趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

iスケールモデル1/18 メルセデスベンツトランスポーターブルーワンダー 近日入荷いたします。

 

 

 

11月ももう終わりですね。

 

12月は例年、大量の入荷とともにあっという間に過ぎて行きます。

 

今年も残す所あとわずかですね〜。

 

近日1/18でiスケールモデルというメーカーから

 

メルセデスベンツトランスポーター ブルーワンダーが入荷して参ります。

 

本日はサンプルが入荷しましたので、そのご紹介です。

 

iスケールモデルというのはあまり聞き慣れないメーカーですが、

 

ドイツにあるメーカーです。生産は中国です。

 

開閉なしのレジンモデルになります。CMR位のクオリティかな?

 

iスケールモデル メルセデスブトランスポーター ブルーワンダー 22800円

 

http://www.romu-romu.com/item/118000000006

 

ブルーワンダーといえば、CMCが決定版なのですが、まあそれなりのお値段です。

 

もっとお手軽に入手できる価格帯のミニカーがあってもいいのになぁと

 

日頃から思っていたのですが、このモデルがまさにドンピシャ。

 

価格はCMCの半額以下。

 

開閉ギミックはなくCMCのように細かいディテールに拘っている所はないのですが、

 

これはこれでなかなか良い出来ではないかと思います。

 

こういうモデルはちょと間違うとおもちゃっぽくなりがちですが、

 

全然そんな事はなくいい感じです。

 

近日入荷いたしますのでご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 29 2018 » 0 comments

11月27日更新 オランダショップ特注スパーク 1/43 シャドー DN9B オランダGP 1979 ヤン.ラマース 入荷しました。

 

 

先日のブログにもチョコとレポートを書かせていただいたのですが

 

鈴鹿のサウンドオブエンジン、かなり楽しいイベントでした。

 

ミニカーでしか見た事のないマシーンが本気でレースをしてくれるのですから

 

面白いに決まってますよね〜。

 

そのサウンドオブエンジンにも来ていた、

 

ライオンラカーリングが強烈な印象のシャドーDN9Bが

 

オランダのショップ特注で発売されました。

 

オランダショップ特注スパーク 1/43 シャドー DN9B オランダGP 1979 ヤン.ラマース 12800円

 

http://www.romu-romu.com/item/GPWS1979

 

タイムリーな入荷です。

 

実物のF1を見るとミニカーが欲しくなる気持ちが今回のイベントでよく解りました。

 

こちらのモデル、発注数にたいして半分くらいしか分けてもらえなかったので、

 

現地でも速攻完売だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 11月 27 2018 » 0 comments

11月26日更新 レースランド特注スパーク 今度は1/18スケールで発売です。

 

 

 

 

ドイツの老舗ショップレースランドさん。

 

ロムとレースランドさんとの付き合いはかれこれ20年弱。

 

お店には伺ったことはないですが、トイフェアでご挨拶はしたことはあります。

 

その昔、ミニチャンバブルの頃入荷制限でショートしまくっていたモデルを

 

レースランドさんからもらったりしていたんですよね〜。懐かしい。

 

バブルは弾け、今やスパークの時代。

 

レースランドさんもガンガン特注モデルを発売されています。

 

うちも大概マニアックだと思うのですが、レースランドさんのマニアック度合いは

 

ロムよりさらに上だと思います(笑)

 

こないだ発売されたユーロブルンなんて流石と関心する目のつけ所です。

 

そんなレースランドさんから今回1/18スケールで特注スパークが発売されました。

 

レースランド特注スパーク 1/18 BMW 320 ターボ DRM ノリスリンク 1979 2nd No.6 RS1805

 

http://www.romu-romu.com/item/RS1805

 

 

 

レースランド特注スパーク 1/18 シャドー DN5 コスワース ドイツGP 1975 4th T.プライス RS1807

 

http://www.romu-romu.com/item/RS1807

 

 

 

 

レースランド特注スパーク 1/18 ヘスケス 308 コスワース ドイツGP 1975 J.ハント RS1808

 

http://www.romu-romu.com/item/RS1808

 

少量入荷です。お見逃しなく〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 27 2018 » 0 comments

11月23日更新 スパーク1/43 ブラバムBT55 1986モナコGP リカルド パトレーゼ 12月中頃入荷予定です。

 

 

 

今日は勤労感謝の日です。

 

勤労感謝の日なんだからいつも働いている自分へご褒美の意味を込めて

 

ちょっといいワインでも1杯飲もうかな?

 

皆様の場合だといつも働いている自分にご褒美で

 

ちょっと良いミニカー買っちゃおうかな的な?

 

例えば昨日ご案内したCMCなんかひとつどうですかぃ旦那(悪徳商人風)的な??

 

ところが勤労感謝の日って「いつも働いている自分へ感謝」する日じゃないんそうなんです。

 

本来は新嘗祭にあたる日が戦後勤労感謝の日になったそうなんですね。

 

新嘗祭はようするに収穫祭にあたるもの。

 

その年の収穫に感謝する最も大事な宮中祭祀なんだそうです。

 

勤労感謝の日の本来の意味は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」なんだそうです。

 

仕事が忙しくなると、わすれがちですが働けていることが、そもそも有り難い。

 

「勤労している自分」へ感謝する日じゃなく、

 

「勤労できていること」へ感謝する日なんですね。

 

なんだかとてもミニカー屋のブログとは思えない内容になってしまったのですが、

 

皆様、お互い元気に働ける事に感謝しつつガンガン仕事して、

 

好きなミニカーを沢山買いましょう!(ロムから)

 

 

スパーク1/43ブラバムBT55 1986モナコGPリカルドパトレーゼ12月中旬入荷予定。

 

追加ご予約受付中です。

 

 

 

http://www.romu-romu.com/item/68871.html

 

 

 

いい話風な事書いといて、結局ミニカー売りたいだけだよ、この人。

 

いえいえそれが私の大事なお仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in F1 on 11月 24 2018 » 0 comments

11月22日更新 CMCキャンペーンその2 1/18 ジャガータイプC 1952ブリティッシュレーシンググリーン 49800円

 

 

 

昨日に引き続き、CMCキャンペンのご案内です。

 

新原型ジャガー タイプCが入荷しました。

 

1948年に発表されたジャガー・XK120をベースに

 

ルマン24時間レースに参戦するために開発されたのが今回入荷したタイプCです。

 

タイプCはXK120Cと言われることもあります。

 

1951年のル・マン24時間レースに出場板タイプCはジャガーにル・マン初優勝をもたらしました。

 

さらに1953年のル・マンにも優勝を果たし、

 

ジャガーのスポーティなイメージ向上に大きく貢献しました。

 

エンジンは3,441ccの直列6気筒DOHC XKエンジンで210馬力にまでチューニングされています。

 

シャシはXK120のラダー式からチューブラー・フレームに変更され

 

軽量化と高剛性化が図られています。

 

CMCのタイプCではカウルに覆われ見えない部分まで

 

チューブラー・フレームが完全に再現されています。

 

そのフレームにパーツを組み付けていくという実車と同じ製作手法まで再現しています。

 

フロントサスペンションはトーションバースプリングを使ったダブル・ウィッシュボーン、

 

リヤサスペンションはトーションバーを横置きに配置しているのが特徴です。

 

残念ながらシャーシの裏はアンダーカバーで覆われていますので

 

リヤサスペンションは見ることは出来ません。

 

アンダーカバーはネジ留めなのでカバーは簡単に外せます。

 

フロントカウルを開けて驚くのがそのエンジンのディティールの精密さ。

 

パイピングや配線が一つ残らず再現され、

 

材質や太さ等全くスケール感を損なうこと再現されています。

 

ガバッと開くフロントカウルの裏側にはヘッドライトの配線までもが再現されています。

 

見所満載のタイプCがキャンペーン価格の49800円。

 

人気のためこの価格でご案内できるのはあと5台限りです。

 

お早めのご注文おまちしております。

 

 

 

明日23日(祝日)はロム全店11時から18時半まで営業しております。

 

ブラックフライデーです。何かするかもしれません…メルマガにご注意ください〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 22 2018 » 0 comments

11月21日更新 今年一押し!CMC新製品を数量限定、特別キャンペーン価格で発売いたします!!

 

 

 

 

モデルカー業界の中で、ダントツナンバーワンのクオリティを誇るCMC。

 

その技術はどんどん進歩しております。

 

その分価格も以前にくらべかなり高くなってしまいました…

 

しかし現物を見て頂ければ、価格に見合うクオリティを実感していただけると思います。

 

そこで今回ロムではCMCのすばらしさを実感していただきたく

 

特別キャンペーンを実施いたします。

 

本年一押しのCMC新製品を利益度外視の特別価格でご案内いたします。

 

この機会にぜひCMCの素晴らしさをご実感ください。

 

限定数に達し次第キャンペーンを終了いたしますのでご了承ください。

 

1/18 ランチア フェラーリ D50 イタリア GP 1956 2nd ( モンツァ) #26

 

ピーター・コリンズ/ファン・マヌエル・ファンジオ 1000台限定 キャンペーン価格49800円

 

CMCからランチアフェラーリは複数バージョン発売されていますが、

 

その中でも一押しが、この26号車。

 

ファンジオがワールドチャンピオンを決めたモンツァ2位のモデルです。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

この車にはちょとたしえ〜話(良い話)があるんですよ……

 

そんな感動エピソードを、F1オタク中西チーフの解説でどうぞ。

 

最終戦のイタリアGPをを迎えた時点で、チャンピオン争いは

 

フェラーリのファン・マヌエル・ファンジオ(30点)とピーター・コリンズ(22点)の2人に絞られていました。

 

コリンズがチャンピオンになるには優勝してかつファンジオが無得点の場合のみで、

 

ファンジオが圧倒的に有利でした。

 

予選はファンジオ、エウジェニオ・カステロッティ、ルイジ・ムッソのフェラーリ3台が

 

フロントローを独占したました。決勝はカステロッティとムッソが好スタートを切りましたが、

 

10周もしないうちにムッソはタイヤがボロボロになってしまいピットインを強いられ後退、

 

カステロッティはタイヤがバーストしてしまい、

 

オーバルの出口で派手なスピンを喫してリタイアとなりました。

 

その後はスターリング・モス、ファンジオ、ハリー・シェル、コリンズが順位を入れ替えながら

 

トップ争いを繰り広げていましたが、

 

ファンジオがステアリングの故障でピットインを強いられ脱落。

 

シェルもマシントラブルでリタイアとなりました。

 

モスはコリンズを引き離して独走態勢となります。

 

フェラーリのムッソがタイヤ交換と給油のため2度目のピットインを行う際に

 

チームはファンジオとの交代を促しましたが、ムッソはこれを拒否してコースへ復帰しました。

(当時はレース中でドライバーの交代が認められていました。)

 

その後コリンズがピットインしたときに信じられないことが起こりました。

 

ピット内でうなだれているファンジオの姿を発見すると

 

マシンを降りてファンジオに交代を申し出たのです。

 

なんと、コリンズは逆転でチャンピオンを獲得するチャンスを捨てて

 

エースのファンジオを立てたんです。

 

ファンジオはレースに戻り3位でコースへ復帰しました。

 

トップを独走していたモスは45周目にガス欠に陥りスローダウンしてしまいますが、

 

後方から同じマセラティに乗るルイジ・ピオッティの機転によりマシンを押してもらい、

 

ピットまで戻ることができました。

 

モスの給油が終わるとムッソが首位に躍り出りでますが、

 

残り3周でステアリングが壊れてコントロールを失い、

 

スピンオフを喫してリタイアしてしまます。

 

彼の母国レースでの優勝の夢は潰えてしまいました。

 

これでモスが再び首位に浮上してそのままチェッカーフラッグ。

 

コリンズからマシンを譲られたファンジオが5.7秒差の2位でフィニッシュ、

 

その結果3年連続4回目のチャンピオンが決まりました。

 

コリンズはなぜ自らチャンピオン獲得の可能性を捨てたのかと問われると、

 

「僕はまだ若いし、これからもまだまだチャンスがある。

 

ファンジオこそが今年の王者を奪うにふさわしい」と答えたそうです。

 

こんなチームプレーが出来るドライバーは今はもういませんよね。

 

コリンズとファンジオがドライブしたD50が発売されました。

 

お見逃しなく。

 

 

 

なんというドラマチックなグランプリでしょうか。

 

今のF1もこんな風に面白ければなぁと思ってしまうエピソードですよね。

 

ファンジオとコリンズ、2人の力でチャンピオンを獲得したこのマシーン。

 

CMCからモデル化されるに相応しい銘車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 21 2018 » 0 comments

11月20日更新 鈴鹿サウンドオブエンジンへ行ってきました。

 
 
 
以前行ったファン感謝デーのあまりのみすぼらしさが鮮明に記憶されているので正直どんなものかと半分高をくくっていたんですけど良い意味で裏切ってくれましたよ。
レーススケージュールはびっちり詰まってるので暇を持て余す事なく一日楽しめるし、なんといってもお楽しみはグリッドウォーク。目の前数センチまで近づいて観察することができます。あまりの近さに思わず触りたくなる衝動を抑えるのが大変でした(笑)
 
展示されたマシンを見るだけが楽しみではありません。歴代の名車たちがサーキットを本気で走行してくれるレースはやはり見物。エンジンサウンド、そしてオイルの焼ける匂いを味わえるのはマシンにより近い証拠。そしてなによりこれまでミニカーしか見た事なかったモデルが実際に目の前を走っていくとミニカーの見方が変わること。急に愛着が湧いてきてミニカーが欲しくなってしまうこと。これはやはり行かないと味わえない楽しさですね。
 
歴代のマシンをみてて思ったのは壊れやすいんだなってこと。レース中ピットインするマシンもあればそもそも始めから走れなくなるマシンもありました。これまで当時のリザルトを見ててリタイヤが多いなと思っていたんですけどなんかすごい納得できました。壊れやすいのはマシンが繊細なのが雑なのかはわからないけど(笑)
 
それにしても1日中身近にF1マシンやGr.Cカー等を見て感じて楽しむことができて料金が4000円(入場料 2,000円 グリッドウォーク 2,000円)は安すぎでしょ!!これは行くべきですよ!!というわけで来年はスタッフ一同で行くことが決まり、そしてそれに合わせてF1日本GPの観戦が指定席から自由席への格下げも決まりました(笑)
 
 
動画も撮影してみました。すこしでも伝わるといいんだけど。
 
マスタースヒストリックフォーミュラー1 レース
セーフティカーあけのリスタートシーン

 
 
マスタースヒストリックフォーミュラー1 レース
ロータス91の1-2体勢

 
 
マスタースヒストリックフォーミュラー1 レース
何週目くらいだったかな

 
 
 

romuhonten in 未分類 on 11月 20 2018 » 0 comments

11月17日 オールモストリアル 1/18 ランドローバー ディフェンダー 110 キャメルトロフィー イエローサンプル入荷しました。近日入荷します。

 

 

 

オールモストリアルから1/18ランドローバーディフェンダー110

 

キャメルトロフィのサンプル(といっても最終形ですが)が届きました。

 

メーカー一押し、今年1番の渾身の逸品という事で、

 

メーカーの方がわざわざロムに発売に先駆けて送って来て下さいました!

 

オールモストリアルさん、ありがとうございます。

 

オールモストリアルは比較的新しい新興ブランドではあるのですが、

 

メーカーとしては歴史は古く、ミニチャンプスやBBR、

 

その他有名ブランドの中国生産工場として活躍してきたメーカーです。

 

その工場がオリジナルブランドを立ち上げたのがオールモストリアルという訳です。

 

ですのでクオリティの面では安心しておすすめいたします。

 

今回のモデルはそのメーカーの渾身の逸品という事で興味津々で開封しました。

 

 

 

 

1/18 ランドローバー ディフェンダー 110 キャメルトロフィー  なかなか渋い車種選定。

 

いままで何処からも発売されていません。

 

キャメルトロフィーとは、かつて世界一ハードと言われていたアドベンチャーラリーです。

 

国別対抗戦の形式で行われ、各国で行われる予選会を経て決定された

 

各国2名の参加者が1台の自動車に乗り、世界の秘境を走破しながら、

 

その日毎に与えられるタスクと呼ばれる課題を2名で力を合わせて

 

攻略していくというレースです。

 

本モデルには参加全車のドライバー名が付属しています。

 

一度参加したドライバーが翌年以降に再び参加することも認められておらず、

 

一生に1度しか挑戦できない事になっていました。

 

あまりなじみのないレースではあったのですが、模型としてはかなり面白く見所満載。

 

砂漠を横断するための水タンクやキャリーバックなど小道具も付属しており、

 

見ているだけでワクワクするモデルです。

 

近日入荷いたします。只今ご予約受け付け中〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 17 2018 » 0 comments

ロム特注スパーク 1/43 メルセデス ベンツ C292プロトタイプ1992 少量追加ご予約承ります。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

発売が遅れておりますロム特注スパーク メルセデスC292プロトタイプなのですが

 

ご予約完売となっていたのですが、国内外ともお問い合わせ多数につき

 

ごく僅かなのですが追加ご予約承ります。

 

実戦には登場しなかった幻のグループCカー、メルセデスベンツ C292 プロトタイプ。

 

1991年から始まったNA 3.5リッターエンジンによるSWCですが、

 

初年度は移行期と言うことで旧来のターボマシンも参戦できましたが、

 

92年からは3.5リッターに完全移行することになり、

 

戦闘力のあるマシンを用意できない多くのプライベーター、

 

そしてチャンピオンのジャガーまでもが撤退する事態になりました。

 

プジョー、マツダ、トヨタは参戦を表明していましたが、

 

台数が少なくシリーズとして魅力がなくなるのは明らかでした。

 

メルセデスベンツは衰退するSWCに参戦する意義を感じなくなっていたのでしょう。

 

1991年をもってSWCから撤退を発表しました。

 

1991年は最終戦のオートポリスで優勝するまでになっていただけに残念なことでした。

 

1992年用のマシンとして開発が進められていたC292はカーボン製のモノコック、

 

M291エンジン、サイドラジエーターなど基本構成をC291から引き継いますが、

 

新しくアクティブサスペンション、ABS、トラクションコントロール、

 

セミオートマチックトランスミッションなどのハイテク機器を搭載する

 

野心的なマシンになる予定でした。

 

スパークにはもう何年も前からお願いしていたのですが、

 

C292の公開された画像は数枚のみ、資料が揃わずモデル化は無理と言われていました。

 

それでもめげずに資料を探し続け、ようやくモデル化が実現することになりました。

 

以前から公開されていた画像では中身のない外観だけのモックアップかと思っていたのですが、

 

今回見つかった画像にはコックピットそしてエンジンを搭載した画像まてありました。

 

走れる状態にまで作り上げたマシンでレースできなかったのですから

 

当時のチームの人たちは相当無念だったでしょうね。

 

おそらくシューマッハが乗る予定であったであろうマシンが

 

遂にレースを走ることなく終わってしまったのですから。

 

そんな幻のグループCカーが、ロム特注スパークでモデル化されます。

 

この機会をおみのがしなく!

 

 

http://www.romu-romu.com/item/67635.html

 

 

 

 

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 16 2018 » 0 comments

11月15日更新 BBRからマクラーレン セナが1/12で発売決定。今ならスペシャル価格でご予約受付中

 

マクラーレンで3度のチャンピオンを獲得したアイルトン・セナの名を冠した「マクラーレン セナ」がBBRから1/12のビッグスケールで発売されます。

 

セナは、マクラーレンの最上位に位置する“アルティメットシリーズ”に属する高性能スーパーカーです。4リッターV8ツインターボエンジンは800psと800Nmを誇り、0-100km/h加速は2.8秒、最高速は340km/h以上となっています。。

 

“モノケージIII”と呼ばれるボディーの骨格はカーボンファイバー製で、軽量にしあがっており、車両重量は1198kg(乾燥重量)に抑えられている。また、車両後部には大型のウイングが装着されており、250km/h走行時にダウンフォースは800kgに達する。

 

このセナは500台の限定で1億2000万もするのですが、すでに完売だそうですが、1/12ならまだ購入できます。

 

しかも今ならBBRがスペシャルプライスセール中なので非常にお買い得です。
 
BBR1214A BBR 1/12 マクラーレン セナ アズーラブルー ディスプレイケース付 30台限定 ¥168,000が今なら¥134,400 (20% OFF)

 

 

 

romuhonten in 未分類 on 11月 15 2018 » 0 comments