。
 
しかし、ルノーから譲り受けたパーツには肝心のエンジンがありませんでした。ルノーは撤退後エンジンサプライヤーとしてロータス、リジェ、ティレルエンジンを供給していたためAGSに回す分はなかったのです。
 
AGSにターボエンジンを供給してくれたのはモトーリ・モデルニくらいしかありませんでした。モトーリ・モデルニはアルファロメオのエンジニアだったカルロ・キティが興したエンジンメーカーで、前年ミナルディに搭載されF1にデビューしていますが、パワー的にはかなり非力でした。
 
こんなAGSがようやくF1デビューにこぎつけたのが今回発売された1986年第13戦イタリアGPでした。ドライバーは当時F3000シリーズでチャンピオンを争い、イタリアの若手有望株だったイヴァン・カペリが起用されました。
 
こんなどうしようもない寄せ集めのマシンながらカペリは27台中25位で予選を通過しています。決勝は31週目にタイヤのパンクでリタイヤしています。
 
AGSがこの年出場したのはイタリアと次戦のポルトガルのみでした。スポンサーのエル・チャーロはメキシコの靴・衣料品会社です。
 
S4772S スパーク 1/43 AGS JH21C イタリアGP 1986 I.カペリ デカール加工品 7,990円
 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 14 2017 » 0 comments

新ブランド KENGFai(ケンファイ)モデル1/18 スケール フル開閉ダイキャストモデルW MOTORS Lykan Hypersport 2018年発売予定

 

 

 

 

 

イグニッションモデルから2018年に向けて新たな展開が発表されました。

 

1/18でフル開閉のダイキャストモデルを発売するそうです。

 

イグニッションモデルのブランドではなくKENGFai(ケンファイ)モデルという

 

中国の新興モデルカーメーカーからの発売だそうです。

 

1作目は世界で最も高価なスポーツカー「ライカン ハイパースポーツ」。

 

実は私、一足先にこちらのモデルの実物を見せていただきました。

 

ビックリする位よく出来ています。

 

フロンティアートと同じ位のクオリティではないでしょうか?

 

正式な価格はまだ未発表ですが、予価30000円前後位を予定されているそう。

 

それを聞いてさらにビックリ。ちょっとあり得ないです。

 

ただでさえ素材の価格が高騰しているダイキャストでしかも開閉モデルです。

 

ものすごい台数を生産しないととてもこの価格は実現しないのではないのかな???

 

と思ってしまった位です。

 

 

 

詳しくはイグニッションモデルさんのサイトをご覧下さい。

 

近日ご予約受付開始いたします。今後の展開が楽しみなブランドですね〜。

http://blog.ig-model.com/?eid=455

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 12 2017 » 0 comments

12月9日更新 LOOKSMART LSMH06B 1/18 ランボルギーニ Jota (ルーフインテーク付) 60台限定 近日入荷します。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

明日9日と10日はロム本店は連休の定休日となりますので、

 

ご不便おかけしますが宜しくおねがいいたします。

 

(買取店は11日は営業しております。)

 

12月になったというのに入荷が少ないかな〜と思いきや

 

来週からラッシュが始まるかも!?

 

第一弾としてルックスマートが大量入荷してきそうです。

 

色々と入荷してくるのですが、2016年の夏頃からお待ち頂いていた、

 

1/18ランボルギーニJOTA ルーフインテーク付き

 

いわゆるイオタの後期型が入荷が決定しました。

 

http://www.romu-romu.com/item/54001.html

 

 

ランボルギーニのメカニックであったボブ・ウォレスにより一台のみ作られた

 

「ランボルギーニ イオタ」が、特別な顧客に売却される際に

 

受けたモディファイを忠実に再現したモデルです。

 

「JOTA」という名称は当時のFIA(国際自動車連盟)の競技規定 付則J項に由来します。

 

JOTAはボディデザインこそミウラをベースにしていますが、

 

ボディ細部、内部構造などは全く異なった車両です。

 

ランボルギーニで製造された後、JOTAは特別な顧客に売却された後

 

事故を起こし焼失してしまった為、当時の資料・写真等は限られた物となってしまいました。

 

がしかしそこはランボルギーニとその顧客に太いパイプを持つルックスマートです。

 

様々なコネクションを駆使し資料を集め、

 

ボディ外観だけでなく内部構造まで調べた上でモデル化を実現。

 

オリジナルイオタのヒストリーを語る上で重要な分岐点となるモデルです!

 

イオタにしては限定数少なめのため早い段階でご予約は締め切っておりましたが

 

入荷数が確定し、数台だけご予約枠ご用意できました。

 

お見逃し無く〜!

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 09 2017 » 0 comments

12月9日更新 ミニチャンプスから今年のスパ2017参戦のグッドスマイルレーシングチーム右京 初音ミクメルセデス AMG GT3が発売決定しました!

 

 

 

 

今年のスパ2017に急遽参戦したグッドスマイルレーシングチーム右京

 

メルセデスAMG GT3の予選仕様と本戦仕様が

 

ミニチャンプスから発売されることが決定しました。

 

今年のスパはスーパーGT300クラスで2回もチャンピオンに輝き、

 

強豪チームであるグッドスマイルレーシングチーム右京の緊急参戦で大きな話題に。

 

ドライバーもおなじみ谷口、片岡選手コンビに加え

 

小林可夢偉もドライブすることとなり注目を集めました。

 

小林可夢偉選手が予選アタック中、スパ・フランコルシャンの

 

「オー・ルージュ」でコントロールを失って単独スピン。

 

そのままコースアウトして、リアからウォールに突っ込んでしまい

 

夜間予選を走れず決勝レースは絶望的に。

 

しかし、AMGの協力によりすぐに新車がサーキットに納車されました。

 

さらにオーガナイザーであるSROの配慮で、

 

普段なら認められないエンジン・シャシーの交換を許可してもらい、

 

嘆願書も提出しつつ、決勝レースに間に合うことに。

 

さらに、日本では個人スポンサー

 

「SPA緊急支援! オー・ルージュをやっつけろコース」がすぐにオープン、

 

一時はサーバーがダウンするほど多くのファンが支援し、

 

あらためてチームの人気の凄さを示すことになりました。

 

決勝も残念ながらリタイアでしたが、

 

スパで人気日本人選手ドライブした初音ミクAMG GT3!

 

最近ハヤリのインスタ栄えならぬミニカー栄えすること間違いなしです。

 

しかも例のごとく1/32スケールでしか発売されないのかもと思っていたので、

 

1/43ミニチャンプスで発売されるならこれはもうゲットでしょう!

 

 

ミニチャンプス 1/43 メルセデス AMG GT3 スパ 24h 2017

谷口/片岡/小林 No.00 “クオリファイ仕様” 14040円

http://www.romu-romu.com/item/65071.html

 

 

ミニチャンプス 1/43 メルセデス AMG GT3 スパ 24h 2017

谷口/片岡/小林 No.00 “本選仕様”14040円

http://www.romu-romu.com/item/65070.html

 

 

 

 

romuhonten in GT on 12月 08 2017 » 0 comments

12月7日更新 ロムファクトリー 1/12 ウィリアムズ FW14B完成しました。

 
ナイジェル・マンセルマンセルが悲願ワールドチャンピオンを獲得したウィリアムズ FW14Bを1/12 スケールで製作致しました。
 
FW14Bはマンセルに初のチャンピオンをも鱈にしただけでなく、天才デザイナー、エイドリアン・ニューウェイにとっても初のチャンピオンマシンとなりました。
 
ニューウェイの作るマシンはアンダートレーと路面の空間をシビアにコントロールしないと効率的にダウンフォールを発生できませんでした。
 
レイトンハウス時代は常時ベストの状態を維持することが出来ずハマれば目茶苦茶速いが、外すと全然タメと言う状態でした。
 
そのニューウェイの素晴らしい空力マシンをベストの状態になるようにウィリアムズが開発したのがアクティブサスペンションです。
 
マシンが常に最適の状態になるように積極的にサスペンションを動かす。これによってFW14Bは最強のマシンへと生まれ変わりました
 
FW14Bはシーズン序盤だけ使用しすぐにFW15がデビューする予定でしたが、開幕から5連勝すると言う圧倒的な速さを見せたため、あえて冒険してFW15を投入する必要はないと判断し、結局最終戦まで使われました。
 
今回製作したFW14Bはもちろん、タミヤのプラモデルベースの完成品です。。フロントノーズ、ノーズのサスカバー、リヤカウル、インダクションボックス、ホイールが脱着出来るフルディティールモデルです。
 
内部の細かい配線、パイピングなども極力実車に忠実に再現しています。よく見ていただくとわかりますが、配線やパイピングは使用箇所によって太さや材質も細かく買えています。また接続部分のコネクターやジョイントなどもリアルに再現しています。
 
カーボンパーツ部分にはカーボンデカールを丁寧に貼り込んでいます。塗装はブルー、ホワィト、キャメルイエローの3色は塗り分けで再現し、デカールを貼った後はクリアーコートの上徹底的に研ぎ出ししています。

タイヤロゴは吹きつけで再現、ホイールにはエアバルブも追加しています。アクリル製ディスプレイケースが付属します。製作は大野 寿雄氏です。
 
RF12FW14B ロムファクトリー 1/12 ウィリアムズ FW14B ルノー ワールドチャンピオン 1992 ナイジェル・マンセル \350,000
 

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

 

romuhonten in 未分類 on 12月 08 2017 » 0 comments

12月5日更新 BBR1/43 フェラーリJ50サンプルが出来上がりました。入荷はもうすぐ??

 

 

先週末香港で開催されたフォーミュラEの録画をみました。

 

見る前にライブで見ていたチーフに『どうでした?』と訪ねると、

 

『レースは面白いけど、音がなぁ…』実際録画を見てみたら、

 

たしかにラジコンが走っているような音ですね。

 

私は直に昔のF1の迫力あるサウンドを聞いた事がないので、

 

音にたいしてはそんなに思う所はないのですがチーフ世代にはかなり物足りないよう。

 

このフォーミュラEのレースは今後、アフリカ、ニューヨーク、パリ、ローマ、

 

チューリッヒ、サンパウロなどなど世界各地で市街地レースが予定されているようですね。

 

市街地レースだと音が静かな方がベターなワケでより身近にレースを観戦できる環境で

 

ファンが増えてモータースポーツが盛り上がればいいのになぁ。

 

 

 

さてBBRから1/43 フェラーリJ50のサンプル品ができたと案内がありました。

 

 

http://www.romu-romu.com/item/64324.html

 

2016年12月13日、フェラーリは、国立新美術館で開催された

 

フェラーリ日本進出50周年記念式典において、

 

フェラーリ正規輸入50 周年記念特別限定モデル 「Ferrari J50」を発表しました。

 

フェラーリJ50の車名の由来は、そのまま「Japan」の「J」と、

 

50周年記念の「50」を組み合わせたとのことです。

 

フェラーリ J50は、1970 年代から 80 年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させる

 

タルガボディ・スタイルの復活を強調する 2 シーター、

 

ミッド・リアエンジン・ロードスターです。

 

マラネッロのフェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計された J50 は、

 

フェラーリ伝統の精神、「フォーリ・セリエ」が今に蘇るスペシャルなフェラーリです。

 

来春位の発売かと思っていたのですが、サンプルが出来たので

 

案外早く入荷してくるかもしれませんね。

 

実車は限定10台だそうですがミニカーならあなたもJ50のオーナーになれますよ〜!

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 12月 05 2017 » 0 comments